REVIEW

スペシャルズ!~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『スペシャルズ!~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』ヴァンサン・カッセル/レダ・カテブ

大ヒットを記録した『最強のふたり』の監督、エリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュが今回映画化したのは、問題を抱える子ども達を支援している無認可団体の実話です。ヴァンサン・カッセルが演じるブリュノが赤字経営するのは、自閉症の青少年を支援する団体“正義の声”。そして、レダ・カテブが演じるマリクはドロップアウトした若者達を支援する“寄港”を運営し、彼等が社会復帰できるように教育しています。“寄港”で教育された青年達は、“正義の声”の自閉症の子ども達の介助を行っており、2つの団体は協力して運営していますが、トラブルは絶えません。さらに“正義の声”は無認可の赤字経営で、役人に目を付けられてしまいます。“正義の声”には、他の施設で受け入れられなかった症状の重い子ども達が集まっており、ブリュノは1つトラブルに対処したかと思えば、また呼び出され…という繰り返し。手に負えず困った医療関係者達もブリュノを頼るため、いつも電話が鳴り、結婚相手を探す暇もありません。マリクという良き理解者がいて、ブリュノは助けられているところもありますが、彼等の熱意と努力だけでは、できることに限界があるのも観ていてよくわかります。“正義の声”は無認可ということで、国からの援助も受けられないばかりか、表面的なところばかり問題視されて施設を閉鎖されそうになっており、人を増やしたり、施設を大きくしたりということは簡単にできません。そんな状況下で、どんなに重い症状の自閉症の子ども達も受け入れているわけですから、本当に頭が下がります。そして何度問題を起こしても、子ども達、若者達を見捨てることなく信じて、自分の力で生きていけるように根気よく手伝うブリュノやマリクの姿を観ると、こういう大人が社会に欠かせないと実感します。こんなに身を捧げて人のために尽くしているのに援助を受けられず、逆にリスクを回避して無難な経営をする団体のほうが認可されているという実態も垣間見えるのですが、日本でも同じことが起こっているのかも知れません。こうやって闘う人達が想像以上の苦労を強いられていること、症状が重くて行き場のない自閉症の子ども達がたくさんいることを、本作を通してぜひ知って頂けたらと思います。

デート向き映画判定
映画『スペシャルズ!~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』ヴァンサン・カッセル

恋愛は話題にはのぼりますが、ブリュノがあまりに多忙でそれどころではない状況が描かれています。実際に彼のようにひっきりなしに電話がなり、いつも仕事に追われている人と交際している人にとってはとてもリアルに思える内容で、映画に誘ってもきっと行く暇はなさそうなので、1人で観に行くことになるかも知れませんが、忙しさの裏には、その人の熱意や思いがあり、人には真似のできないことに取り組んでいるのだと知ると、ゆっくり会えないストレスも少し和らぐのではと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『スペシャルズ!~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』レダ・カテブ

自閉症は、人によって主な症状も違えば、障がいの重さにも幅があります。一見他の人と同じように生活しているようでも、困っていることがあるかも知れません。自閉症を含め、発達障害は一昔前よりも知られるようになりましたが、人とのコミュニケーションに困難を抱えるケースが多いので、周囲の人の理解と支援がすごく重要になってきます。自閉症は治らないと思っている人もいるかも知れませんが、苦手なことも練習すればできるようになったり、発達障害は早い段階で気付いてトレーニングをすることで、社会に順応しやすくなると考えられています。自分は関係ないと思わずに、こういった作品を通して、同じ世代の子ども達が頑張っている姿を観て欲しいと思います。

映画『スペシャルズ!~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』ヴァンサン・カッセル/レダ・カテブ

『スペシャルズ!~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』
2020年9月11日より全国順次公開
ギャガ
公式サイト

© 2019 ADNP – TCN CINEMA – GAUMONT – TFI FILMS PRODUCTION – BELGA PRODUCTIONS – QUAD+TEN

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 18組36名様ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 18組36名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム
  2. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  3. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  4. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  5. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP