REVIEW

バジーノイズ【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『バジーノイズ』川西拓実(JO1)/桜田ひより

REVIEW

本作は、ビックコミックスピリッツで2020年まで連載されていた、むつき潤の「バジーノイズ」を原作とし、『silent』『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』といった人気ドラマを手がけてきた風間太樹が監督を務め、映画化された作品です。
マンションの管理人をする清澄(川西拓実)は友人もおらずひっそりと暮らしていて、頭に浮かんだ音を形にして自分だけで聞ければそれでいいと思っていました。一方、潮(桜田ひより)は、清澄が作る音楽をたまたま耳にし、心地良さを感じます。そんな2人がある事をきっかけに関わりを持つようになり、潮は清澄の音楽を多くの人に聞いてもらいたいという思いで動きますが、清澄はそれに抵抗。潮は戸惑いながらも清澄の気持ちを尊重し、徐々に心を通わせていきます。
本作はラブストーリーなのかと思いきや、アーティストと1番最初のファンとの絆を描いた物語です。それは恋愛とも友達とも仕事仲間とも違う独特な関係で、本作はその捉え難いニュアンスを絶妙に描いています。まだ世の中に知られていない時点で、純粋に自分が好きと思える気持ちからそのアーティストを応援するようになり、最初は1番そばにいながら、相手が育っていくと関わる人達が増えていき、自分とアーティストとの距離はどんどん開いてしまう。そんなファンの切ない心情を描きつつ、アーティスト側にとっても最初のファンはかけがえのない存在であることを描いていて、この切っても切れない関係に尊さを感じます。
また、好きな音楽を続けることと、ビジネスで音楽に携わることを両立する難しさも描かれています。同時に、アーティストとして旬な時期があれば、ピークを過ぎる時がやってくるかもしれないという現実も映し出されていて、だからこそ何を1番大切にするのかを本人が決めるべきだというメッセージが伝わってきます。売れるだけがすべてではない、メジャーデビューすることがすべてではない、世の中がそんな価値観に変わってきた今だからこそ、音楽業界にいる方に限らず、若者達に伝わって欲しいメッセージが込められているように感じます。

デート向き映画判定

映画『バジーノイズ』川西拓実(JO1)/桜田ひより

一人でじっくり観るのも、カップルで観るのも良いと思います。アーティストに限らず、何か夢を追っている方とそれを応援している方のカップルなら、自分達を客観視できる部分があるでしょう。相手を応援したい気持ちと恋愛関係を続けるかどうかは時に別の次元で考える必要があるかもしれません。恋人として支える場合と、いちファンとして支える場合と両方の例が出てくるので、どういう位置で関わり合うのが良いか悩んでいる方は、敢えて一人で観ても良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『バジーノイズ』川西拓実(JO1)/桜田ひより/井之脇海/栁俊太郎

音楽が好きな方はもちろん、何かに打ち込んでいる方、大好きな推しがいる方など、それぞれの立場にあるキャラクターが登場するので、誰かしらに感情移入できるでしょう。エンタテインメントの世界は華やかに見えても、その世界にいる人にとっては過酷な世界です。本作にはそういった現実的な面も描かれています。特に清澄は、音楽が大好きだからこそ葛藤する場面があるので、皆さんの人生観のヒントになる部分もあるのではないでしょうか。

映画『バジーノイズ』川西拓実(JO1)/桜田ひより

『バジーノイズ』
2024年5月3日より全国公開
ギャガ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©むつき潤・小学館/「バジーノイズ」製作委員会

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年4月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP