REVIEW

泣く子はいねぇが

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『泣く子はいねぇが』仲野太賀/吉岡里帆

子どもができても父としての自覚が湧いていない様子の主人公たすくは、大晦日に行われる毎年恒例の伝統行事「ナマハゲ」に参加し、酒を飲み過ぎて、ある騒動を起こしてしまいます。本作は、妻から愛想を尽かされ、地域の人にも顔向けができなくなったたすくが、この後どんな日々を送り、成長できるのかどうかを映し出しています。本作のテーマの1つは父性ですが、子どもができたからといってすぐに親になれるかどうかわからないのは、男女ともに同じこと。頭ではわかっていても、子どもができたという事実に中身が追いつかない人もいると思います。それを、どちらの視点で観るかは人それぞれで、たすくに感情移入しながら観るのもアリですし、妻のことねや、たすくの母など、周囲の人々に感情移入して観るのもアリだと思います。
ただ、子どもはどんどん大人になっていくし、一生を共にしようと誓った相手がいつまでも待ってくれるとは限りません。人の人生は他の人と繋がりながらも、それぞれに進行しているからこそ一筋縄ではいかない。そういった現実も噛みしめながら、何が人を成長させるのかを客観的に観られる人間ドラマとしても楽しめます。女性目線でもいろいろな意見が出るストーリーだと思いますが、観終わったら、夫やパートナーの愚痴を言いたくなる人もいるかもしれないので、友達を誘うと良さそうです(笑)。

デート向き映画判定
映画『泣く子はいねぇが』吉岡里帆

男性は特に肩身が狭くなるストーリーなので、良いムードで過ごしたいデートには不向きだと思いますが、結婚を意識しているカップルは、子どもができてからのことなどを相談するきっかけに観るのもアリかもしれません。一方的に男性を責めるというのではなく、男性にも男性の言い分があって、女性には女性の言い分があるはずなので、お互いの理解を深めるために、鑑賞後はいろいろなシーンを振り返って、それぞれ意見を述べ合ってみてはどうでしょうか?

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『泣く子はいねぇが』仲野太賀/寛 一 郎

親になるのって簡単じゃないという部分が描かれたストーリーで、子ども目線で観るとどう見えるのか、大人としては聞いてみたいところですが、キッズの皆さんはまだキャラクターに共感するといったスタンスで観るのは難しいでしょう。主人公とその妻はまだ若いので、高校生なら少し先の未来としてシミュレーションできると思います。まだ子どもを持つということまでリアルに想像できない人も多いと思いますが、子ども目線で観るのもアリだと思います。

映画『泣く子はいねぇが』仲野太賀/吉岡里帆

『泣く子はいねぇが』
2020年11月20日より全国公開
バンダイナムコアーツ、スターサンズ
公式サイト

©2020「泣く子はいねぇが」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  2. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  3. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  4. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  5. 映画『ザ・タワー』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP