REVIEW

正欲【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『正欲』稲垣吾郎

REVIEW

朝井リョウの小説を、稲垣吾郎、新垣結衣、磯村勇斗、佐藤寛太等の豪華キャストで映画化した本作は、フェティシズムをテーマに、人に理解されがたい性欲、思想、感情を描いています。先入観を避けるために、どんなフェティシズムを取り上げているのかは伏せるとして、この物語には、マジョリティの観点で語られる“普通”“常識”が、マイノリティの人達に対してどれだけ窮屈さ、生きづらさを与えているかが綴られています。
昨今、多様性という言葉が飛び交うようになりつつも、多様性の範囲として語られている事柄は氷山の一角であると同時に「多様性」という言葉が都合良く濫用されている現実にも気付かされます。また、誰もが必ず人と違う一面を持っているはずなのに、性的な話になると簡単にはいかない。人は生きていく上で性の話題から逃れられないのだなと実感します。さらに、多様性を認めようという風潮が高まっているとしても、性の話となると、どんな多様性も認めようというわけにはいかない現実にふと引き戻される展開があります。この物語はそういった辛辣さと正直さで、一筋縄ではいかない問題に向き合う覚悟を観る者に問うてきます。
また、“正欲”というタイトルが指すものは、広い意味での人間の欲求も含まれているように受け取れます。本作に登場する子ども達、親達の「こうなりたい」「こうなって欲しい」という欲望も含めて、正しい欲求、正しい欲望とは何なのかを考えさせられます。本作はセンセーショナルなテーマを扱っており、そこに最初は目がいきます。ただ、根本には、誰もが何かしらのポイントで感じる疎外感とどう向き合うかが描かれているように思えます。この物語は、疎外感に気付かないように世の中の“普通”に合わせて生きる人が大半であるなか、疎外感に向き合ってありのままの自分を受け容れようともがく人達の物語です。結果的には普遍的なテーマで描かれいて、誰にとっても自分事として観られると思います。

デート向き映画判定
映画『正欲』新垣結衣

誰かと一緒に生きていきたいと思っているなら、一緒に生きていく上でここが合わないと辛いという、とても大切なテーマが描かれています。今交際中のパートナーと将来ずっと一緒にいたいと思うなら、一緒に観て感想を述べ合うと人生観が合うか検討材料が得られそうです。どんなポイントで受容、拒絶の反応を見せるのかによって、根本的に合わない相手かどうかもわかるのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『正欲』佐藤寛太/東野絢香

さまざまな立場のキャラクターがいるので、誰かしらに感情移入できると思います。ただ、表面的なところだけを観て誤解して欲しくない部分もあるので、せめて中学生くらいになってから観るほうが、より理解できるように思います。デリケートな内容なので、内容を茶化しそうな友達と観るのはやめておいたほうが良いでしょう。1人でじっくり観るか、正直に感想を述べ合う友達と観るのが良いと思います。

映画『正欲』稲垣吾郎/新垣結衣/磯村勇斗

『正欲』
2023年11月10日より全国公開
ビターズ・エンド
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©2021 朝井リョウ/新潮社 ©2023「正欲」製作委員会

TEXT by Myson


関連作

書籍「正欲」朝井リョウ著/新潮文庫

Amazonで書籍を購入する

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2023年11月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP