REVIEW

ドクター・ドリトル

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ドクター・ドリトル』ロバート・ダウニーJr.

1998年の作品でエディ・マーフィ主演の『ドクター・ドリトル』のイメージが未だに強くありましたが、本作を観て「あれ?こんなテンションだったっけ?」と思うくらい、違ったトーンが印象的です。そりゃそれぞれ主演俳優が醸し出す世界観が違うので、当然と言えば当然なのですが…。とにかく、ドクター・ドリトルは、心に病を抱える動物達を診ていて、動物と話せるという設定は同じものの、今作のドクター・ドリトルは悲壮感が一層漂っていて、ロバート・ダウニーJr.が主演だからこその味が出ています。そして、旅を通して、動物とドリトルが自分の心の問題を克服していくアドベンチャーとして、そのスケールの大きさも魅力となっています。さらに主演のロバート・ダウニーJr.を始めとして、アントニオ・バンデラス、マイケル・シーン、ジム・ブロードベントという名優が揃っているのに加え、動物の声を、エマ・トンプソン、ラミ・マレック、トム・ホランド、オクタヴィア・スペンサー、マリオン・コティヤール、セレーナ・ゴメス、レイフ・ファインズといった蒼々たるメンバーが務めている点も要注目。事前にどの動物の声を誰が担当しているか確認した上で観ると良いでしょう。心に病を抱えているのは動物で、彼等をかわいらしく描いているので重々しくなっていないのも本作の良い点ですが、ここに出てくる動物には人間が抱えている問題が投影されているとも言えて、ただの動物映画ではなく、とても身近なストーリーとして観ることもできます。ファミリー映画ではありますが、大人も充分に楽しめる作品です。

デート向き映画判定
映画『ドクター・ドリトル』ロバート・ダウニーJr.

とても悲しい出来事があってから立ち直れない人が、それでも前を向くきっかけとなるのは、どんなことでしょうか。本作のドクター・ドリトルも大きな苦難を抱えて引きこもってしまいますが、あることがきっかけで現状を打破する努力をすることになります。そして、心にさまざまな問題を抱えた動物達も、それぞれに自分との闘いに挑みます。普通なら重くなるストーリーですが、それを明るく愛らしく描いた本作は、鬱々とした気持ちを少し前向きにさせてくれるかも知れません。気分転換にデートで観るのもアリではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ドクター・ドリトル』ロバート・ダウニーJr.

いろんな動物が登場して、しかもしゃべるので、その様子を観るだけでもキッズは楽しく観られると思います。ティーンはもっと深いテーマに気付いて観ることができると思うので、年齢に合った観方が自然にできるでしょう。動物達はかわいいだけではなく、それぞれに抱えた試練と向き合うので、ドラマチックな展開も見どころです。誰にでも悩み事はありますが「自分も頑張ってみよう!」「自分にもできるかも!」と勇気をもらえるはずなので、ぜひキッズやティーンの皆さんに観て欲しいです。

映画『ドクター・ドリトル』ロバート・ダウニーJr.

『ドクター・ドリトル』
2020年6月19日より全国公開
東宝東和
公式サイト

© 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ 『ネクスト・ゴール・ウィンズ』オリジナルトートバッグ 2名様プレゼント

映画『ウィッシュ』ポストイットパッド&ステッカーシート 3名様プレゼント

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』二階堂ふみ 二階堂ふみ【プロフィールと出演作一覧】

1994年9月21日生まれ。沖縄県出身。役所広司初監督作『ガマの油』(2009)のヒロイン役で…

映画『落下の解剖学』ザンドラ・ヒュラー/ミロ・マシャド・グラネール 落下の解剖学【レビュー】

雪山の山荘で暮らす家族に、ある日突然悲劇が起きます。目が不自由な息子ダニエルは…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  2. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  3. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  4. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮
  5. 映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム

PRESENT

  1. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  2. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
  3. 映画『パリ・ブレスト 〜夢をかなえたスイーツ〜』リアド・ベライシュ
PAGE TOP