NEWS

マット・デイモン、ベン・アフレックらが登場!『最後の決闘裁判』記者会見&大熱狂のワールドプレミア開催

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『最後の決闘裁判』ワールドプレミア、マット・デイモン、ベン・アフレック、ジョディ・カマー、ニコール・ホロフセナー(共同脚本)、リドリー・スコット監督

マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレック、ジョディ・カマーら豪華キャストを迎え、歴史を変えた世紀のスキャンダルを描く実話ミステリー『最後の決闘裁判』が、日米同日の10月15日より公開となります。先日、第78回ヴェネチア国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門に出品された本作が、現地時間9月10日にワールドプレミアを実施。記者会見には、マット・デイモン、ベン・アフレック、ジョディ・カマー、脚本家のニコール・ホロフセナー、そしてリドリー・スコット監督が出席しました。

映画『最後の決闘裁判』ワールドプレミア、マット・デイモン、ベン・アフレック

本作は、史実として未だに真相不明なフランス最後の決闘裁判を、事件を告発した被害者(ジョディ・カマー)、被害者マルグリットの夫(マット・デイモン)、訴えられた容疑者(アダム・ドライバー)の、3つの視点で描く三幕構成になっており、すでに作品を観た記者達からのさまざまな質問に回答しました。原作の映画化を検討したマット・デイモンは、「読んですぐにリドリー・スコット監督のことが頭に浮かんだ。リドリー以外にこの時代のものを上手く表現できる監督はいないんじゃないかと思ったんだ」と語り、マットから連絡をもらったリドリーは、「マットが取り憑かれたように『羅生門』の話をしていたんだよ。1つの行為が3つの視点で語られることをね。私がこの作品に惹きつけられたのはそれが理由だ」と明かしました。さらに、ベン・アフレックは「マルグリットのキャラクターに惹かれたんだ。勇敢でとても強く、危険を覚悟で正義を行おうとしている。観ている人に共感が生まれて欲しい物語だし、私達も違った見方が必要だということを思い起こさせることができればと願っている」と語りました。

映画『最後の決闘裁判』ワールドプレミア、マット・デイモン、ベン・アフレック、ジョディ・カマー

マルグリットを演じ、積極的に脚本会議にも参加したというジョディ・カマーは、「脚本では3つのシーンで3つの同じセリフが書かれているけれど、すべてはそれをどう演じるかにかかっているの。微妙なニュアンスや表現の違いを観客の皆さんに感じ取って欲しいわ。私は同じセリフを言う、それを相手が全く違う態度で受け止める。それがこの3人(マット・デイモン、ベン・アフレック、ニコール・ホロフセナー)の脚本家達がこの映画にもたらした力だと思う」と語りました。マルグリットの脚本パートを担当したニコールは、「マルグリットの身に降りかかったことは、今でもどこかで誰かが経験をしているものだと思う。でも、私はそういう風には書きたくなかった。私が書こうとしたのは、彼女が経験したようなことが身の上に起こったとしても、人間ならどう行動するかということなの」と話しました。

映画『最後の決闘裁判』ワールドプレミア、ジョディ・カマー

そして、会見が終盤に差し掛かった頃にある議論が白熱!ここからは会話形式でご紹介します。

記者:第二幕と第三幕の暴力の表現にさほどの違いを見出せなかった。

監督:君は本当に映画を観たのかね?

ベン:それら2つは違う。同じ暴力を描いているが、アダム・ドライバーが演じたル・グリの視点が違うんだ。それははっきりしている。

(さらにマットも参戦し、マイクを奪い合うように議論がヒートアップ)

マット:騎士の世界で生きるル・グリには理解できないことが表現されている。

ベン:そう、観客はそれが理解できるが、ル・グリにはそれがわからないんだ。

マット:観客は理解していて、それがわかっていないのはル・グリだけなんだ。それがあのシーンの考え方だ。

映画『最後の決闘裁判』ワールドプレミア、マット・デイモン、ベン・アフレック、ジョディ・カマー、ニコール・ホロフセナー(共同脚本)、リドリー・スコット監督

ニコール:ル・グリの視点では、マルグリットが誘っているように映っている。

マット:それこそもう1つの見方というやつだよね。

ベン:真実はこうではないかと思われている中で、もう1人の人間が同じシーンを別の物語として語っているんだ。

マット:マルグリットがそれをどう感じていたかも、また別の視点だ。

監督:(撮影や演出による細かな違いを解説した後に)もう一度映画を観たまえ!

このようなやり取りがあり、 会見は終了となりました。

映画『最後の決闘裁判』ワールドプレミア、マット・デイモン

続くレッドカーペットでは、多くのゲストやマスコミ、沿道のファンからの大歓声に包まれるなか、世界中から集まった多くのスチールカメラマンの要望に応え、マット・デイモンとベン・アフレック、そしてシックな黒のドレスに身を包んだジョディ・カマー、リドリー・スコット監督が明るい笑顔を見せました。

映画『最後の決闘裁判』ワールドプレミア、ベン・アフレック

1386年、百年戦争さなかに実際に執り行われたフランス史上最後の“決闘裁判”は、600年以上経った今もなおこの“決闘裁判”における判決が歴史家達の間で物議を醸している、世紀を越えたスキャンダルです。“本当に裁かれるべきは一体誰なのか?ぜひ本作をご覧ください。

映画『最後の決闘裁判』マット・デイモン、ベン・アフレック、アダム・ドライバー、ジョディ・カマー

『最後の決闘裁判』
2021年10月15日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』ローラ・ダーン ローラ・ダーン

1967年2月10日アメリカ、カリフォルニア州生まれ。1991年『ランブリング・ローズ』で…

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

<ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3>『勝負をつけろ』 <ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3>チケットプレゼント 3組6名様ご招待

<ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3>チケットプレゼント 3組6名様ご招待

映画『セイント・フランシス』ケリー・オサリヴァン/ラモーナ・エディス・ウィリアムズ セイント・フランシス

34歳で独身のブリジットは、子どもを持つ友達の存在や親からのプレッシャーを…

映画『ゴーストブック おばけずかん』新垣結衣 新垣結衣(あらがき ゆい)

1988年6月11日生まれ。沖縄県出身。主な映画出演作に『恋空』『ミックス。』『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』などがあり…

映画『ストーリ・オブ・マイ・ワイフ』レア・セドゥ/ハイス・ナバー 映画に隠された恋愛哲学とヒント集67:「結婚に愛は不要」は通じない!?

始まりに愛は不要、でも結婚を続けるには…

Netflix映画『グレイマン』ライアン・ゴズリング グレイマン

ライアン・ゴズリングとクリス・エヴァンスが共演する本作は、マーク・グリーニーの人気小説「暗殺者グレイマン」を原作に…

映画『L.A.コールドケース』フォレスト・ウィテカー フォレスト・ウィテカー

1961年7月15日アメリカ、テキサス州生まれ。テレビや舞台での活躍を経て1982年に映画デビュー。1988年に…

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』来日記者会見、ディワンダ・ワイズ ディワンダ・ワイズ

1984年5月30日アメリカ、メリーランド州出身。2022年公開の映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』では…

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

部活・イベント

  1. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

映画『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット/アーロン・テイラー=ジョンソン 映画好き目線でそそる2022年初秋公開映画を紹介

今回は一足お先に初秋の映画をご紹介。正式部員から立候補してくださった皆さんと「映画好き目線でそそる初秋公開映画」を選びました。そそる項目も皆で決めてチャートも作ってみました。参考にしてみてください。

映画『なまず』イ・ジュヨン キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年7月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッ…

記事作成部活20220720:初秋最新作 一緒に記事を作りませんか?【記事作成部活】2022年8月度参加者募集

2022年8月は4回開催します。オンラインとリアル、それぞれテーマを変えて行います。

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

REVIEW

  1. 映画『セイント・フランシス』ケリー・オサリヴァン/ラモーナ・エディス・ウィリアムズ
  2. Netflix映画『グレイマン』ライアン・ゴズリング
    グレイマン

  3. Amazon Prime Video映画『ムーンフォール』ハル・ベリー/パトリック・ウィルソン/ジョン・ブラッドリー
  4. 海外ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ <シーズン2>』ニコール・キッドマン/リース・ウィザースプーン /シェイリーン・ウッドリー/ローラ・ダーン/ゾーイ・クラビッツ
  5. 映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』
  6. 映画『コンビニエンス・ストーリー』成田凌/前田敦子
  7. ディズニープラス映画『プレデター:ザ・プレイ』
  8. 映画『TANG タング』二宮和也
  9. 映画『L.A.コールドケース』ジョニー・デップ
  10. 映画『長崎の郵便配達』イザベル・タウンゼンド
PAGE TOP