取材&インタビュー

『リアム16歳、はじめての学校』カイル・ライドアウト監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『リアム16歳、はじめての学校』カイル・ライドアウト監督インタビュー

今回は俳優、監督として活躍するカイル・ライドアウトさんにインタビューをさせて頂きました。撮影時にはユニークなポーズで楽しませてくれたライドアウトさん。このユーモアが本作の温かさにも表れています。

<PROFILE>
カイル・ライドアウト
1981年2月23日生まれ、カナダのバンクーバー出身。バンクーバーのランガラカレッジにあるスタジオ58にて本格的に演技と映画制作を学ぶ。2011年の短編映画“Wait for Rain(原題)”では、コミコン国際映画祭で最優秀SF/ファンタジー映画賞を受賞。2015年には、写真家のエドワード・マイブリッジを題材とした“Eadweard(原題、日本未公開)”で長編デビューを飾り、複数の国際映画祭で観客賞を受賞した他、カナダ・スクリーン・アワード、レオ・アワードで脚本賞にノミネートされた。現在バンクーバーを拠点に映画監督、脚本家、俳優として活躍中。俳優としては、TVシリーズ『スーパーナチュラル』『iゾンビ』、映画『ウォークラフト』『デッドプール』などに出演。『リアム16歳、はじめての学校』では、監督、共同脚本を担当し、さらにリアムのおじさん役として出演している。

親子関係は、子どもの恋愛に影響する

映画『リアム16歳、はじめての学校』カイル・ライドアウト監督インタビュー

マイソン:
リアムは自宅教育ということもあり、近所の子ども達と交流がなく孤立していて、そういう点でファンタジーの世界にいる子どものように見えました。キャラクター設定でこだわった点と、注意した点はどんなところですか?

カイル・ライドアウト監督:
北米では、自宅教育していて友達がいないということはあると思うんですけど、学校に通っていても誰かと繋がりたいとか、でもちょっと緊張する、不安があるっていう彼の気持ちには共感できると思うんですね。リアムや他の人の演出をするにあたっても、コメディになり過ぎず、現実に忠実でありながら、でもそこがおもしろいってなるように気を付けました。

映画『リアム16歳、はじめての学校』ジュディ・グリア/ダニエル・ドエニー

マイソン:
お母さんが過保護だけど、思春期に合わせた社会勉強も息子にさせているところが、ちょっと奔放なキャラクターにも見えました。彼女のキャラクター設定でこだわった点と、あと演じたジュディ・グリアさんのアイデアが入ったシーンなどはありますか?

カイル・ライドアウト監督:
ジュディはとても素晴らしくて、テイク毎にいろいろなアイデアをくれました。彼女はお母さんとしての役柄に対して、実際のお母さんらしく、コメディ過ぎずという姿勢でした。本来なら学校で学ぶセックスやドラッグのことも、母親が自分でリアムに教えるんですけど、それをちょっとぎこちなく、気まずいながらも楽しくなるように気を付けました。“Fuck”という言葉を母親が教えるシーンがあるんですが、あの言葉は本来母親からは出ない言葉です。でも、それを教えるのがすごくユニークだと思いました。そういう部分は、共同脚本のジョシュ・エプスタインとアイデアを出しあって楽しかった部分です。

マイソン:
監督ご自身がもしリアムの立場だったら、どのシーンが一番お母さんからやられるとキツいですか?

カイル・ライドアウト監督:
あり過ぎですね(笑)。ドラッグのこともセックスのことも、本来なら母から学びたくないですし、プロムでお母さんと踊るっていうのも嫌です(笑)。

映画『リアム16歳、はじめての学校』ジュディ・グリア/ダニエル・ドエニー

マイソン:
ハハハハハ(笑)!そうですよね。監督のお母さんがもし彼女みたいだったらどうですか?

カイル・ライドアウト監督:
私自身は母子家庭で4人兄弟だったんですけど、やっぱり母にはハッピーでいて欲しいし、家庭が平和であるようにしていたので、リアムに共感できます。私は4人兄弟の3番目で、兄さん達が反抗していたので、私は波風を立てないようにしてました(笑)。

マイソン:
いかにも下の子という感じですね(笑)。

一同:
ハハハハハ!

マイソン:
義足の女の子アナスタシアのキャラクターが結構強烈でおもしろかったです。お国柄の違いもあるのか、実際にあんなに性的な会話を男女でするものなのかと驚きました。

カイル・ライドアウト監督:
皆がどうかわかりませんが、私も高校生の時は仲の良い女の子と性的なことを話したのは覚えています。

映画『リアム16歳、はじめての学校』ダニエル・ドエニー/シオバーン・ウィリアムズ

マイソン:
成長物語でありラブコメでもあったんですけど、親子関係と恋愛の成長って、相互作用はあると思いますか?

カイル・ライドアウト監督:
おっしゃる通りこの作品は成長物語で、ロマンティックコメディの要素もあるので、いろいろなジャンルの映画だと思うんですけど、親子関係は恋愛に確実に影響を及ぼすと思います。この物語ではお母さんがすごく過保護なんですけど、リアムはちゃんと女の子とまともな関係を築いていく。それによって、親から受けた影響を剥がしていって、本当の自分の考えに従っていく姿が表されていると思います。

マイソン:
では話題が変わるのですが、先日テレビで、ハリウッドで働きたい日本人がまずカナダの大学で映画を学んで、結局ハリウッドに行かずにカナダでたくさんハリウッドと繋がる仕事をしているという番組を観たんです。世界的に見てカナダの映画業界は今どんな可能性を秘めていると思いますか?

カイル・ライドアウト監督:
税金的に控除とかもありますし、私も“Eadweard(原題)”とうい映画を撮りましたけど、バンクーバーやトロントにも良いスタッフはちゃんといるので、カナダの映画業界の将来は明るいと思います。

マイソン:
最後にこの映画は学校デビューする人が主人公だったんですけど、これから何かでデビューしたり、挑戦する人に一言お願いします。

映画『リアム16歳、はじめての学校』カイル・ライドアウト監督インタビュー

カイル・ライドアウト監督:
演劇学校で言われたことなんですけど、新しい環境に飛び込んでいろいろな人と話して、いろいろな人とコネクションを持って、どんどんやっていったほうが不安にならないと。これは自分でも本当に素晴らしいアドバイスだったと思っているんですけど、どんどん新しい環境に飛び込んで、いろいろな人に会って欲しいと思います。

マイソン:
ありがとうございました!

2019年2月4日取材 PHOTO & TEXT by Myson

映画『リアム16歳、はじめての学校』ジュディ・グリア/ダニエル・ドエニー/シオバーン・ウィリアムズ/アンドリュー・マックニー

『リアム16歳、はじめての学校』
2019年4月27日より全国順次公開
PG-12
監督・脚本:カイル・ライドアウト
出演:ジュディ・グリア/ダニエル・ドエニー/シオバーン・ウィリアムズ/アンドリュー・マックニー
配給:エスパース・サロウ

有名大学に入り、ホーキング博士のような天文学者になることを夢見る16歳のリアムは、小さい頃から学校に通わず、母のクレアから英才教育を受けて育ち、友達は1人もいない。そんなリアムは、高卒認定試験を受けに行った学校で、一人の美少女に一目惚れ。彼女に会いたくて、何とか通学しようと試みる。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

関連記事

©2017 SCHOOLED FILMS INC., ALL RIGHTS RESERVED

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『おとなの事情』 参加者募集!皆の意見を聞きながら観たい『おとなの事情』でMOPIE PARK実施

トーキョー女子映画部が提案する、映画を介した新しいコミュニケーション企画MOPIE PARK。今回はイタリア版『おとなの事情』で実施します。

映画『ディア・エヴァン・ハンセン』第46回トロント国際映画祭、ベン・プラット/ジュリアン・ムーア/アマンドラ・ステンバーグ/ニック・ドダニ/ダニー・ピノ/コルトン・ライアン 映画『ディア・エヴァン・ハンセン』ベン・プラットをはじめ豪華キャスト&スタッフが第46回トロント国際映画祭に登場!

11月26日より全国公開となる映画『ディア・エヴァン・ハンセン』。先日行われた第46回トロント国際映画祭で、本作がオープニング作品として上映され、レッドカーペットにベン・プラット、ジュリアン・ムーア、アマンドラ・ステンバーグ、スティーヴン・チョボスキー監督ら豪華キャスト&スタッフが集結しました。

映画『護られなかった者たちへ』佐藤健/阿部寛 護られなかった者たちへ

通常なら、連続“餓死”殺人事件というキーワードからサイコキラーなどが登場するのかなとイメージしてしまいますが…

映画『リスタート』SWAY(DOBERMAN INFINITY/劇団EXILE) SWAY(すうぇい)

1986年6月9日北海道、札幌市出身。2002年にラッパーとして活動開始。その後、2012年に劇団EXILEに加入し…

Huluオリジナルドラマ『死神さん』前田敦子さんインタビュー Huluオリジナル『死神さん』前田敦子さんインタビュー

冤罪事件を再捜査するクセモノ刑事(田中圭)が活躍する本作で、主人公を支える警察官を演じた前田敦子さんにインタビューをさせていただきました。アイドル時代と今についてのお話や、演技のために普段やっていることなどをお聞きしました。

映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』ジョエル・キナマン ジョエル・キナマン

1979年11月25日スウェーデン、ストックホルム生まれ。アメリカとスウェーデンの国籍を持つ。2011年より…

映画『空白』寺島しのぶさんインタビュー 『空白』寺島しのぶさんインタビュー

今回は日本を代表する演技派俳優、寺島しのぶさんにインタビューをさせていただきました。今回出演されている『空白』でも印象に残るキャラクターを演じている寺島さんに、普段役作りのためにやっていること、普段映画を観る時に目がいくところなどをお聞きしました。

映画『素晴らしき、きのこの世界』ポール・スタメッツ 素晴らしき、きのこの世界

本作は、ナショナルジオグラフィックやディズニーネイチャーのドキュメンタリー作品を手掛けた映像作家の…

映画『明日の食卓』菅野美穂 菅野美穂(かんの みほ)

1977年8月22日生まれ。1993年、ドラマ『ツインズ教師』の生徒役で俳優デビュー。1995年…

映画『整形水』 整形水

いろいろな意味で思った以上に強烈な映画です!アニメーションなので…

部活・イベント

  1. 映画『おとなの事情』
  2. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ
  3. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  4. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  5. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶

おすすめ記事

映画『おとなの事情』 参加者募集!皆の意見を聞きながら観たい『おとなの事情』でMOPIE PARK実施

トーキョー女子映画部が提案する、映画を介した新しいコミュニケーション企画MOPIE PARK。今回はイタリア版『おとなの事情』で実施します。

Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ 好きな★☆を語ろう!トーキョー女子映画部“交流会”参加者募集

この度、皆さんからのご要望が多かった“交流会”を開催することにしました。この“交流会”は作品鑑賞はせずに自由に会話していただく機会として実施します。

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

REVIEW

  1. 映画『護られなかった者たちへ』佐藤健/阿部寛
  2. 映画『素晴らしき、きのこの世界』ポール・スタメッツ
  3. 映画『整形水』
    整形水

  4. 映画『マイ・ダディ』ムロツヨシ/中田乃愛
    マイ・ダディ

  5. 映画『総理の夫』田中圭/中谷美紀
    総理の夫

  6. 映画『空白』古田新太/松坂桃李
    空白

  7. 映画『クーリエ:最高機密の運び屋』ベネディクト・カンバーバッチ/メラーブ・ニニッゼ
  8. 映画『MINAMATA―ミナマター』ジョニー・デップ
  9. 映画『スイング・ステート』スティーヴ・カレル
  10. 映画『アイダよ、何処へ?』ヤスナ・ジュリチッチ
PAGE TOP