取材&インタビュー

『思い、思われ、ふり、ふられ』原作者:咲坂伊緒さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『思い、思われ、ふり、ふられ』実写&アニメーションポスター

人気コミック「思い、思われ、ふり、ふられ」が、実写版、アニメ版となって劇場公開!今回は本作の原作者である咲坂伊緒にインタビューをさせて頂きました。若者を主人公にした数々の人気作を生み出した咲坂さんは普段どんな視点で社会を見ていらっしゃるのかなど、いろいろと質問をぶつけてみました。

<PROFILE>
咲坂伊緒(さきさか いお):原作者
東京都出身。1999年に「サクラ、チル」でデビュー。「ストロボ・エッジ」や「アオハライド」で注目を集める。「思い、思われ、ふり、ふられ」は、第63回小学館漫画賞少女向け部門を受賞し、実写とアニメーションそれぞれで映画化。

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』原作者:咲坂伊緒さんインタビュー

あの世界の色の変わり方って、本当に10代の時だけだった気がします

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』浜辺美波/北村匠海/福本莉子/赤楚衛二

マイソン:
普段、作品のインスピレーションはどんなことから得られているのでしょうか?

咲坂伊緒さん:
その時の世の中の雰囲気とか、特に私が描いているのは中高生がメインの物語なので、その時こういうことで行き詰まってそうだなとか、辛そうだなっていうもの、そこを描いたら皆が楽になるのかなっていうのから発想したりしています。

マイソン:
例えばカフェとかで中高生がいると、目が行くところはありますか?

咲坂伊緒さん:
やっぱり制服の着こなしとかを見ちゃいますね(笑)。会話を聞くチャンスが最近にはないので、それはわからないのですが、仕草とかは見ていますね。女の子の友達といる時と、彼氏と2人で歩いている時との、同じ子ではないのでどういう違いがあるのかわかりませんが、出している空気感の違いを感じますよね(笑)。

マイソン:
確かに空気感は違いそうですね(笑)。劇中で、ふられるのがわかっていても告白するべきか、ちゃんとふられたほうが前に進めるのかっていう話題も出てきて、自分ならどうするだろうと考えながら観ました。こういう問いかけ要素のある部分は、咲坂さんご自身の答えが最初からあって描いているのか、もしくは逆に一緒に考えながら描いているのか、いかがでしょうか?

咲坂伊緒さん:
答えがあるのかっていうとキャラによっても違うので、この子はこの選択をしたっていう1つの事実みたいなものですね。でも物語としての大事な部分っていうのは、押さえ込まれた状況から、それでも抜け出したい、1歩前に進みたいというバネみたいな力の部分が動いた時です。そこが1番読んでいる人の心もスッとする部分なので、それをやらせるためには無理かも知れないことを構造上やらせがちではあります。

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』北村匠海/福本莉子

マイソン:
確かに「どうなるどうなる?」っていうところが醍醐味ですものね。では、高校生の恋愛と大人の恋愛の決定的な違いはどういうところだと思いますか?

咲坂伊緒さん:
頭の中で恋愛が占める割合が決定的に違うと思います。大人ってそんなに四六時中考えないですけど、中高生の頃って、ふとした時に「あれ、あの人は今何やってるんだろう?」とか思ったりしますよね。

マイソン:
ティーンの恋愛でここが好きみたいなところはありますか?

咲坂伊緒さん:
例えば好きな人が同じ学校だったら、廊下を歩いているのを見かけた時のあの世界の色の変わり方って、本当に10代の時だけだった気がしますね。ちょっとしたことで傷ついたりして、男の子が違う女の子と話しているだけで「2人は付き合っているのかな?」とか思ったり、聞けば良いじゃんって思うんですけどね(笑)。ああいう感じは本当に愛しいですよね。友達のことを思い出しても、自分のことを思い出しても、あんな感じにはもうなれないと思うと本当に大事だなって思います。

マイソン:
確かにそうですよね。本作には高校生の青春や恋愛のキュンキュンがありつつ、家族にまつわるお話でギュンとなるところもあって、大人目線で観ても共感できる部分がありました。作者としては、主人公達と同じ目線、大人目線、俯瞰した目線など、どんな目線で描かれたのでしょうか?

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』浜辺美波/福本莉子

咲坂伊緒さん:
私は主人公と同じ目線で描いたことはないですね。読む時もそうなのですが、主人公になりきるっていうのはよくわからなくて、それは自分で描いていてもそれが普通だと思っていたのですが、タイプがあるっていうのを後から知りました。だから本当に俯瞰で見ている気がします。その人になりきってしまったら、周りが見えなくなりそうだから。時には寄り添わないといけない時もありますが、基本的には俯瞰で捉えるようにしています。

マイソン:
今回『アオハライド』に続き、三木孝浩監督による映画化となりましたが、三木監督の演出で好きな部分はどんなところでしょうか?

咲坂伊緒さん:
元々色味が好きでした。ちょっと落ち着いた、はしゃぎ過ぎてない感じが良いんですよね、映像的に。ちゃんとカッコ良い作品にするぞっていうのが、1本1本に見えるのは良いですよね。物の配置とかも私は好みですね。

マイソン:
映画化されると決まった時の心境はどうでしたか?

咲坂伊緒さん:
もし次も映画化があったら、三木監督が良いと思っていたので、三木監督にやってもらえるっていうのがわかった時は、めちゃくちゃ嬉しかったです。以前「もし次があったら、また三木監督に撮ってもらうのが夢です」とお伝えしていたので、「本当に現実になった!言っておいて良かった」と思いました。その反面、2人の女の子が対等に主人公というのもあったので、脚本にする段階ですごく難しいだろうなと思ったんです。3幕構成にするにもどうやったらできるの?って。しかも女の子2人共主人公だけど、そこにくっついてくる男の子も必要だから四者四様なわけですよね。それをこの幕の構成にどうやったら分けられるんだろう、無理じゃないかなって私は思ったんです(笑)。でも、それは脚本家さんにお任せして。

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』浜辺美波/北村匠海/福本莉子/赤楚衛二

マイソン:
実はそんな心境でもあったんですね(笑)。出来上がった作品を観てどうでしたか?

咲坂伊緒さん:
上手いこと考えてきたなって思いました。本当に何というか、個々なんですけど繋がっているから上手く回っているなと感じました。

コミック編集者:
春夏秋冬を上手く使っているなっていうのは思いましたね。それぞれの季節ごとにメインの心情、人物が変わっていく構成は、本当に天才だと思いました。

咲坂伊緒さん:
あの構成は素晴らしいですよね。

マイソン:
少しお話が変わりますが、すごく時代の変化が早くて、若者達の姿や背景も変わってくると思うんですが、時代ごとで若者のイメージに変化はありますか?

咲坂伊緒さん:
やっぱりその時代ごとに今の若者はこういう傾向にありますって言われたら、「お〜」って思いがちなんですけど、どうなんでしょうね。多少はあるんだろうけど、「そんなに違います?」って思います。テレビで言っていることは、今の時代に言っているからそう見えるようになっているだけで、「皆元々それを持っていませんか?」ということも多いので、テレビの言葉によってただあぶり出されてしまっただけみたいな。私もそうなんだと思わされていることもあるのかなと思うんですけど、どう思いますか?

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』浜辺美波/北村匠海

マイソン:
そうですね、例えば伝達手段で使っているのがポケベル、ガラケー、スマホかっていうくらいで、時代が変わっても、共感したりする日常の出来事は同じなのかなって思います。

咲坂伊緒さん:
それこそ恋愛に関しては、本当にそう思いますよね。読者の方からお手紙をもらって、「こんな恋をしています」って書いてあっても、全く同じなんですよね。告白の方法が変わっていたりはするんですけど、感情面では何1つ変わっていないなというのがあります。

マイソン:
では最後の質問で、原作者さんだからこそ言える本作の通な観方があれば教えてください。

咲坂伊緒さん:
そうですね、いかに両方(実写とアニメーション)の映画が無駄なく作られているのかということを、原作ではこんなに長いページを使ったのに、こうやって映画としてまとめられるんだっていう驚きを感じて欲しいですね(笑)。

コミック編集者:
アニメはアニメならではで、実写は実写で生身の役者さんが演じているならではの表現が、両方共やる意味が本当にあったというのがよくわかると思います。人間関係や自分ではどうしようもないことに悩んでいるという本作のエッセンスみたいなものは、どちらの映画にも共通してあって、その表現方法がアニメーションは、こういう動きでこういう感情の動きを表現するんだっていうのがあるし、実写は役者さんが1回噛み砕いて演じていて、実写は実写、アニメはアニメならではの表現を使って本作の原作にある大事なものを表現してくださっています。だから全部観るとより楽しめるというのを編集者としては思いました。

咲坂伊緒さん:
そうですね。全部観てもらうと同じじゃないけど、絶対にがっかりさせないと思います。それは漫画を描いていて、動かない画だからできないことをアニメーションが叶えてくれているし、この人達がリアルにいたらどんな感じなんだろうというのを実写が叶えてくださっているので、それぞれに良いところがギューギューに詰まっていると思います。だから全部観て欲しいです。

マイソン:
ありがとうございました!

2020年7月3日取材 TEXT by Myson

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』浜辺美波/北村匠海/福本莉子/赤楚衛二

『思い、思われ、ふり、ふられ』
8月14日より全国公開
監督・脚本:三木孝浩
出演:浜辺美波/北村匠海/福本莉子/赤楚衛二/上村海成/三船海斗/古川雄輝/戸田菜穂
配給:東宝

朱里、由奈、理央、和臣は、同じマンションに住み同じ学校に通う高校1年生。このタイプの全く異なる4人の運命が複雑に絡み合い、恋をしたり、将来のことや家族のことに悩みを抱えたり、問題にぶつかりながら、それぞれに成長していく。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

アニメーション映画『思い、思われ、ふり、ふられ』

アニメーション映画『思い、思われ、ふり、ふられ』
9月18日より全国公開
配給:東宝

公式サイト

© 2020「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 © 咲坂伊緒/集英社

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ラーヤと龍の王国』 ラーヤと龍の王国

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ…

Netflix映画『Mank/マンク』チャールズ・ダンス チャールズ・ダンス

1946年10月10日、イギリス生まれ。俳優で映画監督。これまで多くの作品に俳優として…

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン ここだけの話15:パートナーと収集のつかない喧嘩をした後、気持ちをどう整理する?

PodCast【トーキョー女子映画部ここだけの話】では、トーキョー女子映画部のマイソンが、記事には…

映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真 太陽は動かない

心臓に爆弾を埋め込まれ、任務から逃げられない運命にある主人公の奮闘を…

Nerflixドラマ『ザ・ポリティシャン』ベン・プラット ベン・プラット

1993年9月24日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。映画『ピッチ・パーフェクト』へ…

映画『サンドラの小さな家』 『サンドラの小さな家』5組10名様 特別試写会ご招待

映画『サンドラの小さな家』5組10名様 特別試写会ご招待

映画『野球少女』イ・ジュヨン 野球少女

最高134キロの球を投げる高校球児が、女子という理由だけでプロ球団への道を阻まれながらも、諦めずに挑み続ける…

Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ エミリー、パリへ行く

『セックス・アンド・ザ・シティ』のダーレン・スターが、今度はパリを舞台にしたドラマをリリー・コリンズ主演で…

映画『ターコイズの空の下で』麿赤兒 麿赤兒(まろ あかじ)

1943年2月23日生まれ、奈良県出身。早稲田大学中退。長男は…

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. 映画『ラーヤと龍の王国』
  2. 映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真
  3. 映画『野球少女』イ・ジュヨン
    野球少女

  4. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ
  5. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  6. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  7. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  8. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
  9. 映画『ステージ・マザー』ジャッキー・ウィーヴァー
  10. 映画『ガンズ・アキンボ』ダニエル・ラドクリフ
PAGE TOP