取材&インタビュー

『フェアウェル』ルル・ワン監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『フェアウェル』ルル・ワン監督インタビュー

全米で公開時はわずか4館だったのが、口コミで上映館数がスピード拡大し、3週目にはTOP10入りを果たした本作。そんな本作で監督、脚本を務め、自身の家族に起こった出来事を綴ったルル・ワン監督にスカイプインタビューをさせて頂きました。監督のお話から、アメリカに住む移民の方々のリアルな姿が想像できました。

<PROFILE>
ルル・ワン:監督
1983年2月25日中国北京生まれ。アメリカのマイアミで育ち、ボストンで教育を受けた。クラシック音楽のピアニストから映画監督に転身し、短編ドキュメンタリーと短編映画を監督した後、“Posthumous(原題)”(2014)で長編映画監督デビュー。2014年のインディペンデント・スピリット賞において、チャズ&ロジャー・イーバート・ディレクティング・フェローシップを受賞。また、2014年のフィルム・インディペンデント・プロジェクトの監督フェローに選ばれ、2017年のサンダンス・インスティチュートが選ぶ長編2作目の監督を支援するプログラム“フィルム・トゥー・イニシアティヴ”に招待された。長編監督2作目となる『フェアウェル』は、2019年のサンダンス映画祭ドラマコンペティション部門でプレミア上映され、数々の賞を受賞。また、バラエティ誌の“2019年に注目すべき監督10人”のひとりに選ばれるなど、今最も期待されている監督である。

多文化の中で育った監督にとって1番の贈り物は…

映画『フェアウェル』オークワフィナ/チャオ・シュウチェン

マイソン:
劇中のビリーの様子から、アメリカに住む移民は、アメリカにいる時は外国人、母国に帰ればアメリカ人として見られるのだなと思いました。監督はアメリカで育ったそうですが、アイデンティティを形成していく上で苦労したことはありますか?

ルル・ワン監督:
映画の中で描かれていることとかなり似ています。それにまだ自分のアイデンティティ形成の模索は続いています。自分自身はアメリカ人だなという感覚はあるのですが、同時にルックスは中国人だしなと思っていて、例えば中国に行ってルックスは他の方と似ていても、やはり上手くそこに属している感じはしないんです。アメリカ人としての自分のアイデンティティに対しても結構葛藤がありました。でもこの映画を作ったことで、アメリカ人としてのアイデンティティというものを抱きしめる、受け入れることがよりできたと思っています。あとアメリカには、いろいろな移民のコミュニティがあります。結局アメリカという国は移民からできている国で、誰もアメリカというところからは来ていないわけです。だからこそ、こういった映画が作られていかなければならないし、アメリカの物語の中でいろいろなアイデンティティが描かれなければならないと思います。

マイソン:
では、2つの国に通じているからこそ、今回の映画を作る上で良かった点はありますか?

映画『フェアウェル』オークワフィナ/チャオ・シュウチェン/ツィ・マー

ルル・ワン監督:
やはり2つの文化で育ったことで、物の見方を与えられたと思います。言い換えれば、いろいろな側面から物事を見ることができる能力と言えるかも知れません。ソ連時代に父が中国の外交官をしていて、中国語、マンダリン、英語、ロシア語を話していたので、子どもの頃からわりとグローバルな家庭でした。いろいろな考え方や物の見方があるんだということを意識する家で育ったので、そういった意味で世界市民の一員であるということは、いろいろな視点を持てるかどうかということに繋がっていると思います。いろいろな物の見方、いろいろな角度から見ることができれば、それはすごく共感力や思いやりに繋がっていくと思うんです。例えば、一方から見たら見えないことも、逆の立場から見た時に違ったものが見えてくるし、その状況の中で誰も共感することができなかった人に対して、こっちから見れば「なるほど!」って共感力を持つことができたりすると思います。そういう物語を私は描いていきたいし、多文化の中で育った1番の贈り物は、こういういろいろな見方ができるということなんです。

マイソン:
ニューヨークに住んでいようが中国本土に住んでいようが中国人の国民性みたいなのがあるのかなと思ったんですが、監督が中国人のここが好きっていう特性はありますか?

ルル・ワン監督:
中国の方をたくさん知らないので、家族に限って言えばですが、皆ユーモアがあります。中国人が全員そうだっていうわけじゃないんですが、私の知っている中国の方は生き生きとしていて、食が大好きで、うちの家族はジョークが好きで、鋭いウィットを持っています。

映画『フェアウェル』オークワフィナ

マイソン:
本作はすごく反響を受けていますが、ご自身が想像していたのとは違う観客の反応や、印象に残っている感想はありますか?

ルル・ワン監督:
驚いたのは多くの方がこの作品を観てくれたことです。メールなどのリアクションで、イリノイ州に住む白人の男性から「(ナイナイは)僕のおばあちゃんと瓜二つです」みたいな反応があったり、ブラジルの方から「アジア人じゃないし、アジアには行ったことがないけど、家に戻ると全く同じだ」という感想をもらったり、いろいろな方からすごく美しいメッセージ、リアクションを頂きました。私のおばあちゃんを見ながら、皆さんのおばあちゃんや家族のことも考えてくれて、あるいは涙して、「おばあちゃんも大丈夫かな」と、自分のおばあちゃんのことのように考えて観てくださるということがすごく感動するし、私達が思っている以上に人間は似ているんだなと思いました。

マイソン:
では最後の質問です。映画を作りたいと思ったきっかけとなった、または影響を与えてもらった監督や映画があれば教えてください。

映画『フェアウェル』ルル・ワン監督インタビュー

ルル・ワン監督:
自分が映画を作れるかも知れないと思わせてくれたのが、ジェームズ・スペイダーとマギー・ギレンホールが出ている『セクレタリー』という作品です。監督は男性ですが、脚本家が女性で、女性の視点から描かれています。ちょっとぎこちなかったり、ユーモアがあったり、変わっている様子もあるけど、ロマンチックでもあるんです。テーマはSM系で、その世界についてあまり知らなかったし、ダークで物議を醸したりという世界ですが、心理的に「なるほど、こういうことなんだな」って合点がいったし、2人の関係性とか、欲望みたいなものをすごく理解できたんです。同時にロマンチックだったりしたことで、「もしかしたらこういう世界を今まで1つの見方しかしていなかったのかも知れない」「こうだと決めつけていたかも知れないけど、そうじゃなかったのかも知れない」と、違う視点を持たせてくれた作品でした。あとは大学で映画を学んでいた時とかも、男性視点、男性の欲求についての映画はあっても、女性の欲望の作品はほとんど観たことがなかったので、そういった点でも印象に残りました。

マイソン:
なるほど〜。本日はありがとうございました!

2020年3月27日取材 TEXT by Myson

映画『フェアウェル』オークワフィナ/チャオ・シュウチェン

『フェアウェル』
2020年10月2日より全国公開
監督・脚本:ルル・ワン
出演:オークワフィナ/ツィ・マー/ダイアナ・リン/チャオ・シュウチェン
配給:ショウゲート

ニューヨークに暮らすビリーと家族は、祖母のナイナイがガンで余命3ヶ月だと聞き、中国までナイナイに会いに行く。だが、自分が余命わずかだと知らないナイナイに対して、病気のことは言わずに隠しておこうとする家族や親戚と、真実を伝えるべきだと考えるビリーで意見が分かれてしまう。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© 2019 BIG BEACH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『サマーフィルムにのって』伊藤万理華/河合優実/祷キララ サマーフィルムにのって

これは高校最後の夏休みに映画作りに励む若者達の青春ドラマで、一見素朴な日常を描いたほのぼのとした作品に思えますが…

映画『キャラクター』Fukase(SEKAI NO OWARI) Fukase(ふかせ)

1985年10月13日東京都生まれ。SEKAI NO OWARIのメンバーでボーカリスト。数々の楽曲…

映画『キネマの神様』沢田研二/菅田将暉 キネマの神様

“キネマの神様”というタイトルがストーリーの中のどんな作用を示しているのか想像しながら観て、改めてこれは広い意味で…

映画『女たち』篠原ゆき子 篠原ゆき子(しのはら ゆきこ)

1981年1月21日神奈川県出身。2005年、映画『中学生日記』で俳優デビュー。2011年、劇団ポツドールの舞台“おしまいのとき”で…

映画『サマーフィルムにのって』伊藤万理華さん&金子大地さんインタビュー 『サマーフィルムにのって』伊藤万理華さん&金子大地さんインタビュー

『サマーフィルムにのって』で、主人公ハダシを演じた伊藤万理華さんと、謎の青年、凛太郎を演じた金子大地さんにインタビューをさせて頂きました。お2人のお話から映画作りに対する姿勢や思い、いち映画ファンとしての熱が伝わってきました。

映画『モロッコ、彼女たちの朝』タイアップキャンペーン、料理 本格タジン鍋や、おしゃれなモロッコ雑貨を楽しめる!『モロッコ、彼女たちの朝』豪華タイアップキャンペーン

映画『モロッコ、彼女たちの朝』が、2021年8月13日より全国公開となります。そしてこのたび、映画の世界観を食と雑貨で楽しめる、人気店とのタイアップキャンペーンが決定!気になる内容をご紹介。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 映画 太陽の子

日本の原爆開発を背景に、若者達の揺れる想いと決意が描かれた本作。柳楽優弥、有村架純、三浦春馬、國村隼、田中裕子ら…

映画『シンプルな情熱』レティシア・ドッシュ レティシア・ドッシュ

1980年9月1日フランス、パリ生まれ。俳優、ダンサー、作家、演劇監督として…

映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』ヴィン・ディーゼル/ミシェル・ロドリゲス ワイルド・スピード/ジェットブレイク

毎回ぶっ飛んだカーアクションシーンを披露してくれる本シリーズは、もうこれ以上の離れ技は残ってないんじゃないかなと…

映画『暮れ逢い』レベッカ・ホール レベッカ・ホール

1982年5月19日生まれ。イギリス系アメリカ人。2009年、ウディ・アレン監督の『それでも恋するバルセロナ』で…

部活・イベント

  1. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  2. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  3. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  4. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  5. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年

おすすめ記事

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

REVIEW

  1. 映画『サマーフィルムにのって』伊藤万理華/河合優実/祷キララ
  2. 映画『キネマの神様』沢田研二/菅田将暉
  3. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  4. 映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』ヴィン・ディーゼル/ミシェル・ロドリゲス
  5. 映画『ジャングル・クルーズ』ドウェイン・ジョンソン/エミリー・ブラント/ジャック・ホワイトホール
  6. 映画『返校 言葉が消えた日』ワン・ジン
  7. 映画『アウシュヴィッツ・レポート』ノエル・ツツォル/ペテル・オンドレイチカ
  8. 海外ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1』ジェニファー・モリソン
  9. 映画『イン・ザ・ハイツ』
  10. 映画『復讐者たち』アウグスト・ディール
    復讐者たち

PAGE TOP