取材&インタビュー

ティモシー・シャラメの夢も叶った『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:ティモシー・シャラメ、ヒュー・グラント、ポール・キング監督、デイビッド・ヘイマン(プロデューサー)、アレクサンドラ・ダビーシャー(プロデューサー)/花村想太(Da-iCE/ウィリー・ウォンカ役声優)、セントチヒロ・チッチ(ヌードル役声優)

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:ティモシー・シャラメ、ヒュー・グラント、ポール・キング監督、デイビッド・ヘイマン(プロデューサー)、アレクサンドラ・ダビーシャー(プロデューサー)/花村想太(Da-iCE/ウィリー・ウォンカ役声優)、セントチヒロ・チッチ(ヌードル役声優)

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:ティモシー・シャラメ
映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:ティモシー・シャラメ
映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:ティモシー・シャラメ
映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:ティモシー・シャラメ
会場のファンからフランス語で話しかけられ、フランス語で返すフレンドリーな姿も見られました。
映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:ヒュー・グラント
映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:ヒュー・グラント
映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:デイビッド・ヘイマン(プロデューサー)
デイビッド・ヘイマン(プロデューサー)
映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:アレクサンドラ・ダビーシャー(プロデューサー)
アレクサンドラ・ダビーシャー(プロデューサー)
映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:ポール・キング、妻エロイーズ・ムーディ
ポール・キング監督は奥様のエロイーズ・ムーディさんと登場。

2023年11月20日、映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』のプロモーションのため、キャスト、スタッフ一同が来日しました。主演のティモシー・シャラメは「本当にありがとうございます。東京に来られて本当に嬉しいです。アリガトウ」と挨拶。会場に集まったファンから大きな声援が飛びました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:ティモシー・シャラメ

ヒュー・グラントは、「日本の方々は私の作品をずっと温かく観てくださっています。そして、この作品は本当にティモシーが素晴らしいので、気に入ってくださったら嬉しいです」とコメントしました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:ティモシー・シャラメ、ヒュー・グラント

それを受けてティモシーは、「ヒューも素晴らしいです」とコメントしつつ、♪ウンパルンパ♪と横で歌っていました(笑)。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:ティモシー・シャラメ

今回初来日を果たしたティモシー・シャラメは来日の感想を聞かれると、「アメイジング!大好きです。映画の宣伝ではなくてプライベートで来たいです」と答え、会場のファンは大喜び。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:ヒュー・グラント

久々の来日となったヒュー・グラントは、「本当に楽しい思いをしています。日本に来るといつも楽しくて、ちょっと楽しみ過ぎてしまいます。今回は妻も一緒に来ておりまして、妻はざるのように(お酒を)飲むんですよね」と満喫ぶりを明かしました。

ウンパルンパを演じたヒューは、どのようなことに気を付けて演じたのか聞かれると、「実は今もどういう風にしてウンパルンパを演じたのか、技術的にわかっていないんです。ちょっと不可能なくらいの状態で、すごく綿密なシステムの上で、実はちょっとイラッとするような状況での撮影でした。覚えているのはたくさんカメラが付いているヘルメットを被って撮影したことです」と振り返りました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:ティモシー・シャラメ、ポール・キング監督

夢を追うことからすべてが始まるストーリーにちなんで、日本で夢を追いかけている方々へアドバイスを求められると、ティモシーは「私はアドバイスを差し上げるような立場ではないと思うんですけどね。ポール・キング監督が素晴らしい脚本を書いてくれました。たぶん僕が10歳、12歳だった頃、ジョニー・デップ版(『チャーリーとチョコレート工場』)を観てすごく感動していた時に、自分が今ここにいて、ウィリー・ウォンカを演じて東京に来るって言われたら「絶対ウソだ!」と思ったと思います」と自身の夢が叶ったエピソードを披露しました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:ポール・キング監督

これから観る方に向けて見どころを聞かれたポール・キング監督は、「私はすべての方に観ていただけるような映画を作ったつもりです。今晩私の5歳の娘も来ておりますが、娘もこの映画を観て楽しんで欲しいし、また105歳の方でも楽しんでいただきたい、そういう気持ちを持っています。夢を叶えるというのもそうなんですけど、人々が一緒に世界を変えようと戦う姿が見どころです。ぜひ、家族、友達などと分かち合っていただきたいです。ぜひ劇場で観てください」とコメントしました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:デイビッド・ヘイマン(プロデューサー)

続いてデイビッド・ヘイマンは「皆さんと分かち合うというところがすごく大事だと思います。やはり何か経験を分かち合うことにより人生がより豊かなものになると思います。ですので、友達、劇場で知らない人とも一緒に楽しんでいただければと思います」と付け加えました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:アレクサンドラ・ダビーシャー(プロデューサー)

アレクサンドラ・ダビーシャーは「この作品は喜び、温かさ、ユーモア、チョコレート、歌、ダンス、こういったものに満ちあふれている作品です。泣いて、笑える1本になっています。ぜひこのホリデーに観に行ってくださったら嬉しいです」と語りました。

そして、ウィリー・ウォンカ役の声を担当した花村想太(Da-iCE)と、ヌードル役の声を担当したセントチヒロ・チッチが登壇。ほのかにチョコレートの香りがするチョコレート・コスモスの花束を来日ゲストに贈りました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:花村想太(Da-iCE/ウィリー・ウォンカ役声優)
花村想太(Da-iCE/ウィリー・ウォンカ役声優)
映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:セントチヒロ・チッチ(ヌードル役声優)
セントチヒロ・チッチ(ヌードル役声優)
映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:ティモシー・シャラメ
チョコレートの香りがする花束と聞いて香りを嗅ぐティモシー。

2人が声優を務めたことについてティモシーは「感謝でいっぱいです。声優さんの仕事はすごく大事だと思っています。ハリウッドではストライキが起こっていましたし。とにかく素晴らしい仕事をしてくださって本当にありがとうございます」と言葉を贈りました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:ティモシー・シャラメ、セントチヒロ・チッチ(ヌードル役声優)
映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:ティモシー・シャラメ、花村想太(Da-iCE/ウィリー・ウォンカ役声優)
映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:ティモシー・シャラメ、ヒュー・グラント、ポール・キング監督、デイビッド・ヘイマン(プロデューサー)、アレクサンドラ・ダビーシャー(プロデューサー)

最後にティモシーは会場に向けて「今日は本当に来てくれてありがとう!お会いできて嬉しいです。そして12月8日からいよいよ公開になりますので、ぜひ皆さん映画を楽しんでください」と言葉を贈りました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:ティモシー・シャラメ

会場内にはチョコレートの香りも漂っていて、ステージの華やかな装飾も本作の世界観を再現していました。映画の中では本当に幻想的で素敵なチョコレートの世界が広がっています。ぜひ大きなスクリーンで観て、本作の世界に没入してください。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』来日チョコレート・カーペット・イベント:ティモシー・シャラメ、ヒュー・グラント、ポール・キング監督、デイビッド・ヘイマン(プロデューサー)、アレクサンドラ・ダビーシャー(プロデューサー)/花村想太(Da-iCE/ウィリー・ウォンカ役声優)、セントチヒロ・チッチ(ヌードル役声優)

2023年11月20日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ/ケイラ・レーン/ヒュー・グラント

『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』
2023年12月8日より全国公開中
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ムビチケ購入はこちら

©2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

映画『怪盗グルーのミニオン超変身』 怪盗グルーのミニオン超変身【レビュー】

“怪盗グルー”シリーズは、本作で4作目、“ミニオン”シリーズを入れると6作目…

中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  2. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  3. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  4. 映画『呪葬』セリーナ・レン
  5. 映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP