取材&インタビュー

『フェアウェル』ルル・ワン監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『フェアウェル』ルル・ワン監督インタビュー

全米で公開時はわずか4館だったのが、口コミで上映館数がスピード拡大し、3週目にはTOP10入りを果たした本作。そんな本作で監督、脚本を務め、自身の家族に起こった出来事を綴ったルル・ワン監督にスカイプインタビューをさせて頂きました。監督のお話から、アメリカに住む移民の方々のリアルな姿が想像できました。

<PROFILE>
ルル・ワン:監督
1983年2月25日中国北京生まれ。アメリカのマイアミで育ち、ボストンで教育を受けた。クラシック音楽のピアニストから映画監督に転身し、短編ドキュメンタリーと短編映画を監督した後、“Posthumous(原題)”(2014)で長編映画監督デビュー。2014年のインディペンデント・スピリット賞において、チャズ&ロジャー・イーバート・ディレクティング・フェローシップを受賞。また、2014年のフィルム・インディペンデント・プロジェクトの監督フェローに選ばれ、2017年のサンダンス・インスティチュートが選ぶ長編2作目の監督を支援するプログラム“フィルム・トゥー・イニシアティヴ”に招待された。長編監督2作目となる『フェアウェル』は、2019年のサンダンス映画祭ドラマコンペティション部門でプレミア上映され、数々の賞を受賞。また、バラエティ誌の“2019年に注目すべき監督10人”のひとりに選ばれるなど、今最も期待されている監督である。

多文化の中で育った監督にとって1番の贈り物は…

映画『フェアウェル』オークワフィナ/チャオ・シュウチェン

マイソン:
劇中のビリーの様子から、アメリカに住む移民は、アメリカにいる時は外国人、母国に帰ればアメリカ人として見られるのだなと思いました。監督はアメリカで育ったそうですが、アイデンティティを形成していく上で苦労したことはありますか?

ルル・ワン監督:
映画の中で描かれていることとかなり似ています。それにまだ自分のアイデンティティ形成の模索は続いています。自分自身はアメリカ人だなという感覚はあるのですが、同時にルックスは中国人だしなと思っていて、例えば中国に行ってルックスは他の方と似ていても、やはり上手くそこに属している感じはしないんです。アメリカ人としての自分のアイデンティティに対しても結構葛藤がありました。でもこの映画を作ったことで、アメリカ人としてのアイデンティティというものを抱きしめる、受け入れることがよりできたと思っています。あとアメリカには、いろいろな移民のコミュニティがあります。結局アメリカという国は移民からできている国で、誰もアメリカというところからは来ていないわけです。だからこそ、こういった映画が作られていかなければならないし、アメリカの物語の中でいろいろなアイデンティティが描かれなければならないと思います。

マイソン:
では、2つの国に通じているからこそ、今回の映画を作る上で良かった点はありますか?

映画『フェアウェル』オークワフィナ/チャオ・シュウチェン/ツィ・マー

ルル・ワン監督:
やはり2つの文化で育ったことで、物の見方を与えられたと思います。言い換えれば、いろいろな側面から物事を見ることができる能力と言えるかも知れません。ソ連時代に父が中国の外交官をしていて、中国語、マンダリン、英語、ロシア語を話していたので、子どもの頃からわりとグローバルな家庭でした。いろいろな考え方や物の見方があるんだということを意識する家で育ったので、そういった意味で世界市民の一員であるということは、いろいろな視点を持てるかどうかということに繋がっていると思います。いろいろな物の見方、いろいろな角度から見ることができれば、それはすごく共感力や思いやりに繋がっていくと思うんです。例えば、一方から見たら見えないことも、逆の立場から見た時に違ったものが見えてくるし、その状況の中で誰も共感することができなかった人に対して、こっちから見れば「なるほど!」って共感力を持つことができたりすると思います。そういう物語を私は描いていきたいし、多文化の中で育った1番の贈り物は、こういういろいろな見方ができるということなんです。

マイソン:
ニューヨークに住んでいようが中国本土に住んでいようが中国人の国民性みたいなのがあるのかなと思ったんですが、監督が中国人のここが好きっていう特性はありますか?

ルル・ワン監督:
中国の方をたくさん知らないので、家族に限って言えばですが、皆ユーモアがあります。中国人が全員そうだっていうわけじゃないんですが、私の知っている中国の方は生き生きとしていて、食が大好きで、うちの家族はジョークが好きで、鋭いウィットを持っています。

映画『フェアウェル』オークワフィナ

マイソン:
本作はすごく反響を受けていますが、ご自身が想像していたのとは違う観客の反応や、印象に残っている感想はありますか?

ルル・ワン監督:
驚いたのは多くの方がこの作品を観てくれたことです。メールなどのリアクションで、イリノイ州に住む白人の男性から「(ナイナイは)僕のおばあちゃんと瓜二つです」みたいな反応があったり、ブラジルの方から「アジア人じゃないし、アジアには行ったことがないけど、家に戻ると全く同じだ」という感想をもらったり、いろいろな方からすごく美しいメッセージ、リアクションを頂きました。私のおばあちゃんを見ながら、皆さんのおばあちゃんや家族のことも考えてくれて、あるいは涙して、「おばあちゃんも大丈夫かな」と、自分のおばあちゃんのことのように考えて観てくださるということがすごく感動するし、私達が思っている以上に人間は似ているんだなと思いました。

マイソン:
では最後の質問です。映画を作りたいと思ったきっかけとなった、または影響を与えてもらった監督や映画があれば教えてください。

映画『フェアウェル』ルル・ワン監督インタビュー

ルル・ワン監督:
自分が映画を作れるかも知れないと思わせてくれたのが、ジェームズ・スペイダーとマギー・ギレンホールが出ている『セクレタリー』という作品です。監督は男性ですが、脚本家が女性で、女性の視点から描かれています。ちょっとぎこちなかったり、ユーモアがあったり、変わっている様子もあるけど、ロマンチックでもあるんです。テーマはSM系で、その世界についてあまり知らなかったし、ダークで物議を醸したりという世界ですが、心理的に「なるほど、こういうことなんだな」って合点がいったし、2人の関係性とか、欲望みたいなものをすごく理解できたんです。同時にロマンチックだったりしたことで、「もしかしたらこういう世界を今まで1つの見方しかしていなかったのかも知れない」「こうだと決めつけていたかも知れないけど、そうじゃなかったのかも知れない」と、違う視点を持たせてくれた作品でした。あとは大学で映画を学んでいた時とかも、男性視点、男性の欲求についての映画はあっても、女性の欲望の作品はほとんど観たことがなかったので、そういった点でも印象に残りました。

マイソン:
なるほど〜。本日はありがとうございました!

2020年3月27日取材 TEXT by Myson

映画『フェアウェル』オークワフィナ/チャオ・シュウチェン

『フェアウェル』
2020年10月2日より全国公開
監督・脚本:ルル・ワン
出演:オークワフィナ/ツィ・マー/ダイアナ・リン/チャオ・シュウチェン
配給:ショウゲート

ニューヨークに暮らすビリーと家族は、祖母のナイナイがガンで余命3ヶ月だと聞き、中国までナイナイに会いに行く。だが、自分が余命わずかだと知らないナイナイに対して、病気のことは言わずに隠しておこうとする家族や親戚と、真実を伝えるべきだと考えるビリーで意見が分かれてしまう。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© 2019 BIG BEACH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ビューティフルドリーマー』小川紗良さんインタビュー 『ビューティフルドリーマー』小川紗良さんインタビュー

今回は、女優と映像作家、両方の顔を持つ小川紗良さんにインタビューをさせて頂きました。『ビューティフルドリーマー』では、役柄が映画監督ということで、学生時代から続けている映像作家としての視点などもお話を伺いました。

映画『音響ハウス Melody-Go-Round』 『音響ハウス Melody-Go-Round』3組6名様 全国共通前売券プレゼント

映画『音響ハウス Melody-Go-Round』3組6名様 全国共通前売券プレゼント

映画『ホテルローヤル』波瑠 ホテルローヤル

ラブホテルにも時代の変化はあるのかも知れませんが、一般的なホテルとは違って…

映画『青い、森』清水尋也 青い、森

忽然と姿を消した青年、波(清水尋也)と、彼を探す志村(門下秀太郎)と長岡(田中偉登)…

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ 「自分らしく、闘う。」学生限定・勝負服デザイン画コンテスト結果発表!『パピチャ 未来へのランウェイ』

『パピチャ 未来へのランウェイ』は、“ファッションデザイナーになる”という夢を胸に、抑圧に抗い、自分達の手で未来を切り拓いていこうと奮闘する主人公ネジュマの物語。この度、この主人公にちなんで、勝負服デザイン画コンテストが実施されました。

映画『博士と狂人』メル・ギブソン メル・ギブソン

1956年1月3日アメリカ、ニューヨーク生まれ。ジョージ・ミラー監督作『マッドマックス』(79)の…

映画『十二単衣を着た悪魔』三吉彩花さんインタビュー 『十二単衣を着た悪魔』三吉彩花さんインタビュー

モデル、女優として大活躍中の三吉彩花さんにインタビューをさせていただきました!『十二単衣を着た悪魔』では、『源氏物語』の世界で恐れられる存在、弘徽殿女御を好演。インタビューのお話からは三吉さんの新たな一面も。

映画『おらおらでひとりいぐも』田中裕子/濱田岳/青木崇高/宮藤官九郎 おらおらでひとりいぐも

独り暮らしをする75歳の桃子の日常と、彼女の中の葛藤を描いた物語…

映画『きみの瞳が問いかけている』やべきょうすけ やべきょうすけ

1973年11月12日生まれ、大阪府出身。主な出演作に『Kids Return キッズ・リターン』『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』…

映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦/道枝駿佑 461個のおべんとう

父子で暮らすことになった一樹と虹輝が主人公の物語…

おすすめ記事

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ホテルローヤル』波瑠
  2. 映画『青い、森』清水尋也
    青い、森

  3. 映画『おらおらでひとりいぐも』田中裕子/濱田岳/青木崇高/宮藤官九郎
  4. 映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦/道枝駿佑
  5. 映画『PLAY 25年分のラストシーン』マックス・ブーブリル
  6. 映画『ザ・ハント』ベティ・ギルピン
    ザ・ハント

  7. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ
  8. 映画『罪の声』小栗旬/星野源
    罪の声

  9. 映画『とんかつDJアゲ太郎』北村匠海/山本舞香/伊藤健太郎
  10. 映画『キーパー ある兵士の奇跡』デヴィッド・クロス/フレイア・メーバー

部活・イベント

  1. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  2. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  3. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  4. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  5. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
PAGE TOP