取材&インタビュー

『窮鼠はチーズの夢を見る』吉田志織さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『窮鼠はチーズの夢を見る』吉田志織さん

優柔不断なモテ男と、彼を熱烈に愛する男性の激しい恋を描いた『窮鼠はチーズの夢を見る』で、キーパーソンとなる岡村たまきという役を演じた吉田志織さんにインタビューをさせて頂きました。複雑な関係のなかでもがくたまきというキャラクター、そして彼等の関係を、吉田さんはどう捉えていたのでしょうか?

<PROFILE>
吉田志織(よしだ しおり):岡村たまき 役
1997年3月21日生まれ、北海道出身。2017年に、テレビドラマ『クズの本懐』で女優デビュー。以降、ドラマ『突然ですが、明日結婚します』『モブサイコ100』『仮面同窓会』『湘南純愛組!』、映画『心が叫びたがってるんだ。』『honey』などに出演。2019年には、映画『チワワちゃん』のチワワ役に抜擢され注目を集めた。映画『窮鼠はチーズの夢を見る』では、岡村たまき役を好演。

※前半は合同インタビュー、後半は独占インタビューです。

自分のものにならないっていう、それが執着なのかも知れません

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』吉田志織

マイソン:
脚本を読んでいた時の印象と比べて、実際に演じてみて新たに発見したことはありますか?

吉田志織さん:
台本を読んだ時よりも、実際に演じてみて思っていた以上にたまきとして精神的に辛かったです。何とも言えない感じで恭一とずっと接していて、表向きは大丈夫と言いつつも、やっぱり求めてしまうので、彼を気遣って何も言えないのは、思ったよりも辛かったです。

マイソン:
恭一と今ヶ瀬の濃厚なラブシーンがあり、たまき以外のキャラクターとの間でもいろいろなことが起きていましたが、本編を観た時の印象はどうでしたか?

吉田志織さん:
私はラブシーンも含めて、本当に美しいなって思いました。私は人間同士が真剣な恋をして、相手を思う気持ち、思われる気持ちが、本当に繊細にリアルに描かれているなって感じました。映画が始まってからずっと引き込まれていって、台詞がすごく心にきました。心底惚れるとその人だけが例外になっちゃうとか、本当に節々に皆がハッとさせられるような台詞があって、そういうのを映像で観られるので、より一層入り込めるなと思いました。ラブシーンも美しくて、でも苦しいって思いながら観ていました。

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大倉忠義/成田凌

マイソン:
本編を観る時は、誰に1番感情移入しましたか?

吉田志織さん:
たまきがメインで今ヶ瀬の気持ちもわかるかなって。

マイソン:
いろいろな視点で観られそうですね。

吉田志織さん:
そうですね。

記者A:
今ヶ瀬のメンタルってある意味すごいじゃないですか。あの執着って女性の吉田さんから見て、どう感じましたか?

吉田志織さん:
心底惚れているってことじゃないですか。心底惚れているっていうのは一人ひとりの基準になってしまうけど、自分のものにならないっていう、それが執着なのかも知れません。狩猟本能というか、獲物を仕留めていないから、気持ちもあるのかなって。仕留めたらそれはそれで良いのかも知れないけど、もしかしたら意外と今ヶ瀬のほうから飽きちゃうのかなとも思います。実ってもあのままなのかわかりませんが、執着の他にも何かあるのかなって思います。

記者A:
個人的な恋愛観としてはどうですか?

吉田志織さん:
私は諦めます。友達とかに「もう無理だわ!」って言って、本当に好きだったら泣いてすっきりして終わらせます。

記者A:
今回女優として1つ得られたものがあるとしたら、どんなことですか?

吉田志織さん:
ずっとカメラを意識して今までいっぱいいっぱいで、経験がなくて自分の中でできていなかったことを教わったり、良い刺激を受けて、今までよりも少し自分の気持ちに余裕が出たと思います。すごく考えることも多くて、たぶん今までで1番大変だったと思うんですけど、どこかで客観的に見ることができている自分がいたり。そういうことが今まで本当に小さかったというか、そこの幅が大きくなった気がします。

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』吉田志織さん

物心が付いた時に初めて観た映画は今も…

マイソン:
芸能界は端から見るとすごく刺激的な世界だなって思うのですが、入ってみて1番驚いたことはありますか?

吉田志織さん:
北海道にいる時は本当にキラキラして見えていて、町を歩いていて「キャー」って言われるのとかすごいなって思っていたけど、現実にこうして入ってみると、プライベートがないっていうのは実際すごく大変だろうなって思います。そういうテンションの差はビックリしました。

マイソン:
キラキラしているけど、実際はめちゃめちゃ大変なんだなって。

吉田志織さん:
はい。本当に皆さん影なる努力をしていてそこに立っているんだなって思いました。

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大倉忠義

マイソン:
俳優さんのお仕事をやっていて、演技がおもしろいと思ったきっかけはありますか?

吉田志織さん:
作品毎に思います。何回も撮って、自分の中でもがいてもがいて「じゃあ、どうすれば良いんだろう」ってことを考えて、やっとOKをいただいて、監督が「今の良かったよ」と言ってくださった時にやっぱり楽しいなって思います。あとは誰かとぶつかり合ってお芝居をする時はすごく楽しいなって思います。

マイソン:
日常で思わずこういうところに目が行くとか、例えば映画を観客として観ていて、こういうところをすごく観てしまうということはありますか?

吉田志織さん:
表情ですね、目とか。洋画は字幕と役者さんの表情を同時に追うのが大変で、だったら吹き替えで観たら良いじゃんって。話がズレちゃいましたが、1番表情を観ています(笑)。

マイソン:
確かに字幕で観る時は忙しいですよね(笑)。観る映画を選ぶ時はどう選んでますか?

吉田志織さん:
パッケージとかポスターを調べて、「なんかおもしろそう」っていう直感で選んでいます。あと「この監督の作品が好きだな」って、いろいろ観たり、もちろんその時の気分で選ぶ時もあって、「今日は重いのが観たい」ってなったらそれを観たりもします。

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』成田凌

マイソン:
1番影響を受けた作品というか、印象に残っている作品はありますか?

吉田志織さん:
私は小さい時から『タイタニック』が大好きで、それが女優さんを目指すきっかけになったというか、この中に入りたいと思ったのがきっかけです。キャラクターもストーリーも音楽もすごく好きなんです。私は音楽が好きなので、映画と音楽の好みがバンと合っていると余計に「好き!!」ってなっちゃうんです。だから『タイタニック』は本当に好きです。物心が付いた時に初めて観たのが『タイタニック』だったからというのも絶対にあると思います。「この2人はすごく愛し合っているんだ」とか、「この人が好きなんだ、この人と結ばれたいんだ」とか、幼いながらにズーンと来て、その衝撃がずっとあるんだと思います。

マイソン:
大人になってからまた観たりしますか?

吉田志織さん:
観ます。やっぱり観ちゃうんですよね。

マイソン:
大人になってから観て、子どもの時にはわからなかった発見などはありましたか?

吉田志織さん:
私の中で『タイタニック』は一緒かも知れません。ピュアなまま観られて、嫌味なものがない感じが好きなんです。

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』吉田志織さん

マイソン:
じゃあ初心じゃないですけど、原点に返るような感じですか?

吉田志織さん:
はい。今も観たいなと思ったら、家でストレッチをする時とかでも観ます。

マイソン:
じゃあずっとお供の映画ですね!ありがとうございました。

2020年8月13日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大倉忠義/成田凌

『窮鼠はチーズの夢を見る』
2020年9月11日より全国公開
監督:行定勲
出演:大倉忠義/成田凌/吉田志織/さとうほなみ/咲妃みゆ/小原徳子
配給:ファントム・フィルム

学生時代から「自分を好きになってくれる女性」と受け身の恋愛ばかりを繰り返してきた、大伴恭一は、ある日、大学の後輩・今ヶ瀬渉と7年ぶりに再会。「昔からずっと好きだった」と突然想いを告げられる。ただひたすらにまっすぐな今ヶ瀬に、恭一も少しずつ心を開いていくが…。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

©水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『新解釈・三國志』大泉洋 新解釈・三國志

福田雄一監督が「三國志」を映画化するとのことで…

映画『詩人の恋』チョン・ガラム チョン・ガラム

1993年2月23日生まれ。大韓民国、密陽市出身。俳優を志し、漢陽大学校演劇映画科で演技を学ぶ。2016年に…

映画『滑走路』浅香航大/吉村界人 あなただけのキャリア5:意識的?無意識的?あなたの職業選択

学生の皆さんの中には早くから就職活動を始めている人、ギリギリになって始める人、いろいろ…

映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』タハール・ラヒム/ゾーイ・カザン ニューヨーク 親切なロシア料理店

2人の息子を連れて家を出たクララ(ゾーイ・カザン)、仕事に忙殺されて自分の人生について考える暇もない看護師のアリス…

映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』ジョン・キャロル・リンチ ジョン・キャロル・リンチ

1963年8月1日アメリカ、コロラド州生まれ。妻で女優のブレンダ・ウィールとニューヨークで暮らす。ミネソタ州ミネアポリスの…

映画『100日間のシンプルライフ』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/マティアス・シュヴァイクホファー 100日間のシンプルライフ

モノが溢れている生活から一変、モノが0の状態からスタートして…

映画『詩人の恋』ヤン・イクチュン ヤン・イクチュン

1975年10月19日生まれ。大韓民国ソウル特別市出身。商業高校を卒業し…

映画『チャンシルさんには福が多いね』カン・マルグム 『チャンシルさんには福が多いね』 5組10名様 女性限定試写会ご招待

映画『チャンシルさんには福が多いね』 5組10名様 女性限定試写会ご招待

映画『サイレント・トーキョー』佐藤浩市/石田ゆり子/西島秀俊 サイレント・トーキョー

“クリスマス、東京”というキーワードだけ聞くと、キラキラしたラブストーリーを想像してしまいますが…

映画『ミセス・ノイズィ』天野千尋監督インタビュー 『ミセス・ノイズィ』天野千尋監督インタビュー

壮絶なご近所バトルから始まる人間ドラマ『ミセス・ノイズィ』を撮った天野千尋監督にインタビューをさせていただきました。1度会社員になってから、映画監督の道へ進んだ天野監督は、どんな経緯を辿ったのかなど、聞いてみました。

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 信じる力と挑戦する勇気をくれる『映画 えんとつ町のプペル』を全力で応援しよう部活参加者募集!

コロナ禍が続く状況が映画界にとっても試練となっていますが、そんななか劇場公開に踏み切った本作の挑戦を、ぜひ映画好きの皆さんに応援していただきたく、この度部活を企画しました。

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『新解釈・三國志』大泉洋
  2. 映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』タハール・ラヒム/ゾーイ・カザン
  3. 映画『100日間のシンプルライフ』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/マティアス・シュヴァイクホファー
  4. 映画『サイレント・トーキョー』佐藤浩市/石田ゆり子/西島秀俊
  5. 映画『魔女がいっぱい』アン・ハサウェイ
  6. 映画『ノッティングヒルの洋菓子店』セリア・イムリー/シャノン・ターベット/シェリー・コン
  7. 映画『燃ゆる女の肖像』アデル・エネル
  8. 映画『アンダードッグ』森山未來/北村匠海/勝地涼
  9. 映画『ミセス・ノイズィ』篠原ゆき子
  10. 映画『バクラウ 地図から消された村』ソニア・ブラガ
PAGE TOP