REVIEW

ナポレオン【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ナポレオン』ホアキン・フェニックス

REVIEW

ナポレオンは世界史の授業で習うので、馴染み深い歴史上の人物という印象でありながら、本作を観てみると意外に知らない一面が多かったことに気付きます。本作はナポレオン(ホアキン・フェニックス)と最初の妻ジョセフィーヌ(ヴァネッサ・カービー)の物語を中心に描いている点で、一人の人間としてのナポレオンの知られざる一面を見られます。想像以上にラブストーリーの要素があり、ジョセフィーヌへの思いの強さから、ナポレオンはとにかく一途でピュアな人として映ります。そして、ジョセフィーヌは強い女性であり、ナポレオンの陰の立役者として彼女に光を当てたストーリーともいえます。本作で描かれているように、この時代にナポレオンが本当に女性の役割、存在の大きさに気付いていたとすれば、やっぱりナポレオンは大局を見ることができる人物だったといえそうです。
人を一瞬にして取り込み、兵士を鼓舞できるナポレオンの姿に英雄と策士の両面が見えます。本作のキャッチコピーは「英雄と呼ばれる一方で、悪魔と恐れられた男」とある点については、彼の判断はすべてフランスのためで一切ブレることがなく、フランスを守るためならどんな犠牲もいとわない厳しい判断を迷いなく下す姿が時に英雄として映り、時に悪魔として映るのだと感じます。味方にすると心強く、敵にすると怖い存在。でも、とても人間臭い人だからこそ、惹かれるものがあります。ナポレオンは、強さと弱さ、聡明さと愚かさ、あらゆる場面で相反する側面を見せます。そんなナポレオンの複雑なキャラクターをホアキン・フェニックスが見事に演じています。
ナポレオンの戦術も見どころで、戦闘シーンは生々しさがあります。真正面から銃口や槍に向かって歩いて行く兵士達の姿に改めて戦争の狂気を感じると共に、その戦争を指揮するナポレオンの狂気も感じます。リドリー・スコット監督とホアキン・フェニックスが『グラディエーター』以来23年ぶりに再タッグを組んだ本作は、見どころが詰まっておりテンポも良く上映時間の長さを感じさせません。ぜひ、本作から溢れ出す気迫を大きなスクリーンでご堪能ください。

デート向き映画判定
映画『ナポレオン』ホアキン・フェニックス/ヴァネッサ・カービー

国を守る立場にあるナポレオンの恋愛には、ロマンチックな展開もありつつ、切ない展開もあります。“夫婦の務め”に関わる部分ではかなり現実的な問題が描かれていて、現代に生きる夫婦にとっても生々しく感じると思います。遠い昔のフランスの皇帝のお話なので、距離を置いて観られそうではありつつも、観る方によっては自分達の状況とリンクさせて観てしまう可能性はあります。そういう点から考えると、気楽に交際中のカップルのほうが気軽に観られそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ナポレオン』ホアキン・フェニックス

本作をきっかけにナポレオンという人物に興味が湧くと思います。英雄的立場にあったり、国を追放されたり、ナポレオンの人生は波瀾万丈です。普通ならめげそうなところを、ナポレオンはフランスのためならなりふり構わず試練に立ち向かいます。なぜ、そこまでできるのかを本作で観察することは有意義だと思います。見応えが充分な作品なので純粋に映画を楽しめるのはもちろん、世界史の勉強への興味にも繋がれば一石二鳥ですね。

映画『ナポレオン』ホアキン・フェニックス

『ナポレオン』
2023年12月1日より全国公開
PG-12
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2023年11月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  2. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  3. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  4. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  5. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP