心理学

心理学から観る映画15-1:『ドクター・ドリトル』ゴリラのチッチが手放さないブランケットが意味するもの

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ドクター・ドリトル』ロバート・ダウニーJr.

小さい頃にお気に入りのぬいぐるみをずっと持ち歩いていた、特定のタオルケットや毛布がないと寝られなかったというエピソードを親から聞いたことがある人や、今子育てをされていてお子さんがお気に入りのぬいぐるみや毛布がないと泣いてしまうなどといったことを経験されている人もいるのではないでしょうか。これは発達心理学から考えると、移行対象と呼ばれるものです。今回は移行対象を取り上げます。

※『ブルーアワーにぶっ飛ばす』についてはネタバレがあります。

乳幼児が手放さないブランケットやぬいぐるみは“移行対象”

スヌーピーが登場する“ピーナッツ”シリーズのキャラクター、ライナスも毛布をずっと持っていたり、作家アラン・アレクサンダー・ミルンの息子クリストファー・ロビンが可愛がるクマのプーさんなども移行対象の例と言われています。『ドクター・ドリトル』のゴリラのチッチが大事にしているブランケットもこの移行対象ではないかと思います。

井原(2009)によると、移行対象(transitional object:過渡対象とも訳される)という言葉を最初に使い始めたのは、イギリスの児童分析医で小児科医でもあったウィニコットです。小さい子どもの移行対象として選ばれるのは、毛布、布団、シーツ、タオルケット、ハンカチ、ガーゼ、ぬいぐるみ、枕などで、共通点としては柔らかく肌ざわりが良いということです。子どもがこの移行対象に顔をうずめたり、頬ずりしたり、匂いを嗅いだりしているうちに、それは温もりをもった生き物のようになっていき、“理想的な幻想の母親”のようになっていくと考えられています。
欧米の研究では、移行対象は平均して6、7割の子どもに出現しますが、日本では3割程度と言われており、アメリカの子どもの出現率が高いのは“自立を促す子育て”が中心であることが起因していると考えられています。そして、子ども達が移行対象から卒業する時期は、母親と子どもの間の関係が安定していればしているほど早まるとされています。

ただ誤解してはいけないのは、移行対象を持つのが良い悪いということではないということです。ここでもう1つ知っておきたいのは、“愛着”についてです。愛着理論はイギリスの精神科医ボウルビィが提唱した理論で、米澤(2020)では、愛着とは「特定の人と結ぶ情緒的なこころの絆」という定義を記しています。さらに愛着形成の3つの基地機能として、安全基地、安心基地、探索基地という機能があるとしています。

  • 安全基地:子どもは守られている気付き、子どもの愛着対象である親や大人は、子どもを守っていると気付く“認知”の機能
  • 安心基地:恐怖や不安から守られた後も感じるが、特に恐怖や不安がなくても、普段から、その人のそばにいると“ほっとする”“落ち着く”“安堵する”“癒される”気持ち、ポジティブな感情を生じさせる機能
  • 探索基地:子どもは“安全基地”“安心基地”から離れて1人で行ったことを、1番聞いて欲しい“安全基地”“安心基地”機能を担う人に報告して聞いて欲しいと思い、経験を共有し、その経験を聞いてもらって褒められ認められ、「嬉しい、よかった」と思う機能

こうした愛着対象がいることで、たとえ愛着対象から離れても子どもは安心して帰れる安全な場所があると思えるので、だんだん愛着対象との1対1の関係から、他者との関係を広げていくと考えられています。ボウルビィの愛着理論、ボウルビィがエインズワースと共同で行った母子の愛着の実証研究“ストレンジ・シチュエーション法”などについては、次回もう少し詳しくご紹介するとして、移行対象のお話に戻ります。

映画『ドクター・ドリトル』ハリー・コレット

井原(2009)では、ハーロー夫妻の子ザルの実験から出た結果と考察を紹介しています。母親から隔離されたアカゲザルの子に、針金でできた母親からミルクをあげ、別の子ザルには布製の母親からミルクをあげます。不安な状況におかれた時、それぞれの子ザルは針金でできた母親、布製の母親、どちらにしがみつくかという実験です。いつも布製の母親からミルクをもらっている子ザルが布製の母親にしがみつくのは予想されますが、針金でできた母親からミルクをもらっている子ザルも布製の母親にしがみつくという結果が出ています。これが意味するところは、人間も含む哺乳類にとって、母子の絆は食べ物を与えるからできるというものではなく、生き物同士が接触して心を落ち着かせるからできていくということです。これはコンタクト・コンフォートと呼ばれるようになり、日本ではスキンシップという言葉が生まれたとされています。スキンシップの重要性には科学的な根拠があったんですね。

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』シム・ウンギョン

移行対象は子どもが安心感を得られるものとして機能していることがわかりますが、自分を守ってくれる人の代わりとなっていることで、不安を克服しながら外の世界に徐々に触れていくと考えられています。ですので子どもにとっては健全な反応であり、無理に移行対象を取り上げる必要はありません。そして移行対象は物体に限らず、動物や、空想の友達(イマジナリー・コンパニオン、イマジナリー・フレンド)が移行対象となるケースもあります。子育てをしていると、子どもの不思議な行動に戸惑うこともあるかも知れませんが、人間に備わったこういった機能を知ることで、少し不安が和らぐと良いですね。

次回は、愛着障害についてご紹介します。

<参考・引用文献>
井原成男(2009)「ウィニコットと移行対象の発達心理学」福村出版
米澤好史(2020)「やさしくわかる! 愛着障害」ほんの森出版

映画『ドクター・ドリトル』ロバート・ダウニーJr.

『ドクター・ドリトル』
2020年6月19日より全国公開

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

心に傷を抱えたドクター・ドリトルと動物達が、女王を救えるとされる唯一の治療法を求めて伝説の島へと冒険に出ます。彼等は旅先での困難に立ち向かうなかで、それぞれの心の傷も克服していきます。そしてゴリラのチッチも遂に…。

© 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

『グッバイ・クリストファー・ロビン』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 部活リポート

世界中で愛されている「クマのプーさん」の原作者アラン・アレクサンダー・ミルンとその息子クリストファー・ロビンの物語。父ミルンの成功の裏で息子は寂しい思いをしていたという原作者一家の苦悩を描いています。母親や乳母が息子クリストファー・ロビンにとってどんな存在であったかも考えさせられます。

グッバイ・クリストファー・ロビン (字幕版)

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

「結局あれは誰(何)だったんだ?」と思った人も多いのではないでしょうか?あれは恐らくイマジナリー・フレンドだと思います。冒頭から気付く人は気付くかも知れません。1度目は普通に観て、2度目はイマジナリー・フレンドだと思って観てみてください。

ブルーアワーにぶっ飛ばす

©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会

TEXT by Myson(認定心理士)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

ビジネス街イメージ写真:StockSnapによるPixabayからの画像 あなただけのキャリア3:働く地域が限定されるメリットとデメリットは?【地域限定正社員制度】

どんな仕事をするかも重要ですが、どんな働き方をするかはライフスタイルに直結するので、重要なポイントです。2020年は新型コロナウィルス感染症の影響で、在宅勤務というスタイルが広く受け容れられたり…

映画『望み』堤真一/石田ゆり子/岡田健史/清原果耶 望み

『望み』というタイトルの意味は何なのかと思っていたら…

Netflix映画『オールデイ・アンド・ア・ナイト:終身刑となった僕』ジェフリー・ライト ジェフリー・ライト

1965年12月7日アメリカ生まれ。主な映画出演作に、ダニエル・クレイグ版の“007”シリーズの他…

ドラマ『カレーの唄。』満島真之介さんインタビュー 『カレーの唄。』満島真之介さんインタビュー

今回は、ドラマ『カレーの唄。』で破天荒で自由人でどこか謎めいている主人公を演じた満島真之介さんにインタビューをさせて頂きました。濃厚でためになるお話をお聞きし、元気をたくさん頂きました。

映画『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』ジミー・フェイルズ/ジョナサン・メジャース ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ

映画制作スタジオA24とプランBが、アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』以来タッグを組んで製作された本作。舞台はサンフランシスコで…

映画『オン・ザ・ロック』ビル・マーレイ/ラシダ・ジョーンズ オン・ザ・ロック

今回のソフィア・コッポラ監督作も、期待通りに…

映画『マーティン・エデン』ルカ・マリネッリ ルカ・マリネッリ

1984年10月22日イタリア、ローマ生まれ。若い頃から映画の吹替でキャリアを積み、2006年に俳優として本格的に活動を始め…

映画『エマ、愛の罠』パブロ・ラライン監督インタビュー 『エマ、愛の罠』パブロ・ラライン監督インタビュー

本作で、監督と共同脚本を務めたパブロ・ラライン監督にリモート・インタビューをさせて頂きました。監督は観客がどう反応しても喜んでくれる方で、それが映画作りに反映されているのだなと感じました。

映画『浅田家!』二宮和也 浅田家!

本作は、写真家の浅田政志氏による写真集「浅田家」と「アルバムのチカラ」を原案に…

映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』イアン・ハート イアン・ハート

1964年10月8日イギリス、リヴァプール生まれ。メイベル・フレッチャー音楽演劇学校を卒業後、ビデオ制作を学び…

おすすめ記事

ビジネス街イメージ写真:StockSnapによるPixabayからの画像 あなただけのキャリア3:働く地域が限定されるメリットとデメリットは?【地域限定正社員制度】

どんな仕事をするかも重要ですが、どんな働き方をするかはライフスタイルに直結するので、重要なポイントです。2020年は新型コロナウィルス感染症の影響で、在宅勤務というスタイルが広く受け容れられたり…

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『望み』堤真一/石田ゆり子/岡田健史/清原果耶
    望み

  2. 映画『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』ジミー・フェイルズ/ジョナサン・メジャース
  3. 映画『オン・ザ・ロック』ビル・マーレイ/ラシダ・ジョーンズ
  4. 映画『浅田家!』二宮和也
    浅田家!

  5. Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド
  6. 映画『トロールズ ミュージック★パワー』
  7. 映画『クライマーズ』ウー・ジン/チャン・ツィイー
    クライマーズ

  8. 映画『アダムス・ファミリー』(アニメーション版)
  9. Netflix映画『ザ・ファイブ・ブラッズ』デルロイ・リンドー
  10. 映画『エマ、愛の罠』マリアーナ・ディ・ジローラモ/ガエル・ガルシア・ベルナル
    エマ、愛の罠

部活・イベント

  1. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラ
  2. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  3. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  4. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  5. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
PAGE TOP