REVIEW

燕 Yan

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『燕 Yan』水間ロン/山中崇

本作は、日本と台湾を舞台に、離ればなれになった家族が、それぞれ苦しみを抱えながら再会し、少しずつ成長していく姿を描いています。監督は、『ユリゴコロ』『新聞記者』『サヨナラまでの30分』などの作品で撮影監督を務めてきた今村圭佑で、本作が初監督作品となっています。全体的に柔らかいタッチの映像が美しく、台湾の雰囲気にも合っていて、主演の水閒ロンをはじめとしたキャストもその世界観に溶け込んでいて、すごく幻想的な作品です。 本作の主人公は台湾人の母と日本人の父を持ち、台湾生まれ日本育ちという背景があるのですが、幼少の頃は名前や、台湾人のお母さんに持たされるお弁当の中身のことなどを友達に指摘されて、「どうして皆と同じじゃないんだろう」と、居心地の悪さを感じています。2つの国の文化を持っていることは、客観的に見るとすごく素敵なことだと感じるのですが、主人公にとってはいろいろな葛藤があり、“自分は何人(なにじん)なのか”という問いを抱えながら生きていて、観ていて切ない気持ちになる場面もありました。物語としては、大人になった彼が、あることをきっかけに台湾にいる兄に会いに行き…という点に焦点が当てられているので、彼が家族に対してどんな感情を抱いているのか、また、彼自身のアイデンティティがどうなっているのかなどに注目しながら観て欲しいと思います。
アート系の作品ではありますが、ストーリー自体がしっかりしているので、展開に置いていかれることもなく、かなり観やすかったです。観賞後の余韻も心地良いので、ゆったりしたい気分の時に観るのも良いと思います。

デート向き映画判定
映画『燕 Yan』水間ロン

物語自体に恋愛要素はありませんが、アイデンティティを問う物語なので、デートで一緒に観て、観賞後はこれを機にお互いの家族や幼少期の話など、よりパーソナルな部分について話し合うこともできそうです。もし相手やご自身が主人公と同じように多国籍な家庭で育ったなら、本作の主人公についてどう思ったのか、自分の場合はどうなのかなど、これを機に聞いてみるor話してみるのも良いと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『燕 Yan』山中崇

台湾の美しい風景と共にゆったりと物語が進んでいくので、キッズが集中して観るのはちょっと難しいかも知れませんが、ティーンの方々にはぜひ観て欲しいです。国際化が進むに連れ、主人公と同じように両親の国籍が違ったり、海外育ちだったり、外国人だったりと、いろいろな人が皆さんの周りにいると思います。本作では多文化のアイデンティティを持つ主人公の葛藤が描かれていますが、そんな彼の姿を観て、もし主人公の立場だったら、また、友達だったらどう接するのかなど考えて欲しいと思います。将来的には、もはや誰が何人とか、どこ出身なのかなどが関係ない世の中になったら良いですよね。そのためにもまずは相手を知るということを本作で学びましょう。

映画『燕 Yan』水間ロン/山中崇

『燕 Yan』
2020年6月5日より全国順次公開
公式サイト

©2019「燕 Yan」製作委員会

TEXT by Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  3. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  4. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  5. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP