REVIEW

世界で一番美しい少年

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『世界で一番美しい少年』ビョルン・アンドレセン

巨匠ルキノ・ヴィスコンティ監督作『ベニスに死す』で新星のごとく現れた美少年ビョルン・アンドレセン。『ベニスに死す』を観た時にその美しさに驚いたのはもちろんですが、本作で彼に起きたいろいろな出来事を知り、一層驚きました。彼はルキノ・ヴィスコンティ監督に“世界で一番美しい少年”と賞賛され、実際その異名に匹敵する美しさで世界中から一気に注目を集めました。でも彼にとってそれは望ましいことではなく、彼の人生を振り回すことになったことが本作で明かされています。当時は来日も果たしていて、日本のファンの熱狂ぶりも映っていましたが、本人はあまりよくわからないまま大人達に言われた通りいろいろな活動を“させられていた”という真相を知ると、何とも胸が痛みます。
そして衝撃なのは序盤で映る今のビョルンの暮らしぶりで、どう見ても精神的に不健康で不衛生なのが伝わってきます。観る側はなぜ彼はこんな風になってしまったのかとそこでまず衝撃を受け、その後徐々に明かされる真相を知り、すべてに納得できると思います。でも本作で彼が徐々に過去を整理していくような過程を辿り、救いを感じる部分もあります。さらに彼がどうしてルキノ・ヴィスコンティ監督のオーディションに行くことになったのか、その背景に何があったのかが明かされていき、彼があまりにも壮絶な人生を生き抜いてきたのだと知ることになります。劇中で読まれるビョルンのお母さんの手紙がとても印象的で、最初に読まれる時と2回目に読まれる時とで一つひとつの言葉の意味がさらに深みを増します。これはドキュメンタリーであって、ドキュメンタリーでないのではと思えるくらい衝撃的な内容です。彼自身に起きたこととして重く受け止めるのはもちろんですが、同じように苦しんでいる子ども達がいるかもしれないと、私達大人が考える機会になればと思います。

デート向き映画判定
映画『世界で一番美しい少年』ビョルン・アンドレセン

衝撃的で重めの内容なので、デートで観るのには向いていないと思います。ただ、一生一緒に生きていくという思いで交際しているなら、敢えて一緒に観て、本作鑑賞を機に自分達の過去や本音を明かして話し合うきっかけにするのも良いでしょう。また、子育てという視点でも思うところがたくさん出てくるであろう内容で、幼い子どもから思春期のお子さんがいる夫婦で観るのは良いのではないでしょうか。お子さんはもう大人という方でも、ビョルンと娘の姿を観て何か参考にできるところ、心が救われるところがあるかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『世界で一番美しい少年』ビョルン・アンドレセン

この映画をキッズやティーンの皆さんが観たらどんな思いをするんでしょうか。きっととても複雑な心境にはなると思いますが、15歳だったビョルンの気持ちを皆さんなら等身大で理解できるはずです。皆さんのお年頃なら皆から注目されたり、人気者になることに憧れを持つ方もいると思いますが、芸能界は華やかな部分だけが表に見えています。有名になること、人気を得ることが悪いことではなくても、その代償があることは知っておいて損はないと思います。本作でその裏や大人の世界を観ることができるので、視野を広げてみてはどうでしょうか?

映画『世界で一番美しい少年』ビョルン・アンドレセン

『世界で一番美しい少年』
2021年12月17日より全国順次公開
ギャガ
公式サイト

TEXT by Myson

© Mantaray Film AB, Sveriges Television AB, ZDF/ARTE, Jonas Gardell Produktion, 2021

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  2. 映画『ザ・タワー』
  3. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  4. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  5. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP