REVIEW

決算!忠臣蔵

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『決算!忠臣蔵』堤真一/岡村隆史

公式資料の言葉をそのまま借りると、本作は「大石内蔵助が実際に残した帳簿をもとに、忠臣蔵の予算を切り口としたコメディ」です。なので、何か費用がかかる事柄が出てくると、その都度しっかり金額が表示される点がまず斬新です。そして、これまで”忠臣蔵”にまつわる作品は多く作られてきましたが、討ち入りそのものをメインにしているというより、「討ち入りするの?しないの?」といった準備段階のところで何があったのかをお金目線で描いている点がおもしろいです。また関西出身の堤真一が大石内蔵助を演じ、岡村隆史ほか芸人も多数出ているので、関西のノリが強めに入っている点でもコメディ色が濃くなっています。”忠臣蔵”ファンはもちろん、もう”忠臣蔵”はお腹いっぱいと思っている人も楽しめますよ。

デート向き映画判定
映画『決算!忠臣蔵』堤真一/濱田岳

“忠臣蔵”という観点は少し横に置いておくと、ワチャワチャする男達の姿が愛しくもあり、憎らしくもあるストーリーです。なので男性は楽しめそうな気がしますが、女性がこの男達の行動、態度にどういう感想を持つかは未知数です(笑)。でも、“忠臣蔵”の裏話とはいえ、討ち入りの重いストーリーではない点で、気楽に観られるので、2人とも興味があればデートで観るのもアリでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『決算!忠臣蔵』岡村隆史

“忠臣蔵”にまつわる作品が多数あり過ぎて、何から手をつければ良いのかわからないという人もいるかも知れませんね。そういった意味では、本作はお金の話をわかりやすく描いていて興味が湧くし、気楽に観られるのでオススメです。ただし、本作に限らずですが史実を巡る作品で注意しなければいけないのは、“実話を基にした”といっても、誰かが残した記録から推測して映像化していて、映画の中で起きていることが100%事実かどうかはわからないし、登場人物の会話も一部想像から描かれているという点です。歴史の勉強をする上で、史実を基にした映画は参考になる部分はありますが、それを取っかかりにして、改めてちゃんと歴史を勉強するとなお良いでしょう。

映画『決算!忠臣蔵』堤真一/岡村隆史/濱田岳/横山裕/妻夫木聡/石原さとみ/荒川良々/竹内結子/阿部サダヲ

『決算!忠臣蔵』
2019年11月22日より全国公開
松竹
公式サイト

©2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP