取材&インタビュー

『今夜、世界からこの恋が消えても』古川琴音さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『今夜、世界からこの恋が消えても』古川琴音さんインタビュー

日本、韓国、中国など、国境を超えて異例の大ヒットを記録している一条岬の恋愛小説を映画化した『今夜、世界からこの恋が消えても』。今回は本作でヒロインを支える重要なキャラクターを演じた古川琴音さんにお話を伺いました。本作の泉役を演じる上で大変だったことや、普段からしている役作りの方法について聞いてみました。

<PROFILE>
古川琴音(ふるかわ ことね):綿矢泉 役
1996年10月25日生まれ。神奈川県出身。2018年に俳優デビュー。2019年に『十二人の死にたい子どもたち』にメインキャストの1人として出演し、注目を集める。2021年、『偶然と想像』では、主演の1人を演じ、第19回シネマ夢倶楽部推薦委員特別賞を受賞した。その他の主な出演作に、NHK連続テレビ小説『エール』、ドラマ『この恋あたためますか』『コント始まる』、映画『花束みたいな恋をした』『街の上で』『メタモルフォーゼの縁側』などがある。8月11日放送のNHK特集ドラマ『アイドル』では主演、明日待子を演じる。

人は秘密を持っているほうがおもしろい

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』道枝駿佑(なにわ男子)/福本莉子

シャミ:
最初に本作の脚本を読んだ時、泉にどんな印象を持ちましたか?

古川琴音さん:
泉はすべてを背負い込んでいるので、真織と透の関係が深くなって、真織のことを思えば思うほど泉が苦しくなると感じました。お芝居というのは架空のシチュエーションで演じるわけですが、それに加えて泉は皆に仮面を付けているキャラクターだったので、それは演じる上で大変そうだなと思いました。

シャミ:
実際に演じてみてどうでしたか?やはり同じように感じましたか?

古川琴音さん:
やっぱりずっと苦しかったです。どんなに楽しいシーンだったとしても、泉と同じように俯瞰している自分がいて、泉が今どう振る舞うべきかを常に考えていました。

シャミ:
泉は親友の真織には言えない秘密を抱えている重要なキャラクターでしたが、泉を演じる上で気を付けた点はありますか?

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』古川琴音

古川琴音さん:
真織を守るというところに泉は存在しているので、真織のことを第1に考えるというのは、ずっと意識していました。だから、ずっと真織の顔を見たり、真織を中心に自分の振る舞い方を変えていて、そこをきっかけに泉について深めていきました。

シャミ:
泉はすごく頼もしい性格で、服装もオシャレなキャラクターでしたが、古川さんご自身と似ているところはありましたか?

古川琴音さん:
私が高校生の頃は校則をしっかり守るタイプだったので、当時の自分と比べると泉は真逆の考え方の子なんです。校則を破るということは、それだけで結構体力のいることですし、泉はそれを表現できるくらい自分の意志をしっかり持っている子だと感じたので、高校時代の私よりもずっと自立していて、周りのことを考えられる大人なんだろうなと感じました。

シャミ:
なるほど〜。ご自身と真逆のキャラクターを演じることは大変ではありませんでしたか?

古川琴音さん:
真織と楽しく高校生活を送りたい、真織が幸せでいて欲しいという泉の目的がはっきりしていたので、そこに集中していたら自然と泉と同じ行動をとることができました。なので、自分とかけ離れているから何かをしなくちゃというよりも、泉の目的に自分が集中していく感じでした。

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』古川琴音さんインタビュー

シャミ:
泉と真織は深い信頼関係が築けている親友で、とても素晴らしい関係だなと思いました。古川さんは客観的に2人の関係をどのように見ていましたか?

古川琴音さん:
真織が記憶をなくしてからの泉は、真織の記憶の代わりになることで、存在意義があったと思うんです。それにしても背負うものが大きすぎるというか、真織の家族からも託されているし、八方塞がりの状況だったので、そこまでできるのはどうしてだろうと考えてみました。泉の台詞で、「両親は離婚調停中だから」という言葉があるのですが、それをサラッと言える心境になれるのは、この物語以前に真織が自分の支えになってくれたことがたくさんあったからだろうなと想像できました。

シャミ:
親友との間に秘密を抱える泉の辛い心情が伝わってきましたが、もし古川さんが泉の立場だったら同じように秘密を抱えられると思ますか?

古川琴音さん:
真織の両親から頼まれていることもあり、“守る”よりも“守らなきゃいけない”という気持ちが大きいので、私も誰にも言えないと思います。

シャミ:
秘密を持つことで、時に誰かに嘘をつく必要もあると思うのですが、本作のケースに限らず、古川さんご自身は秘密を持つことに対してどんなお考えがありますか?

古川琴音さん:
状況次第ですよね(笑)。でも、人は秘密を持っているほうがおもしろい気がしますし、全部を全部自分の言葉にして説明できないほうが魅力的だと思います。

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』福本莉子/古川琴音

シャミ:
三木監督の作品には今回が初参加だったと思いますが、実際に監督とお仕事をしてみていかがでしたか?

古川琴音さん:
すごく温かい方でした。撮影が始まる前に監督が「泉へ」と書いた手紙をくださって、そこに作品や泉に対しての愛情がたくさん書かれていました。現場でも私がこうやりたいということに対して、すごく親身に耳を傾けてくださり、泉という役をとても大切にしてくれている安心感のもとでお芝居ができました。

シャミ:
お手紙というのは、監督が泉に対して宛てた手紙ということでしょうか?

古川琴音さん:
泉と私宛てです。「うちの泉をどうぞよろしくお願いします」という、嫁入り前の挨拶のような感じでした。

シャミ:
それはとても素敵ですね!本作では、自宅、学校、水族館や公園など、さまざまな場所で撮影をされていましたが、特に印象に残っている場所やエピソードがあれば教えてください。

古川琴音さん:
撮影場所が湘南、藤沢、江ノ島あたりで、実は私の母校にすごく近い場所だったんです。だから、タイムスリップしたような感じがしました。透、真織、泉の3人で新江ノ島水族館に行ってお土産を見ている感じとかも、自分の学生時代に戻れた気がしました。昔の私と泉とは全然違いますが、学生当時の空気感をなぞりながら撮影できたのが個人的には楽しかったです。

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』道枝駿佑(なにわ男子)/福本莉子/古川琴音

シャミ:
本作に“手続き記憶”というワードが登場しましたが、古川さんが今後“手続き記憶”にして習得したいことは何かありますか?

古川琴音さん:
料理です。得意料理ができるようになったら、おばあちゃんになっても自動的に作ることができるだろうし、自分の子どもとか周りにいる人達が喜んでくれそうだなと思います。

シャミ:
良いですね!

古川琴音さん:
お母さんの肉じゃがの味ってずっと変わらないし、それはお母さんにしか作れない味ですよね。なので、料理が良いなと思いました。

シャミ:
古川さんは作品ごとにすごく印象が変わるので、いつも「次はどんな役なんだろう」とワクワクさせてもらっています。普段役に入る時に意識していることや、いつもやっていることは何かありますか?

古川琴音さん:
いつもやっているのは、自分と相手の台詞とト書きを読んだものをボイスレコーダーに録音をして、それを聴きながら覚えることです。あとは、台本を読んで自分が知らない知識とか境遇が出てきたら、本やネットで調べて想像を深める材料にしています。そうするとキャラクターをこうしようと決めなくても、自然と「こういう部分が必要だったんだな」と気づいてキャラが生まれていきます。

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』古川琴音さんインタビュー

シャミ:
古川さんご自身のお話も伺いたいのですが、映画は小さい頃から好きだったのでしょうか?

古川琴音さん:
実はあまり観ていなくて、この仕事を始めてから観るようになりました。学生時代は演劇部だったので、自分がステージに立つということのほうが好きでした。

シャミ:
では、最初から俳優業自体に興味があったということですか?

古川琴音さん:
そうかもしれません。大学時代は英語劇のサークルに入っていて、そのOBの先輩にずっとお芝居をされている方がいて、その方の舞台を手伝った時に特別に役者として出してもらったんです。その時の共演者の方が、「琴音ちゃんは今大学生だけど、今後はどうするの?」と声をかけてくださって、「演劇をやってみたら良いんじゃない?もったいないよ」と、言ってくださり、その時にそういう道もあるのかもしれないと初めて気が付いて、俳優をお仕事としてやってみようかなと思いました。

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』福本莉子/野間口徹/水野真紀

シャミ:
なるほど〜。英語と日本語の台詞とでは全然違いますか?

古川琴音さん:
全然違います。英語劇は文化的なこともあってジョークが多いんですよ。それは日本人にはない感覚なので、なかなか上手くジョークが言えなかったり、言えても馴染まないから、当時はどう演じれば良いだろうと考えていました。でも、すごく良い勉強になりました。

シャミ:
今後海外のお仕事などで、英語で演じる機会があれば挑戦したいと思いますか?

古川琴音さん:
チャレンジしたいです!当時培った経験もあり、活かしたいことがたくさんあるのでやってみたいです。

シャミ:
ぜひ!楽しみにしています。

古川琴音さん:
ありがとうございます。頑張ります!

シャミ:
では最後の質問で、これまでで1番影響を受けた作品、もしくは俳優や監督など人物がいらっしゃったら教えてください。

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』古川琴音さんインタビュー

古川琴音さん:
私が最初に好きになったのは『E.T.』でした。子どもの時に観て、本当にその世界を信じることができたというか、人間と人間ではない生物との友情にすごく憧れました。私は動物好きなので、動物の表情を読み取ろうとしたり、そういう対人間ではないコミュニケーションがあるということを『E.T.』を通して学びました。今はそういう気持ちになれるような映画を私も作ってみたいと思っています。

シャミ:
本日はありがとうございました!

2022年7月20日取材 PHOTO&TEXT by Shamy

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』道枝駿佑(なにわ男子)/福本莉子

『今夜、世界からこの恋が消えても』
2022年7月29日より全国公開
監督:三木孝浩
出演:道枝駿佑(なにわ男子) 福本莉子
古川琴音/前田航基 西垣 匠
松本穂香
野間口徹 野波麻帆 水野真紀/萩原聖人
配給:東宝

高校生の透は、クラスメイトに流されるまま、人気者の真織に嘘の告白をし、真織は、「お互い絶対に本気で好きにならないこと」を条件にその告白を受け入れる。そうして2人の偽りの恋が始まったが、ある出来事をきっかけに透は、真織が眠りにつくと記憶を失ってしまう“前向性健忘”という病気であることを知る。透は、その日ごとに記憶を失ってしまう真織と、1日限りの恋を積み重ねていくが、実は透にも真織に伝えていないことがあり…。

公式サイト

© 2022「今夜、世界からこの恋が消えても」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『もっと超越した所へ。』前田敦子/菊池風磨 『もっと超越した所へ。』キャスト&スタッフ登壇・完成披露試写会 5組10名様ご招待

映画『もっと超越した所へ。』キャスト&スタッフ登壇・完成披露試写会 5組10名様ご招待

映画『バイオレンスアクション』橋本環奈/杉野遥亮/鈴鹿央士/馬場ふみか/森崎ウィン/大東駿介/太田夢莉/佐藤二朗/城田優/高橋克典/岡村隆史 バイオレンスアクション

小学館「やわらかスピリッツ」で連載の浅井蓮次と沢田新による人気コミックを…

映画『TANG タング』二宮和也 二宮和也(にのみや かずなり)

1983年6月17日東京都生まれ。主な出演作に『青の炎』『大奥』『GANTZ』『プラチナデータ』などがあり…

韓流ドラマ(バラエティ番組)『エラー夫婦~永遠の愛を誓ったはずなのに!?~』 ここだけの話26:“直感的に観たい韓流ドラマ”2人座談会 by マイソン&シャミ

今回は、U-NEXT、ディズニープラス、Netflix、Hulu、AmazonプライムのTOP画面を2人で見ながら、直感的に観たいと思う韓流ドラマを物色しました。タイトルやあらすじなどだけ見て自由気ままに想像を膨らませて話しています。

Netflix映画『呪詛』 呪詛

ものすごく怖いと話題になっていたので、かなり身構えて観ましたが…

映画『1640日の家族』ガブリエル・パヴィ ガブリエル・パヴィ

2014年、フランス生まれ。公園で遊んでいたところを…

映画『ハウ』田中圭 ハウ

本作は、辛い体験をしたばかりの民夫(田中圭)と、ワンと鳴けない犬ハウが、お互いの存在を支えにして…

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』ローラ・ダーン ローラ・ダーン

1967年2月10日アメリカ、カリフォルニア州生まれ。1991年『ランブリング・ローズ』で…

映画『PLAN 75』倍賞千恵子 倍賞千恵子(ばいしょう ちえこ)

1941年6月29日生まれ、東京都出身。松竹音楽舞踊学校を卒業後…

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

部活・イベント

  1. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

映画『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット/アーロン・テイラー=ジョンソン 映画好き目線でそそる2022年初秋公開映画を紹介

今回は一足お先に初秋の映画をご紹介。正式部員から立候補してくださった皆さんと「映画好き目線でそそる初秋公開映画」を選びました。そそる項目も皆で決めてチャートも作ってみました。参考にしてみてください。

映画『なまず』イ・ジュヨン キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年7月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッ…

記事作成部活20220720:初秋最新作 一緒に記事を作りませんか?【記事作成部活】2022年8月度参加者募集

2022年8月は4回開催します。オンラインとリアル、それぞれテーマを変えて行います。

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

REVIEW

  1. 映画『バイオレンスアクション』橋本環奈/杉野遥亮/鈴鹿央士/馬場ふみか/森崎ウィン/大東駿介/太田夢莉/佐藤二朗/城田優/高橋克典/岡村隆史
  2. Netflix映画『呪詛』
    呪詛

  3. 映画『ハウ』田中圭
    ハウ

  4. 映画『セイント・フランシス』ケリー・オサリヴァン/ラモーナ・エディス・ウィリアムズ
  5. Netflix映画『グレイマン』ライアン・ゴズリング
    グレイマン

  6. Amazon Prime Video映画『ムーンフォール』ハル・ベリー/パトリック・ウィルソン/ジョン・ブラッドリー
  7. 海外ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ <シーズン2>』ニコール・キッドマン/リース・ウィザースプーン /シェイリーン・ウッドリー/ローラ・ダーン/ゾーイ・クラビッツ
  8. 映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』
  9. 映画『コンビニエンス・ストーリー』成田凌/前田敦子
  10. ディズニープラス映画『プレデター:ザ・プレイ』
PAGE TOP