REVIEW

ネクスト・ゴール・ウィンズ【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』マイケル・ファスベンダー

REVIEW

タイカ・ワイティティ監督、脚本、製作で、実話ベースのスポーツものということで、大いに期待して観たところ、笑えて、ウルっときて、期待通り!本作は、2001年に行われたサッカーワールドカップの予選で、0-31というW杯予選史上最悪の大敗をした米領サモアチームの10年後の物語です。世界最下位をずっとキープしていたサモアチームに次のW杯予選で1ゴールを決めさせるために監督として就任したトーマス・ロンゲンとチームメイトの実話を少し盛って(タイカ・ワイティティ演じるキャラクター談)映画化しています。
弱かったチームが名監督のもと強いチームに生まれ変わる実話はこれまでにもありました。でも、本作には、それらとは異なるユニークな点があります。彼等の最初の目標はたったの1ゴール。予選を勝ち抜こうとか、優勝しようというほどの欲はありません。一方、新たに監督に就任したトーマス(マイケル・ファスベンダー)は、これまでサッカー選手としても功績を残した鬼コーチ。全く噛み合わない鬼コーチと、サモア特有の価値観でのんびりしているチームメイト達が、次のW杯予選でどんな戦いぶりを見せるのかが見どころとなっています。

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』マイケル・ファスベンダー

サモアでのゆったりとした時間の流れ方、超マイペースな人々のスタンスは、徐々にトーマスを変えていきます。何かにつけて怒りをまき散らすトーマスに対して、優しく温かく、そして明るく接するセモアの人々の言動に、観ているこちらも癒されます。そして、幸福感溢れるサモアの文化や人々のユーモアを見事に演出しているところに、タイカ・ワイティティ監督の手腕を改めて感じます。コミカルなシーンは私のツボにハマりまくりで、ずっとニヤニヤしながら観てました(笑)。マイケル・ファスベンダーをはじめキャスト皆の演技も絶妙で、やはり演技力がある俳優はコメディで腕の良さがわかるなぁと感じます。ぜひ、心の中でツッコミを入れながら観て欲しいです。
もちろん、笑いだけではありません。クライマックスでは涙を誘うシーンもあり、胸が熱くなります。悲しみや苦しみにもがいている人を癒し、発想の転換をしてくれる金言も散りばめられています。観終わった後の幸福感を味わってください。

デート向き映画判定

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』マイケル・ファスベンダー

クスッと笑えて、ホロッときて、幸福感がいっぱいの作品なので、デートにもピッタリです。仕事や学業、家庭のことなどで悩んでいたり、気持ちが落ちている時、イライラしている時にこそ、ぜひ観ていただきたい作品です。穏やかで優しい気持ちにさせてくれるので、険悪なムードになっているカップルの関係緩和にも効くかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』マイケル・ファスベンダーほか

サッカーチームのお話だからといって、サッカーへの興味がなくても楽しめます。日々の過ごし方や、穏やかな気持ちで過ごすコツ、自分や他者を受け容れる姿勢、自分らしく生きる姿勢を、説教的ではなく、自然な形で教えてくれる作品です。だからこそ、何かを学ぼうと気負わなくても大丈夫。笑えるシーンが豊富なので、とにかくまずは楽しんでください。

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』マイケル・ファスベンダーほか

『ネクスト・ゴール・ウィンズ』
2024年2月23日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

©2023 20th Century Studios. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP