REVIEW

MINAMATA―ミナマタ—【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『MINAMATA―ミナマター』ジョニー・デップ

広辞苑によると、水俣病とは有機水銀中毒による神経疾患で、四肢の感覚障害、運動失調、言語障害、視野狭窄、震えなどをおこし、重傷の場合は死亡するとあります。熊本県水俣地方の地元住民が、工場廃液による有機水銀に汚染された魚介類を食べたことにより、1953年から1959年の間に集団的に発生したといわれています。また、母親が妊娠中にメチル水銀の曝露を受けたことにより、脳性小児マヒに似た症状をもって生まれる胎児性の水俣病もあります(熊本県ホームページより)。本作は、伝説の写真家ユージン・スミスと当時の妻アイリーン・美緒子・スミスが、1975年に発表した写真集「MINAMATA」を映画化。2人は1971年に水俣市に移住し、3年間水俣病の問題を取材しました。
劇中では、水俣病に苦しむ人とその家族の様子や、地元住民が工場廃液を出していた企業と戦う様子が描かれています。ユージンとアイリーンの取材に対して、最初から地元住民が協力したわけでもなく、罹患した家族の姿を見せることに抵抗感を表す姿が印象的で、同時に証拠隠滅を目論む企業の無慈悲な対応も生々しく映し出されており、観ていると胸が締め付けられます。そして、深刻な状況を目の当たりにしながら無力感に苛まれるユージンをジョニー・デップが好演。ユージンと、ビル・ナイが演じるLIFE誌のロバート・”ボブ”・ヘイズとのやり取りでは、ユージンがカメラマンとしてのプライド、そして命までもかけて水俣病の取材に挑んでいた姿勢が示され、ユージンの人柄にも共感できます。
エンタテインメント性の高い作品に出ているジョニー・デップも良いですが、久々にこういった作品で名演を見せるジョニー・デップの姿もぜひ観てください。他に真田広之、浅野忠信、加瀬亮ほか、青木柚も印象に残る演技をしているので要注目です。原案となった写真集も本作も、芸術で世の人々の目を社会問題に向けさせるという大きな役割を果たしている点でも素晴らしいと思います。日本で起きている問題だけでなく、最後には各国で起きている問題にも少し触れているので、地球で起きている諸問題の実態を知る意味でも観ていただきたい作品です。

デート向き映画判定
映画『MINAMATA―ミナマター』ジョニー・デップ/美波

社会派ドラマなのでロマンチックなムードにさせるタイプの映画ではありませんが、内容が濃いのでどなたが観ても見応えがあります。キャストも豪華なので映画好きのカップルはもちろん、社会問題に関心が深いカップルは、観た後にいろいろ話せると思います。追い詰められた状態でどう立ち振る舞うのか、いろいろなキャラクターを通して想像できるので、感想を述べ合うことでお互いの価値観を知るきっかけにもなりそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『MINAMATA―ミナマター』ジョニー・デップ/ビル・ナイ

社会科の授業で水俣病の問題を知っている方もいると思いますが、映像で観ることで水俣市の人々のリアルな姿を観ることができます。日本の高度経済成長期の背景も垣間見ることができるので、いろいろと勉強になる部分があるでしょう。今、世界中で環境問題が深刻化しているので、皆さんにとっても他人事とは思えないはず。自分自身と皆の将来を守るためにもぜひこういった実態に目を向けてみてください。

映画『MINAMATA―ミナマター』ジョニー・デップ/真田広之/國村隼/美波/加瀬亮/浅野忠信/岩瀬晶子/ビル・ナイ

『MINAMATA―ミナマタ—』
2021年9月23日より全国公開
ロングライド、アルバトロス・フィルム
公式サイト

© 2020 MINAMATA FILM, LLC
© Larry Horricks

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  3. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  4. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  5. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP