REVIEW

The Son/息子【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『The Son/息子』ヒュー・ジャックマン/ローラ・ダーン/ゼン・マクグラス

初監督作『ファーザー』で見事アカデミー賞脚色賞を受賞したフロリアン・ゼレール監督が、自身の戯曲を原作に本作を制作。本作で描かれるストーリーは、家族3部作の第2部だそうです。主演、製作総指揮をヒュー・ジャックマンが務め、アンソニー・ホプキンス、ローラ・ダーン、ヴァネッサ・カービーといった実力派が脇を固めています。ヒュー・ジャックマンが演じるピーターは、再婚した妻のベス(ヴァネッサ・カービー)との間に息子をもうけ、満たされた生活を送っています。そこへ前妻のケイトが突然尋ねてきます。ピーターとケイトとの間には17歳の息子ニコラス(ゼン・マクグラス)がいて、ケイトはニコラスがしばらく学校をサボっていることをピーターに相談します。ニコラスは自分ではどうにもできない不安を漠然と抱えていて、ピーターとケイトは何とか救おうとしますが、事態は思わぬ方向へと向かっていきます。
本作では、青少年が抱える心の問題とともに、家族がどう向き合うかを描いています。10代の子どもがいいようのない不安に押し潰されそうになるなかで、親はどうすべきなのか。子どもを愛するがゆえの行動であっても、それが正しいかどうかは誰にもわかりません。そして、そこには子どもへの愛情とともに親自身が抱えてきたもの、固執しているものが絡んでいることがよくわかります。親であることは素晴らしいことであると同時に、こんなにも難しいことなのだなと実感します。
映画公式サイトに、フロリアン・ゼレール監督の言葉がこう綴られています。「心の問題には必ずといっていいほど、恥、罪悪感、無知が伴う。しかし、そのような感情やレッテルは、重要な会話の妨げとなってしまう。この映画が、心の病に関する様々な対話のきっかけとなることを期待する」と。このレビューを書いている2023年3月15日、偶然見かけたウェブニュースに、2022年の小中高生の自殺者数が514人で過去最多であったというニュースが飛び込んできました。本作の最後にも10代の自殺が深刻な問題であることが記されています。大人は子ども達の未来ばかりを思いやるのではなく、今の彼等をしっかりと見つめて耳を傾けなければいけないと感じます。簡単ではありませんが、大人自身がまず自分自身の姿も客観的に観る必要があることにも気付かされます。本作はエンタテインメントとしての役割を越えて、大切なメッセージを届ける存在であると思います。

デート向き映画判定
映画『The Son/息子』ヒュー・ジャックマン/ゼン・マクグラス

重くて深刻なテーマを描いているので、いわゆるデートムービーではありませんが、大切なことが描かれています。本作は親子関係を軸として描かれていますが、これはパートナーとの関係においても重要なことです。一方が心に病を抱えた時にどう支えれば良いのかというのはとても難しい問題です。何か起きない限り、こういう話題は出てこないと思いますが、映画を機に話してみるとお互いの人生観も一層理解できるかもしれないですね。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『The Son/息子』ローラ・ダーン/ゼン・マクグラス

ニコラスと同じか近い世代の皆さんにとっては、複雑な思いが強く残る作品だと思います。重い内容なので、心が元気な時に観てください。もしも皆さんがニコラスと同じように何か苦しんでいても、大人は我が子は大丈夫、我が家は大丈夫と思って、やり過ごしてしまうことがあるかもしれません。親なんだから子どものことはよくわかっていると思い込んでいる可能性もあります。心の声が届いてないなと思ったら、本作を一緒に観て話すきっかけにしてはどうでしょうか。

映画『The Son/息子』ヒュー・ジャックマン/ゼン・マクグラス

『The Son/息子』
2023年3月17日より全国公開
キノフィルムズ
公式サイト

© THE SON FILMS LIMITED AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2022 ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP