REVIEW

カンフースタントマン 龍虎武師【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『カンフースタントマン 龍虎武師』サモ・ハン

カンフー映画ファンなら知っておきたいカンフー映画の歴史が詰まったドキュメンタリーです。カンフー映画には、普通なら死んでもおかしくないと思えるような超人的なアクションシーンが多く出てきます。現代は映像技術でどうにでもできそうですが、今ほど技術がない時代、もしくは技術はあっても製作費がない状況で作られたカンフー映画は、生身のスタントマンが決死の覚悟で挑んだシーンが数々あることを本作で知ることができます。世界中で大ヒットし今でも名前が語り継がれる作品の撮影の裏側が明かされていて、スタントマン達がいかに危険な仕事をこなしているかを実感します。例えば、ジャッキー・チェンの『プロジェクトA』に出てくる時計台から落ちるシーンは有名ですが、私もこの映画を観た時「これって合成じゃなくて実際に演じてるのかな?」とハラハラしたのを覚えています。このシーンも生身で演じられたシーンで、本作でも撮影の裏側が明かされています。その他にも、撮影後に生きているのが信じられないようなシーンの数々が紹介されていて、スタントマンがいかにスゴいかを実感します。
また、本作を通して、カンフー映画はどんな歴史を辿ってきたか、そのなかでスタントマンの地位はどう変化してきたかを知ると、カンフー映画の歴史自体がすごくドラマチックだとわかります。だから、一層カンフー映画、そこに携わってきた俳優やスタントマンが好きになります。改めてブルース・リーのスゴさ、サモ・ハンやジャッキー・チェンが名を挙げてきた背景を知ることができ、さらに彼等を裏で支えるスタントマン達がいかに偉大かを知ることができます。実はカンフー映画も低迷期を経験しているからこそ、工夫を凝らし、頭を使い、他には真似のできないシーンを体を張って作ってきたことがわかります。カンフー映画がハリウッド映画を含め、映画界全体でどのような影響を及ぼしてきたかということも知ることができ、映画の歴史の一端を知る上で欠かせない作品ともいえます。
本作を観ると、ますますカンフー映画が好きになるし、これまでの作品も振り返りたくなります。特に1980年代の香港映画はこぞって無謀で危険なシーンを多く撮って競っていたとのことで、同時代の作品を観比べてみたくもなります。彼等はライバルでありながら、同じスタントマンとして生き残ってきた同志である点にも感銘を受けます。サモ・ハン、ドニー・イェン、ユエン・ウーピン、ツイ・ハーク、アンドリュー・ラウ、エリック・ツァン、ユン・ワーなど多数の大物映画人の話を一同に聞けるのもとても貴重な体験です。それぞれが兄弟弟子として振り返る過去の話もすごくおもしろいですよ。厳しい鍛錬を耐えて身につけた超人的な肉体と身のこなし、彼等のアクションへの情熱、映画への情熱、すべてをリスペクトします。カンフー映画ファンにはたまらない内容が詰まっていて、何度でも観たくなる作品です。

デート向き映画判定
映画『カンフースタントマン 龍虎武師』ドニー・イェン

ご想像の通り、ロマンチックなムードになるような映画ではありませんが、2人ともカンフー映画好きなら興奮しっぱなしで、鑑賞後も会話がすごく盛り上がると思います。改めて観たくなるカンフー映画が出てくるので、次は旧作を一緒に観る約束をするのも良いですね。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『カンフースタントマン 龍虎武師』ユエン・ウーピン

キッズやティーンの皆さんも一度カンフー映画を観ると、ハマる方が多くいるはず。危険なアクションシーンも多く含まれるので、視聴年齢が設けられている作品もあると思いますが、まずはご自身の年齢で観られるカンフー映画を何本か観てみると良いでしょう。そうしてカンフー映画の魅力を感じた上で本作を観ると、一層カンフー映画の虜になると思います。劇中では、生きていくために、つまり生計を立てる方法がそれしかなくてスタントマンになった方もいる実態も語られています。社会勉強になる部分もあるので、ぜひ若い皆さんにも観て欲しいです。

映画『カンフースタントマン 龍虎武師』

『カンフースタントマン 龍虎武師』
2023年1月6日より全国公開
アルバトロス・フィルム
公式サイト

© ACME Image (Beijing) Film Cultural Co., Ltd

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』ウィリアム・H・メイシー ウィリアム・H・メイシー【プロフィールと出演作一覧】

1950年3月13日アメリカ、フロリダ生まれ。1994年から放送されたTVシリーズ『ER 緊急救命室』に出演し…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 青春 18×2 君へと続く道【レビュー】

『余命10年』『新聞記者』を手掛けた藤井道人が、台湾で話題を呼んだシジミー・ライの紀行エッセイ「青春 18×2 日本慢車流浪記」を…

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  3. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  4. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  5. 映画『陰陽師0』山﨑賢人

PRESENT

  1. 映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉
  2. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  3. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
PAGE TOP