取材&インタビュー

『フェアウェル』ルル・ワン監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『フェアウェル』ルル・ワン監督インタビュー

全米で公開時はわずか4館だったのが、口コミで上映館数がスピード拡大し、3週目にはTOP10入りを果たした本作。そんな本作で監督、脚本を務め、自身の家族に起こった出来事を綴ったルル・ワン監督にスカイプインタビューをさせて頂きました。監督のお話から、アメリカに住む移民の方々のリアルな姿が想像できました。

<PROFILE>
ルル・ワン:監督
1983年2月25日中国北京生まれ。アメリカのマイアミで育ち、ボストンで教育を受けた。クラシック音楽のピアニストから映画監督に転身し、短編ドキュメンタリーと短編映画を監督した後、“Posthumous(原題)”(2014)で長編映画監督デビュー。2014年のインディペンデント・スピリット賞において、チャズ&ロジャー・イーバート・ディレクティング・フェローシップを受賞。また、2014年のフィルム・インディペンデント・プロジェクトの監督フェローに選ばれ、2017年のサンダンス・インスティチュートが選ぶ長編2作目の監督を支援するプログラム“フィルム・トゥー・イニシアティヴ”に招待された。長編監督2作目となる『フェアウェル』は、2019年のサンダンス映画祭ドラマコンペティション部門でプレミア上映され、数々の賞を受賞。また、バラエティ誌の“2019年に注目すべき監督10人”のひとりに選ばれるなど、今最も期待されている監督である。

多文化の中で育った監督にとって1番の贈り物は…

映画『フェアウェル』オークワフィナ/チャオ・シュウチェン

マイソン:
劇中のビリーの様子から、アメリカに住む移民は、アメリカにいる時は外国人、母国に帰ればアメリカ人として見られるのだなと思いました。監督はアメリカで育ったそうですが、アイデンティティを形成していく上で苦労したことはありますか?

ルル・ワン監督:
映画の中で描かれていることとかなり似ています。それにまだ自分のアイデンティティ形成の模索は続いています。自分自身はアメリカ人だなという感覚はあるのですが、同時にルックスは中国人だしなと思っていて、例えば中国に行ってルックスは他の方と似ていても、やはり上手くそこに属している感じはしないんです。アメリカ人としての自分のアイデンティティに対しても結構葛藤がありました。でもこの映画を作ったことで、アメリカ人としてのアイデンティティというものを抱きしめる、受け入れることがよりできたと思っています。あとアメリカには、いろいろな移民のコミュニティがあります。結局アメリカという国は移民からできている国で、誰もアメリカというところからは来ていないわけです。だからこそ、こういった映画が作られていかなければならないし、アメリカの物語の中でいろいろなアイデンティティが描かれなければならないと思います。

マイソン:
では、2つの国に通じているからこそ、今回の映画を作る上で良かった点はありますか?

映画『フェアウェル』オークワフィナ/チャオ・シュウチェン/ツィ・マー

ルル・ワン監督:
やはり2つの文化で育ったことで、物の見方を与えられたと思います。言い換えれば、いろいろな側面から物事を見ることができる能力と言えるかも知れません。ソ連時代に父が中国の外交官をしていて、中国語、マンダリン、英語、ロシア語を話していたので、子どもの頃からわりとグローバルな家庭でした。いろいろな考え方や物の見方があるんだということを意識する家で育ったので、そういった意味で世界市民の一員であるということは、いろいろな視点を持てるかどうかということに繋がっていると思います。いろいろな物の見方、いろいろな角度から見ることができれば、それはすごく共感力や思いやりに繋がっていくと思うんです。例えば、一方から見たら見えないことも、逆の立場から見た時に違ったものが見えてくるし、その状況の中で誰も共感することができなかった人に対して、こっちから見れば「なるほど!」って共感力を持つことができたりすると思います。そういう物語を私は描いていきたいし、多文化の中で育った1番の贈り物は、こういういろいろな見方ができるということなんです。

マイソン:
ニューヨークに住んでいようが中国本土に住んでいようが中国人の国民性みたいなのがあるのかなと思ったんですが、監督が中国人のここが好きっていう特性はありますか?

ルル・ワン監督:
中国の方をたくさん知らないので、家族に限って言えばですが、皆ユーモアがあります。中国人が全員そうだっていうわけじゃないんですが、私の知っている中国の方は生き生きとしていて、食が大好きで、うちの家族はジョークが好きで、鋭いウィットを持っています。

映画『フェアウェル』オークワフィナ

マイソン:
本作はすごく反響を受けていますが、ご自身が想像していたのとは違う観客の反応や、印象に残っている感想はありますか?

ルル・ワン監督:
驚いたのは多くの方がこの作品を観てくれたことです。メールなどのリアクションで、イリノイ州に住む白人の男性から「(ナイナイは)僕のおばあちゃんと瓜二つです」みたいな反応があったり、ブラジルの方から「アジア人じゃないし、アジアには行ったことがないけど、家に戻ると全く同じだ」という感想をもらったり、いろいろな方からすごく美しいメッセージ、リアクションを頂きました。私のおばあちゃんを見ながら、皆さんのおばあちゃんや家族のことも考えてくれて、あるいは涙して、「おばあちゃんも大丈夫かな」と、自分のおばあちゃんのことのように考えて観てくださるということがすごく感動するし、私達が思っている以上に人間は似ているんだなと思いました。

マイソン:
では最後の質問です。映画を作りたいと思ったきっかけとなった、または影響を与えてもらった監督や映画があれば教えてください。

映画『フェアウェル』ルル・ワン監督インタビュー

ルル・ワン監督:
自分が映画を作れるかも知れないと思わせてくれたのが、ジェームズ・スペイダーとマギー・ギレンホールが出ている『セクレタリー』という作品です。監督は男性ですが、脚本家が女性で、女性の視点から描かれています。ちょっとぎこちなかったり、ユーモアがあったり、変わっている様子もあるけど、ロマンチックでもあるんです。テーマはSM系で、その世界についてあまり知らなかったし、ダークで物議を醸したりという世界ですが、心理的に「なるほど、こういうことなんだな」って合点がいったし、2人の関係性とか、欲望みたいなものをすごく理解できたんです。同時にロマンチックだったりしたことで、「もしかしたらこういう世界を今まで1つの見方しかしていなかったのかも知れない」「こうだと決めつけていたかも知れないけど、そうじゃなかったのかも知れない」と、違う視点を持たせてくれた作品でした。あとは大学で映画を学んでいた時とかも、男性視点、男性の欲求についての映画はあっても、女性の欲望の作品はほとんど観たことがなかったので、そういった点でも印象に残りました。

マイソン:
なるほど〜。本日はありがとうございました!

2020年3月27日取材 TEXT by Myson

映画『フェアウェル』オークワフィナ/チャオ・シュウチェン

『フェアウェル』
2020年10月2日より全国公開
監督・脚本:ルル・ワン
出演:オークワフィナ/ツィ・マー/ダイアナ・リン/チャオ・シュウチェン
配給:ショウゲート

ニューヨークに暮らすビリーと家族は、祖母のナイナイがガンで余命3ヶ月だと聞き、中国までナイナイに会いに行く。だが、自分が余命わずかだと知らないナイナイに対して、病気のことは言わずに隠しておこうとする家族や親戚と、真実を伝えるべきだと考えるビリーで意見が分かれてしまう。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© 2019 BIG BEACH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたしの叔父さん』イェデ・スナゴー わたしの叔父さん

のどかで美しいデンマークの農場が舞台の本作。主人公は、27歳の女性クリスで…

映画『ヤクザと家族 The Family』綾野剛/舘ひろし ヤクザと家族 The Family

人には人との繋がりが大切で、どんな環境どんな関係であっても、家族と呼べる関係が…

映画『あまくない砂糖の話』 映画で“食”について考えてみよう8:三大栄養素は体を動かすエネルギー源

今回は栄養素の基礎となる“糖質”“脂質”“たんぱく質”の三大栄養素について紹介します。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 花束みたいな恋をした

20歳前後、大学生の頃の出会いって独特だなと、本作を観ると改めて感じます…

映画『日本独立』小林薫 小林薫(こばやし かおる)

1951年9月4日、京都府生まれ。1971年から80年までの間、唐十郎主催の状況劇場に…

映画『キル・チーム』ナット・ウルフ キル・チーム

アフガニスタンに赴任していた米軍の兵士達が、現場の状況を偽装して民間人を殺害していた実話を映画化…

映画『青い、森』田中偉登 田中偉登(たなか たけと)

2000年1月24日生まれ、大阪府出身。2012年に『宇宙兄弟』で映画デビュー。以降…

映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン KCIA 南山の部長たち

1979年10月26日、韓国のパク・チョンヒ(朴正煕)大統領は、自らの側近だった中央情報部(通称:KCIA)の部長キム・ジェギュ(金載圭)に殺害…

映画『青い、森』門下秀太郎 門下秀太郎(かどした しゅうたろう)

1998年9月11日、長崎県生まれ。2016年、第3回SonyMusic×smart オーディションで…

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル どん底作家の人生に幸あれ!

本作は、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『わたしの叔父さん』イェデ・スナゴー
  2. 映画『ヤクザと家族 The Family』綾野剛/舘ひろし
  3. 映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純
  4. 映画『キル・チーム』ナット・ウルフ
    キル・チーム

  5. 映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン
  6. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  7. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  8. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  9. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  10. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
PAGE TOP