REVIEW

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』シアーシャ・ローナン/ティモシー・シャラメ

これは期待通り、個人的に大好物なやつでした!グレタ・ガーウィグ監督×シアーシャ・ローナンというコンビを聞いただけでも、映画好き女子なら観ずにいられないと思いますが、そこにひっかからなくても、女子の皆さんの多くはストーリーにとても共感されると思います。原作は、世界中で愛されるベストセラー、ルイーザ・メイ・オルコットの「若草物語」。原作を読んだことがある人なら、本作を観ていくうちに「そうそう、こういうストーリーだった」と思い出すと同時に、原作の舞台が19世紀であるにも関わらず、国や時代の違いを問わず、現代の女性達の生き方に多くの繋がりを見出すでしょう。この物語に登場する四姉妹は、それぞれに生き方、価値観が違いますが、時代が変わっても女性達は同じことで悩みながら前に進んでいるのだなと、誰かしらに必ず共感できるはず。4人の中で1番現代的なのは、誰から何を言われようと、迎合することなく、自分の叶えたい夢に向かって進み、独自の価値観で生きることを貫く次女のジョー。まだまだ女性の生き方に選択肢がない時代で、奮闘する彼女の姿からは大きな勇気をもらえます。そして、エマ・ワトソンが演じる長女のメグは家柄よりも愛を選び、フローレンス・ピューが演じる四女のエイミーは一見器用な生き方をしているようでいて葛藤を抱えています。三女のベスは姉や妹達を優しく見守り、1番控えめですが、大きな試練と静かに向き合っているからこそ、人一倍大人なのだなとわかります。彼女達にはそれぞれに強さがあって、どの生き方も輝いて見えますが、女性が自分とは違う女性を理解する上でもとても優れたストーリーだなと改めて感じました。本作を観た上で原作と比べてみると、グレタ・ガーウィグ監督の味付け具合もわかりそうなので、本と原作の両方を楽しむのもアリですね。俳優陣も本当に豪華で、シアーシャ・ローナン、エマ・ワトソン、フローレンス・ピューほか、姉妹の母親をローラ・ダーン、叔母をメリル・ストリープが演じていて、共演も見ものです。そして、ティモシー・シャラメが演じる、姉妹と幼馴染みのローリーが何ともセクシーで、惚れずにはいられませんよ(笑)。四姉妹の生き方を通して、映画の中でいろいろな人生を体感できる本作。女子必見の秀作です!

デート向き映画判定
映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』シアーシャ・ローナン/ティモシー・シャラメ

四姉妹のさまざまな恋愛模様が描かれているので、何かしら共感できる点はあると思いますが、どちらかというと恋愛の難しさのほうが印象的です。ロマンチックなシーンはもちろんありますが、過去の恋愛経験などが頭を巡り、デートで観ていても、自分の世界に入り込んでしまう可能性は否めません。今までで1番好きな人とのデートで観るならばオーケーですが、心に少しでもまだ引きずっている恋の火種がある人は、1人でじっくり観るか、仲の良い友達と観ることをオススメします。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』シアーシャ・ローナン/フローレンス・ピュー/エリザ・スカンレン/エマ・ワトソン

キッズやティーンの皆さんも「若草物語」という小説は名前だけでも聞いたことがあるのではないでしょうか。時代を経ても色褪せないこのストーリーを、“今を生きる”女性監督が描いている点で、メッセージ性をより強く感じさせられる映画になっていて、原作を知っていても知らなくても本作を観れば、この物語を好きになるはず。四姉妹の物語なので女子の皆さんのほうが共感ポイントは多いと思いますが、ちょうど「女の子ってわからない」と思い始めている思春期の男子の皆さんにも、女子という生態を理解する手助けになるでしょう(笑)。どんな生き方でも、自分らしく生きる尊さを教えてくれるストーリーなので、勇気をもらえますよ。

映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』シアーシャ・ローナン/ティモシー・シャラメ/エリザ・スカンレン/エマ・ワトソン

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
2020年6月12日より全国順次公開
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』メルヴィル・プポー グレース・オブ・ゴッド 告発の時

フランスで長年に渡り、児童に対して性的虐待を行っていたプレナ神父に対する告発を巡る実話をフランソワ・オゾンが映画化。被害者達は当時…

映画『悪人伝』キム・ソンギュ キム・ソンギュ

1986年1⽉6⽇、韓国⽣まれ。2014年に『技術者たち』でスクリーンデビュー。 2017年、マ・ドンソクと共演した『犯罪都市』で…

映画『ドンテンタウン』佐藤玲さん、笠松将さん、井上康平監督インタビュー 『ドンテンタウン』佐藤玲さん、笠松将さん、井上康平監督インタビュー

『ドンテンタウン』で監督、主演を務めた同い年の皆さんにお話を伺いました。映画にちなんで、モノ作りに携わる皆さんが大切にしていることや、思い出に残る映画など、和気あいあいといろいろお話頂きました。

映画『ぶあいそうな手紙』ホルヘ・ボラーニ/ガブリエラ・ポエステル ぶあいそうな手紙

本作は、78歳で1人暮らしをするエルネストと、23歳で自由に暮らすビアという大きな年の差がある2人が、ある手紙の代読をきっかけに出会い、お互いに影響し合うことで少しずつ変化する様子が描かれた物語となっています。一見老人と若者の組み合わせは珍しく感じますが…

映画『悪人伝』キム・ムヨル キム・ムヨル

1982年5⽉22⽇、韓国⽣まれ。学⽣時代から演劇を学び、舞台やテレビ、映画と幅広く活動。映画では、2012年『ウンギョ ⻘い蜜』で嫉妬深い⻘年詩⼈役を演じ、2017年『代⽴軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン』では…

映画『今日から俺は!!劇場版』賀来賢人/伊藤健太郎/清野菜名/橋本環奈/仲野太賀/矢本悠馬/若月佑美/柳楽優弥/山本舞香/泉澤祐希/栄信/柾木玲弥/シソンヌ(じろう・長谷川忍)/猪塚健太/愛原実花/鈴木伸之/磯村勇斗/ムロツヨシ/瀬奈じゅん/佐藤二朗/吉田鋼太郎 今日から俺は!!劇場版

ドラマ版を観ていた人がお馴染みの展開やノリを楽しめるのはもちろん、ドラマ版は観ていなくても福田雄一監督作が好きな人にとって…

映画『アングスト/不安』アーウィン・レダー アーウィン・レダー

1951年7月30日オーストリア生まれ。音楽と医学について学んでいたが、ウィーンの演劇学校に入学し役者としての道を選ぶ。TV映画などに出演した後…

映画『サムライマラソン』中川大志 中川大志(なかがわ たいし)

1998年6月14日、東京都生まれ。2009年にNHK BS-hiで放送された『わたしが子どもだったころ』の再現VTRで俳優デビュー。その後2010年に…

映画『ぶあいそうな手紙』アナ・ルイーザ・アゼヴェード監督 『ぶあいそうな手紙』アナ・ルイーザ・アゼヴェード監督インタビュー

手紙の代読をきっかけに、老人と若者の心の触れ合いと変化を描いた映画『ぶあいそうな手紙』。今回は、本作で監督と脚本を務めたアナ・ルイーザ・アゼヴェードさんにリモート取材をさせて頂きました。大きな年齢差のある登場人物のキャラクター設定や、理想の老後、さらに手紙の良さについて伺いました。

映画『ステップ』山田孝之/白鳥玉季 ステップ

女性だと娘目線で観られるからこそ、シングルファザーの大変さが伝わってきます。母親でも子育てはすごく大変というのは…

おすすめ記事

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『ルーム』ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ ここが手掛ける映画は間違いない!映画好き女子が選んだ【A24】ランキング

皆さんは“A24”というスタジオをご存知でしょうか?「あれもこれもここが手掛けたの!」と驚くほど、…

REVIEW

  1. 映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』メルヴィル・プポー
  2. 映画『ぶあいそうな手紙』ホルヘ・ボラーニ/ガブリエラ・ポエステル
  3. 映画『今日から俺は!!劇場版』賀来賢人/伊藤健太郎/清野菜名/橋本環奈/仲野太賀/矢本悠馬/若月佑美/柳楽優弥/山本舞香/泉澤祐希/栄信/柾木玲弥/シソンヌ(じろう・長谷川忍)/猪塚健太/愛原実花/鈴木伸之/磯村勇斗/ムロツヨシ/瀬奈じゅん/佐藤二朗/吉田鋼太郎
  4. 映画『ステップ』山田孝之/白鳥玉季
    ステップ

  5. 映画『グッド・ワイフ』イルセ・サラス
  6. 映画『ドンテンタウン』佐藤玲/笠松将
  7. 映画『リトル・ジョー』エミリー・ビーチャム
  8. 映画『悪人伝』マ・ドンソク
    悪人伝

  9. Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』荒川良々
  10. 映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』ペルニラ・アウグスト

部活・イベント

  1. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  4. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  5. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
PAGE TOP