REVIEW

人間の境界【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『人間の境界』

REVIEW

赤い闇 スターリンの冷たい大地で』で、ソビエト連邦が隠していた事実を暴いたアグニェシュカ・ホランド監督が、再び社会の事実を伝える作品を撮りました。ホランド監督が今回取り上げるのはポーランド政府が隠したがった事実です。
物語の舞台は、コロナ禍のベラルーシとポーランドの国境。EU諸国に亡命を求める人達が、ベラルーシ経由でポーランドとの境界にある森を抜けてポーランドに入りますが、国境警備隊によって捕らえられベラルーシに戻されてしまいます。でも、難民等は再びベラルーシからポーランドの森へ戻され、その繰り返し。国境にある森に潜み、国境警備隊の手を逃れて、既にポーランド国内にいる家族などの元へ行こうとしますが、ことごとく邪魔をされてしまいます。森で立ち往生する難民等は、食べ物はおろか水さえ得ることができないばかりか、雨風を凌ぐ場所もなく、命の危険に晒され続けます。なぜ難民達はピンポン玉のように国境を行き来させるのかというと、「ベラルーシ政府がEUに混乱を引き起こす狙いで大勢の難民をポーランド国境へと移送する<人間兵器>とよばれる策略」(映画公式サイトより)だそうです。

映画『人間の境界』

劇中では、こうした出来事を、難民、国境警備隊、難民を支援する活動家、一般市民、それぞれの立場で描いています。国境警備隊による非人道的な行為には目を背けたくなると同時に、難民達を助けようとする人達の姿に少しだけ救われます。一方で、ポーランド国内では政府による情報操作も行われていて、難民を助けようとする人達も身の危険にさらされており、問題の深刻さを実感させられます。映画公式サイトによると、本作はポーランド国内で上映される際、政府から妨害を受け、宣伝会社のSNS上には誹謗中傷が寄せられるなど、ホランド監督自身も身の危険を感じるほど論争が激化したそうです。ポーランドが戦時中のウクライナから移民を受け入れているニュースを聞いたことがある方は、このかなり矛盾した状況が不可解でならないでしょう。この状況は、政府の利害関係がいかに人々を振り回しているのかを示していると思います。報道だけでは伝わってこない事実があることを知られるという意味でも、本作には映画の大きな意義を感じます。また『人間の境界』というタイトルには、選別される側、選別する側の「人間の境界」というように、複数の意味があるように感じられ、いろいろと考えさせられます。

デート向き映画判定

映画『人間の境界』

ドキュメンタリーかと思えるほど、リアルに描かれていて、目にするだけでも辛い現状が描かれています。ロマンチックなムードになりたいデートには不向きですが、社会問題に関心のあるカップルなら、議論のし甲斐がある内容です。さまざまな立場のキャラクターが登場するので、誰かしらに感情移入できると思います。どんな感想、意見を持ったかという点でも、お互いの価値観を知る機会にできそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『人間の境界』

最初は一体何が起きているのかわからないと思います。映画公式サイトには簡単に解説が載っているので、先に読むと理解しやすいでしょう。逆に、難民達の目線で混乱をリアルに感じながら観たい方は本編を観た後に解説を読んで復習するのも良いと思います。人間が人間として扱われない状況が実際に行われている現実を知ることで、社会への関心を高めるきっかけになると思います。

映画『人間の境界』

『人間の境界』
2024年5月3日より全国順次公開
トランスフォーマー
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©2023 Metro Lato Sp. z o.o., Blick Productions SAS, Marlene Film Production s.r.o., Beluga Tree SA, Canal+ Polska S.A., dFlights Sp. z o.o., Česká televize, Mazovia Institute of Culture

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年4月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP