REVIEW

決算!忠臣蔵

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『決算!忠臣蔵』堤真一/岡村隆史

公式資料の言葉をそのまま借りると、本作は「大石内蔵助が実際に残した帳簿をもとに、忠臣蔵の予算を切り口としたコメディ」です。なので、何か費用がかかる事柄が出てくると、その都度しっかり金額が表示される点がまず斬新です。そして、これまで”忠臣蔵”にまつわる作品は多く作られてきましたが、討ち入りそのものをメインにしているというより、「討ち入りするの?しないの?」といった準備段階のところで何があったのかをお金目線で描いている点がおもしろいです。また関西出身の堤真一が大石内蔵助を演じ、岡村隆史ほか芸人も多数出ているので、関西のノリが強めに入っている点でもコメディ色が濃くなっています。”忠臣蔵”ファンはもちろん、もう”忠臣蔵”はお腹いっぱいと思っている人も楽しめますよ。

デート向き映画判定
映画『決算!忠臣蔵』堤真一/濱田岳

“忠臣蔵”という観点は少し横に置いておくと、ワチャワチャする男達の姿が愛しくもあり、憎らしくもあるストーリーです。なので男性は楽しめそうな気がしますが、女性がこの男達の行動、態度にどういう感想を持つかは未知数です(笑)。でも、“忠臣蔵”の裏話とはいえ、討ち入りの重いストーリーではない点で、気楽に観られるので、2人とも興味があればデートで観るのもアリでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『決算!忠臣蔵』岡村隆史

“忠臣蔵”にまつわる作品が多数あり過ぎて、何から手をつければ良いのかわからないという人もいるかも知れませんね。そういった意味では、本作はお金の話をわかりやすく描いていて興味が湧くし、気楽に観られるのでオススメです。ただし、本作に限らずですが史実を巡る作品で注意しなければいけないのは、“実話を基にした”といっても、誰かが残した記録から推測して映像化していて、映画の中で起きていることが100%事実かどうかはわからないし、登場人物の会話も一部想像から描かれているという点です。歴史の勉強をする上で、史実を基にした映画は参考になる部分はありますが、それを取っかかりにして、改めてちゃんと歴史を勉強するとなお良いでしょう。

映画『決算!忠臣蔵』堤真一/岡村隆史/濱田岳/横山裕/妻夫木聡/石原さとみ/荒川良々/竹内結子/阿部サダヲ

『決算!忠臣蔵』
2019年11月22日より全国公開
松竹
公式サイト

©2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  2. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  3. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  4. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  5. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP