REVIEW

スペシャルズ!~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『スペシャルズ!~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』ヴァンサン・カッセル/レダ・カテブ

大ヒットを記録した『最強のふたり』の監督、エリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュが今回映画化したのは、問題を抱える子ども達を支援している無認可団体の実話です。ヴァンサン・カッセルが演じるブリュノが赤字経営するのは、自閉症の青少年を支援する団体“正義の声”。そして、レダ・カテブが演じるマリクはドロップアウトした若者達を支援する“寄港”を運営し、彼等が社会復帰できるように教育しています。“寄港”で教育された青年達は、“正義の声”の自閉症の子ども達の介助を行っており、2つの団体は協力して運営していますが、トラブルは絶えません。さらに“正義の声”は無認可の赤字経営で、役人に目を付けられてしまいます。“正義の声”には、他の施設で受け入れられなかった症状の重い子ども達が集まっており、ブリュノは1つトラブルに対処したかと思えば、また呼び出され…という繰り返し。手に負えず困った医療関係者達もブリュノを頼るため、いつも電話が鳴り、結婚相手を探す暇もありません。マリクという良き理解者がいて、ブリュノは助けられているところもありますが、彼等の熱意と努力だけでは、できることに限界があるのも観ていてよくわかります。“正義の声”は無認可ということで、国からの援助も受けられないばかりか、表面的なところばかり問題視されて施設を閉鎖されそうになっており、人を増やしたり、施設を大きくしたりということは簡単にできません。そんな状況下で、どんなに重い症状の自閉症の子ども達も受け入れているわけですから、本当に頭が下がります。そして何度問題を起こしても、子ども達、若者達を見捨てることなく信じて、自分の力で生きていけるように根気よく手伝うブリュノやマリクの姿を観ると、こういう大人が社会に欠かせないと実感します。こんなに身を捧げて人のために尽くしているのに援助を受けられず、逆にリスクを回避して無難な経営をする団体のほうが認可されているという実態も垣間見えるのですが、日本でも同じことが起こっているのかも知れません。こうやって闘う人達が想像以上の苦労を強いられていること、症状が重くて行き場のない自閉症の子ども達がたくさんいることを、本作を通してぜひ知って頂けたらと思います。

デート向き映画判定
映画『スペシャルズ!~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』ヴァンサン・カッセル

恋愛は話題にはのぼりますが、ブリュノがあまりに多忙でそれどころではない状況が描かれています。実際に彼のようにひっきりなしに電話がなり、いつも仕事に追われている人と交際している人にとってはとてもリアルに思える内容で、映画に誘ってもきっと行く暇はなさそうなので、1人で観に行くことになるかも知れませんが、忙しさの裏には、その人の熱意や思いがあり、人には真似のできないことに取り組んでいるのだと知ると、ゆっくり会えないストレスも少し和らぐのではと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『スペシャルズ!~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』レダ・カテブ

自閉症は、人によって主な症状も違えば、障がいの重さにも幅があります。一見他の人と同じように生活しているようでも、困っていることがあるかも知れません。自閉症を含め、発達障害は一昔前よりも知られるようになりましたが、人とのコミュニケーションに困難を抱えるケースが多いので、周囲の人の理解と支援がすごく重要になってきます。自閉症は治らないと思っている人もいるかも知れませんが、苦手なことも練習すればできるようになったり、発達障害は早い段階で気付いてトレーニングをすることで、社会に順応しやすくなると考えられています。自分は関係ないと思わずに、こういった作品を通して、同じ世代の子ども達が頑張っている姿を観て欲しいと思います。

映画『スペシャルズ!~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』ヴァンサン・カッセル/レダ・カテブ

『スペシャルズ!~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』
2020年9月11日より全国順次公開
ギャガ
公式サイト

© 2019 ADNP – TCN CINEMA – GAUMONT – TFI FILMS PRODUCTION – BELGA PRODUCTIONS – QUAD+TEN

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 花束みたいな恋をした

20歳前後、大学生の頃の出会いって独特だなと、本作を観ると改めて感じます…

映画『日本独立』小林薫 小林薫(こばやし かおる)

1951年9月4日、京都府生まれ。1971年から80年までの間、唐十郎主催の状況劇場に…

映画『キル・チーム』ナット・ウルフ キル・チーム

アフガニスタンに赴任していた米軍の兵士達が、現場の状況を偽装して民間人を殺害していた実話を映画化…

映画『青い、森』田中偉登 田中偉登(たなか たけと)

2000年1月24日生まれ、大阪府出身。2012年に『宇宙兄弟』で映画デビュー。以降…

映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン KCIA 南山の部長たち

1979年10月26日、韓国のパク・チョンヒ(朴正煕)大統領は、自らの側近だった中央情報部(通称:KCIA)の部長キム・ジェギュ(金載圭)に殺害…

映画『青い、森』門下秀太郎 門下秀太郎(かどした しゅうたろう)

1998年9月11日、長崎県生まれ。2016年、第3回SonyMusic×smart オーディションで…

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル どん底作家の人生に幸あれ!

本作は、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化…

映画『滑走路』寄川歌太 寄川歌太(よりかわ うた)

2004年3月11日生まれ、大阪府出身。2010年、歌舞伎平成中村座で…

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ 天空の結婚式

2016年にイタリアの下院議会で同性カップルの結婚に準ずる権利を認めるシビル・ユニオン法が…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純
  2. 映画『キル・チーム』ナット・ウルフ
    キル・チーム

  3. 映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン
  4. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  5. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  6. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  7. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  8. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
  9. 映画『キング・オブ・シーヴズ』マイケル・ケイン/ジム・ブロードベント/トム・コートネイ/チャーリー・コックス/ポール・ホワイトハウス/レイ・ウィンストン/マイケル・ガンボン
  10. 映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア
    聖なる犯罪者

PAGE TOP