REVIEW

カイジ ファイナルゲーム

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『カイジ ファイナルゲーム』藤原竜也/吉田鋼太郎

2020年の東京オリンピック後の、貧富の差がさらに激しくなった日本を舞台に、失業者の増加や物価の異常な高騰など、現実の私達の世界を予言するストーリーになっています。舞台となる日本社会では、少数の搾取する側と、多数の搾取される側にハッキリ分かれていて、生活苦にあえぐ人々をおもちゃのように扱うゲームが開催され、主人公カイジはあるきっかけでそこに挑んでいきます。今作では一攫千金を巡る4つのゲームが用意されていて、勝つと天国、負けると地獄である両極端な設定は、シリーズ前作よりもレベルアップしています。また、ギャンブルの対価はカイジ本人だけではなく、日本全体に影響を及ぼすレベルの話で、物語のスケールも拡大。一つのゲームに絡む人達も複数いて、とても凝ったカラクリが展開されます。そのゲームだけ見た時の勝敗に終わらず、その背景まで計算が尽くされている点でも見事で、「なるほど!」と思う爽快なシーンが段階ごとに組まれています。脳のトレーニングにもうってつけの作品です。
そして、主演の藤原竜也をはじめ、福士蒼汰、新田真剣佑、吉田鋼太郎、松尾スズキ、生瀬勝久、天海祐希、山崎育三郎、瀬戸利樹、伊武雅刀と若手人気俳優からベテラン俳優までキャストが豪華。ファイナルにふさわしい派手さも魅力となっています。

デート向き映画判定
映画『カイジ ファイナルゲーム』藤原竜也/福士蒼汰

ラブストーリーの要素は全くなく、どんな関係のカップルでも観やすい内容です。人気のシリーズで知名度もあり、続編とはいえ前作を知らなくても全く問題がない構成なので、シリーズとして今作から観るという人を誘っても大丈夫です。ギャンブルのお話で主人公が痛快に勝つのが魅力ですが、ギャンブル好きで借金をしている人の場合は、間違ったほうに刺激を受ける可能性がなきにしもあらずなので、その点だけ注意しましょう。ただデートで観なくても本人が自分で観る可能性もありますが…(苦笑)。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『カイジ ファイナルゲーム』藤原竜也/関水渚/新田真剣佑

カイジはどこまで先手を取るか、どんな準備をしておくかなど、かなり頭を使っていて、その方法を観るのはとてもおもしろいし、観ている側も少し頭が柔らかくなる感覚が心地良いです。とはいえ、カラクリは難しいことはなく、ついていける内容だと思います。ギャンブルにハマって欲しくはないですが、頭の体操として観るにはオススメです。

映画『カイジ ファイナルゲーム』藤原竜也/福士蒼汰/関水渚/新田真剣佑/吉田鋼太郎

『カイジ ファイナルゲーム』
2020年1月10日より全国公開
東宝
公式サイト

©福本伸行 講談社/2020映画「カイジ ファイナルゲーム」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン、ダニエル・ローガン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  2. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  3. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  4. 映画『ストリートダンサー』
  5. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP