REVIEW

グレタ ひとりぼっちの挑戦

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』グレタ・トゥーンベリ

環境保護の活動家グレタさんのことは知っていましたが、彼女の詳しい背景について本作を観て知り、驚かされました。彼女が環境問題に目を向けたきっかけは、学校で観た映画だそうです。今どんどん環境が破壊されていき、もう猶予がない状況を目の当たりにして、その後彼女はふさぎ込み、食べず話さずという状態で病気になり、何年もその状態が続いていたとのことです。そんな時期を乗り越えて、彼女は15歳で1人、学校ストライキを始めました。それは政治家が環境問題に力を入れるように選挙前に訴えるための活動です。その後の展開は本作を観ていただければと思いますが、徹底した態度を取り、権力者の前だろうが誰に対してだろうが強い言葉で訴える姿がとても印象的です。
彼女の活動は各国のニュースで取り上げられ、広く知られるようになりますが、そんな状況でも彼女の姿勢には一切のブレがありません。何のために活動をしているのか、それは環境のためであって目立ちたいわけでも何でもありません。それなのに、彼女がまだ若いこと、アスペルガー症候群であることなどを理由に、彼女の意見や活動を批判したりする人達も出てきます。それは、匿名の一般人だけではなく、いくつかの先進国の首脳だったりするところもショッキングです。これに耐えるのは並大抵のことではありません。たった1人の活動が世界中に広がったというプラスの面と同時に、環境を守りたいと純粋に訴える少女を非難したり脅迫したりする人が出てくるというマイナス面も、本作では同時に映し出されています。この状況を観ていると、環境問題に至る以前の問題も山積みであることがわかります。そして、大人達がいかに楽観主義に逃げて、責任を放棄しようとしているかも痛感させられます。正直なところ、日常でどうしても甘えが出てしまったり、頭ではわかっていても自分ではどうにもできないことだと結局諦めてしまうことのほうが多いですが、たった1人で始めてここまでのムーブメントを起こしたグレタさんの姿そのものが、「やればできる」と証明していると感じられるドキュメンタリーです。できることから少しずつ取り組まなければいけないですね。

デート向き映画判定
映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』グレタ・トゥーンベリ

プラスチック製品が氾濫していること、温暖化現象がひどくなってきていること、地球の資源がなくなってきていることなど、環境問題は私達の生活と密接に繋がっています。今日明日は今まで通りに暮らせるかもしれませんが、数年後にどうなっているかはわかりません。もし真剣に交際している相手がいたら、生活を共にする場合、そういうところの価値観やスタンスも大きな影響があるでしょう。本作を一緒に観て、どんな意見を持っているかお互いに知ることで、一緒に暮らしていけそうかどうかもシミュレーションできるのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』グレタ・トゥーンベリ

皆さんはグレタさんと同世代なので、余計に彼女が持つ危機感や大人に対する苛立ちや絶望がとても身近に思えるでしょう。皆さんが大人になった時、今とどう変わってしまうかはわかりません。それは何十年も先のことではなくなっていることは、大人も含めて、おかしな気候や自然災害の多さなどから皆気付いていることだと思います。大人が1番責任を感じて行動すべきなのはもちろんですが、ぜひ皆さんも今からこういった状況を知っておいて欲しいと思います。

映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』グレタ・トゥーンベリ

『グレタ ひとりぼっちの挑戦』
2021年10月22日より全国順次公開
アンプラグド
公式サイト

© 2020 B-Reel Films AB, All rights reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章【レビュー】

本作では、門出と凰蘭が大学生となり、新たな友人や先輩が仲間に加わります。そして…

映画『関心領域』 関心領域【レビュー】

ユダヤ人虐殺を取り上げた作品はこれまでにたくさんあるなかで、本作のような角度から取り上げた作品は…

映画『告白 コンフェッション』生田斗真/ヤン・イクチュン 告白 コンフェッション【レビュー】

福本伸行(原作)と、かわぐちかいじ(作画)による「告白 コンフェッション」(講談社「ヤンマガKC」刊)を映画化した本作は、まず設定の巧さが…

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ バティモン5 望まれざる者【レビュー】

『レ・ミゼラブル』で移民や低所得者が多く住む町の警察の腐敗問題を訴えかけたラジ・リ監督が、本作では…

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』
  2. 映画『関心領域』
  3. 映画『告白 コンフェッション』生田斗真/ヤン・イクチュン
  4. 映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ
  5. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP