REVIEW

ドライブ・マイ・カー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ドライブ・マイ・カー』西島秀俊/三浦透子

「女のいない男たち」(文藝春秋2013年12月号-14年3月号に連載)と題された村上春樹の短編小説を原案として描かれている本作は、第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にて日本映画として初となる脚本賞を受賞し、国際映画批評家連盟賞、AFCAE賞、エキュメニカル審査員賞を含め、4冠を達成しました。
これは妻を突然失った男性の物語で、愛する者との関係の陰と陽を描いているとも言えます。主人公の家福悠介(西島秀俊)と妻の音(霧島れいか)はとても愛し合っているように見えるのですが、物語が進むにつれて、いびつにも見える関係が浮き彫りにされていきます。観る側はそのギャップに打ちのめされながらも、家福が妻を亡くした後、妻との関係にどう折り合いを付けていくのか、物語から目が離せなくなります。また、性描写が重要な役割を果たすストーリーとなっていて、人間にとって性的な繋がりが意味するものを問いかけてきます。それは、ある価値観を押しつけるものではなく、いろいろな視点をもたらすもので、ストーリーに込められた人間への深い洞察を実感します。
そして、タイトルが『ドライブ・マイ・カー』ということで、家福の運転手を務めることになったみさき(三浦透子)がキーパーソンになるであろうことまでは想像がつくのですが、みさきもすごくミステリアスに描かれていて、観る側の想像を掻き立てます。途中までは胸が締め付けられるような気持ちになりますが、ラストで心が救われるというか、一つの答えを与えてくれて、現実から目をそらすのではなく向き合うことで、見えていなかったことに気付けるということ、その気付きが得られれば前に進めるのだという希望をもらえます。濱口竜介監督の演出と脚本の力、西島秀俊、三浦透子、岡田将生、霧島れいかといったキャストの演技力を存分に感じられる作品となっています。映画史に残る作品だと思うので、ぜひご覧ください。

デート向き映画判定
映画『ドライブ・マイ・カー』西島秀俊/霧島れいか

複雑な心境になる展開と性描写も入っているので、カップルで観るのは少々気まずいでしょう。ベテランカップルはいろいろなことを乗り越えてきていると思うので、共感するポイントは多いと思います。ただ、2人で一緒に観て語り合うというよりは、それぞれで観て視野を広げる、新たな物事の見方、解釈を得るというスタンスが良いのではないでしょうか。なので、誰かと一緒に観るなら仲の良い友達が良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ドライブ・マイ・カー』西島秀俊/三浦透子

大人向けの作品で、上映時間も179分なので、大きくなって集中力がつき、いろいろな経験をしてから観るほうが堪能できると思います。人間関係についていろいろと学べるストーリーではありますが、特に恋愛関係については、まだ恋愛経験がないティーンや恋愛経験が浅いティーンが観た場合にどんな影響を受けるのか予想がつきません(苦笑)。ある程度、恋愛経験を積んでから観たほうがキャラクター達の複雑な心情をリアルに感じて、共感できると思います。

映画『ドライブ・マイ・カー』西島秀俊/三浦透子/霧島れいか/岡田将生

『ドライブ・マイ・カー』
2021年8月20日より全国公開
PG-12
ビターズ・エンド
公式サイト

© 2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  2. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  3. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  4. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  5. 映画『ザ・タワー』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP