REVIEW

カンフースタントマン 龍虎武師

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『カンフースタントマン 龍虎武師』サモ・ハン

カンフー映画ファンなら知っておきたいカンフー映画の歴史が詰まったドキュメンタリーです。カンフー映画には、普通なら死んでもおかしくないと思えるような超人的なアクションシーンが多く出てきます。現代は映像技術でどうにでもできそうですが、今ほど技術がない時代、もしくは技術はあっても製作費がない状況で作られたカンフー映画は、生身のスタントマンが決死の覚悟で挑んだシーンが数々あることを本作で知ることができます。世界中で大ヒットし今でも名前が語り継がれる作品の撮影の裏側が明かされていて、スタントマン達がいかに危険な仕事をこなしているかを実感します。例えば、ジャッキー・チェンの『プロジェクトA』に出てくる時計台から落ちるシーンは有名ですが、私もこの映画を観た時「これって合成じゃなくて実際に演じてるのかな?」とハラハラしたのを覚えています。このシーンも生身で演じられたシーンで、本作でも撮影の裏側が明かされています。その他にも、撮影後に生きているのが信じられないようなシーンの数々が紹介されていて、スタントマンがいかにスゴいかを実感します。
また、本作を通して、カンフー映画はどんな歴史を辿ってきたか、そのなかでスタントマンの地位はどう変化してきたかを知ると、カンフー映画の歴史自体がすごくドラマチックだとわかります。だから、一層カンフー映画、そこに携わってきた俳優やスタントマンが好きになります。改めてブルース・リーのスゴさ、サモ・ハンやジャッキー・チェンが名を挙げてきた背景を知ることができ、さらに彼等を裏で支えるスタントマン達がいかに偉大かを知ることができます。実はカンフー映画も低迷期を経験しているからこそ、工夫を凝らし、頭を使い、他には真似のできないシーンを体を張って作ってきたことがわかります。カンフー映画がハリウッド映画を含め、映画界全体でどのような影響を及ぼしてきたかということも知ることができ、映画の歴史の一端を知る上で欠かせない作品ともいえます。
本作を観ると、ますますカンフー映画が好きになるし、これまでの作品も振り返りたくなります。特に1980年代の香港映画はこぞって無謀で危険なシーンを多く撮って競っていたとのことで、同時代の作品を観比べてみたくもなります。彼等はライバルでありながら、同じスタントマンとして生き残ってきた同志である点にも感銘を受けます。サモ・ハン、ドニー・イェン、ユエン・ウーピン、ツイ・ハーク、アンドリュー・ラウ、エリック・ツァン、ユン・ワーなど多数の大物映画人の話を一同に聞けるのもとても貴重な体験です。それぞれが兄弟弟子として振り返る過去の話もすごくおもしろいですよ。厳しい鍛錬を耐えて身につけた超人的な肉体と身のこなし、彼等のアクションへの情熱、映画への情熱、すべてをリスペクトします。カンフー映画ファンにはたまらない内容が詰まっていて、何度でも観たくなる作品です。

デート向き映画判定
映画『カンフースタントマン 龍虎武師』ドニー・イェン

ご想像の通り、ロマンチックなムードになるような映画ではありませんが、2人ともカンフー映画好きなら興奮しっぱなしで、鑑賞後も会話がすごく盛り上がると思います。改めて観たくなるカンフー映画が出てくるので、次は旧作を一緒に観る約束をするのも良いですね。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『カンフースタントマン 龍虎武師』ユエン・ウーピン

キッズやティーンの皆さんも一度カンフー映画を観ると、ハマる方が多くいるはず。危険なアクションシーンも多く含まれるので、視聴年齢が設けられている作品もあると思いますが、まずはご自身の年齢で観られるカンフー映画を何本か観てみると良いでしょう。そうしてカンフー映画の魅力を感じた上で本作を観ると、一層カンフー映画の虜になると思います。劇中では、生きていくために、つまり生計を立てる方法がそれしかなくてスタントマンになった方もいる実態も語られています。社会勉強になる部分もあるので、ぜひ若い皆さんにも観て欲しいです。

映画『カンフースタントマン 龍虎武師』

『カンフースタントマン 龍虎武師』
2023年1月6日より全国公開
アルバトロス・フィルム
公式サイト

© ACME Image (Beijing) Film Cultural Co., Ltd

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『呪呪呪/死者をあやつるもの』オム・ジウォン/チョン・ジソ 呪呪呪/死者をあやつるもの

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』『新感染半島 ファイナル・ステージ』や、Netflixオリジナルドラマ『地獄が呼んでいる』のヨン・サンホ監督が、原作、脚本を務める本作…

映画『イニシェリン島の精霊』ブレンダン・グリーソン ブレンダン・グリーソン

1955年3月29日アイルランド、ダブリン生まれ。1995年『ブレイブハート』の出演をきっかけに…

映画『コンパートメントNo.6』セイディ・ハーラ 映画に隠された恋愛哲学とヒント集71:住む世界が違う相手との恋愛

憧れの相手と相思相愛になりつつも、実際に交際してみると、相手と“住む世界”が違うと感じることだってあり得ます。今回は、そんな恋愛に心の折り合いをつけていく主人公の物語『コンパートメントNo.6』を例に考えてみました。

映画『Sin Clock』窪塚洋介 Sin Clock

会社をクビになり、離婚して息子とも離れて暮らす主人公の高木(窪塚洋介)は…

海外ドラマ『ウォーキング・デッド ファイナル・シーズン』ジェフリー・ディーン・モーガン ジェフリー・ディーン・モーガン

1966年4月22日アメリカ生まれ。1991年に『赤いドレスの女』でデビュー。テレビを中心にキャリ…

映画『FALL/フォール』グレイス・フルトン どっちも勘弁!高さの恐怖と深さの恐怖特集

今回は、高さや深さで魅せる映画をご紹介。高い、低い、深いというシンプルな設定だけで、こんなにドラマチックになるのだなと感心します。

映画『七人の秘書 THE MOVIE』室井滋 室井滋(むろい しげる)

1958年10月22日生まれ。富山県出身。 1981年、『風の歌を聴け』でデビュー。『居酒屋ゆうれい』(1995)…

映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ 崖上のスパイ

『紅いコーリャン』をはじめ、数々の大ヒット作を手掛けてきたチャン・イーモウ監督が手掛けた本格スパイ・サスペンス。1934年…

中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン 『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『君だけが知らない』キム・ガンウ キム・ガンウ

1978年7月11日、韓国生まれ。2001年にドラマ『あなたは愛と言う 私は欲望だと思う』でデビュー。映画『シルミド』…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

映画『恋とニュースのつくり方』レイチェル・マクアダムス 新年にやる気がわくサクセスストーリー特集

今回は、新年にやる気がわくサクセスストーリーのオススメ作品を正式部員の皆さんから募りました。素敵なサクセスストーリーを観て、やる気をアップしましょう!

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トーキョー女子映画部が選ぶ 2022年ベスト10

年末恒例の本企画は、今回から作品はBEST10に変更、俳優はMVPとして1名選出することにしましたマイソンとシャミがそれぞれ選んだ作品を、ぜひ冬休みにご覧ください。

映画『ドリーム・ホース』トニ・コレット 十数億円を稼ぐ名馬を逃す!?リアル一口馬主が語る醍醐味&新人騎手『ドリーム・ホース』に感動のコメント!!

実は日本でもジャンのように馬主になれるってご存じでしたか?今回は『ドリーム・ホース』をリアル体験中ともいえる…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』メイキング、ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン 映画好きが選んだジェームズ・キャメロン監督人気作品ランキング

『ターミネーター』『タイタニック』『アバター』など、数々の名作を手掛てきたジェームズ・キャメロン。今回は、これまでジェームズ・キャメロンが監督を務めた作品で、どの作品が好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『呪呪呪/死者をあやつるもの』オム・ジウォン/チョン・ジソ
  2. 映画『Sin Clock』窪塚洋介
    Sin Clock

  3. 映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ
  4. 映画『スクロール』北村匠海/中川大志
    スクロール

  5. 映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚
    エゴイスト

  6. 映画『バビロン』ブラッド・ピット/ディエゴ・カルバ
    バビロン

  7. 映画『すべてうまくいきますように』ソフィー・マルソー/アンドレ・デュソリエ
  8. 映画『バイオレント・ナイト』デヴィッド・ハーバー/アレックス・ハッセル
  9. 映画『ピンク・クラウド』ヘナタ・ジ・レリス
  10. 映画『金の国 水の国』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン
  2. 映画『レッドシューズ』朝比奈彩
  3. 映画『いつかの君にもわかること』ジェームズ・ノートン/ダニエル・ラモント
PAGE TOP