REVIEW

ライダーズ・オブ・ジャスティス

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』マッツ・ミケルセン/ニコライ・リー・コース/ラース・ブリグマン

主人公は列車事故で妻を亡くした軍人のマーカス(マッツ・ミケルセン)で、彼は残された娘のマチルデ(アンドレア・ハイク・ガデベルグ)と2人で暮らしています。そんなある日、彼のもとへ数学者のオットーとその仲間が訪ねてきて、「事故は仕組まれたものだった」とマーカスに話します。マーカスはそれをきっかけに復讐に燃えていきます。冒頭ではマーカスが、娘と心を通わせようと不器用ながらも努力する姿が観られますが、オットー達が現れてからの変貌ぶりには驚かされます。
そんなマーカスを演じたマッツ・ミケルセンは、復讐に狂う父親役を熱演。今回は短髪に髭というルックスで臨んでおり、表情や雰囲気もとても怖く、見事にマーカス役を演じきっています。また、マッツ・ミケルセンの脇を固めるニコライ・リー・コース、ラース・ブリグマン、ニコラス・ブロらが演じる個性的なキャラクター達とのコントラストも効いていて、シリアスなシーンの中にもクスッと笑える場面があるのもポイントです。
現実的に考えると復讐は決して良いことではありませんが、映画だからこそ楽しめるのが醍醐味だと思います。復讐の鬼と化して大暴れするマッツ・ミケルセンは見応え抜群ですし、思わぬ方向へと進むストーリーにハラハラしながらご覧ください。

デート向き映画判定
映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』マッツ・ミケルセン/ニコライ・リー・コース/ラース・ブリグマン/ニコラス・ブロ

復讐がメインの物語なので、ムードを盛り上げる要素はありませんが、ドロドロとした展開やアクション好きのカップルであれば一緒に観ても良いと思います。父と娘という点に焦点をあててみると、不器用な父の行動が可愛く見える部分もあるので、これを機にお互いの両親の話をするのもアリです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』マッツ・ミケルセン/アンドレア・ハイク・ガデベルグ

少し残酷な描写もあるので、キッズはせめて中学生以上になってから観ることをオススメします。ティーンの場合はマーカスの娘目線で観られると思いますが、客観的に本作の娘と父のやり取りを見つめて、自分ならどうするか考えてみてください。もし親子関係がこじれてしまった時は、本作の父娘関係を思い出すと参考になる点があるかもしれません。

映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』マッツ・ミケルセン/ニコライ・リー・コース/ラース・ブリグマン/ニコラス・ブロ

『ライダーズ・オブ・ジャスティス』
2022年1月21日より全国公開
PG-12
クロックワークス
公式サイト

© 2020 Zentropa Entertainments3 ApS & Zentropa Sweden AB.

TEXT by Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  2. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  3. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  4. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  5. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP