REVIEW

ライド・オン【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン

REVIEW

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語となっています。ジャッキー・チェンが演じるルオ・ジーロンは、伝説のスタントマンとして知られながら、怪我を機に第一線から退き、借金に追われています。そんなルオの心の拠り所は、愛馬のチートゥ(赤兎)です。ルオはチートゥを息子のように可愛がり、共にエキストラなどをして細々と暮らしています。そんなある日、ルオとチートゥに難易度の高いスタントの依頼が舞い込んできます。

映画『ライド・オン』リウ・ハオツン

なぜ馬なのか、と思いながら観始めて、最後にこの設定の巧さを感じます。そして、スタントマンと愛馬との絆の物語であり、離れて暮らしていた娘との親子の物語である点も、本作のメッセージを伝える上で要となっています。本作はスタントマンの貢献を讃えつつ、時代の変化を認め、これからの映画制作について一石を投じる内容となっています。実際に命懸けでスタントをやってきて、名実ともにスターであるジャッキー・チェンがこの物語を演じるからこそ、説得力があるのだと思います。だから、50周年&70歳の記念として、スタントマンの役を選んだのだろうなと、その思いが伝わってきます。

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン

同時に、この物語は映画業界に限らずどの業界にも通じる内容だと思います。職人技を磨いてきたベテランの技術と高いプロ意識は受け継がれていくべき部分もありながら、これまでのやり方に縛られたままで、仕事のために何もかもを犠牲にすることは果たして正しいことなのかは考えなければいけません。そうしたメッセージを本作はユニークな形で伝えてくれます。
そして、エンドロールではジャッキー・チェン作品でお馴染みのメイキングシーンが流れます。また、劇中を含め、これまでのジャッキー作品の名スタント場面が散りばめられています。ぜひ最後まで席を立たずにご覧ください。

デート向き映画判定

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン

動物との絆、親子の絆を描いたアクション映画なので、どんな層にも観やすい内容です。気まずくなるようなシーンはまったくないので初デートで観ても問題ありません。主人公の夫婦関係では現実的な面が描かれていながらも、共感できる部分があります。どちらかが仕事人間になってしまっているカップルは、本作を一緒に観ると、自分達の関係を一歩引いて見られそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン/リウ・ハオツン

皆さんの中にも、親の仕事が忙し過ぎて寂しい思いをしている方もいるかもしれません。そんな方は主人公の娘の目線で観られると思います。一方で、将来の仕事観をシミュレーションできる部分があります。スタントマンに限らず、自分が打ち込める仕事に就けた人ほど、仕事とプライベートのバランスを取る難しさに直面することが出てくると思います。正解はありませんが、自分なりにどんな働き方をしたいか考えるきっかけにしてみてはどうでしょうか。

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン/リウ・ハオツン

『ライド・オン』
2024年5月31日より全国公開
ツイン
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©2023 BEIJING ALIBABA PICTURES CULTURE CO., LTD.,BEIJING HAIRUN PICRURES CO.,LTD.
©2010 Fortune Star Media Limited. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年5月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP