取材&インタビュー

『WALKING MAN』ANARCHY監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『WALKING MAN』ANARCHY監督インタビュー

野村周平主演『WALKING MAN』で、監督デビューを果たしたANARCHYさんを取材させて頂きました。ラッパーとして地位を築いてきたANARCHYさんにとってのラップとは、そして、映画監督に挑戦したきっかけとは何だったのか。ANARCHYさんのお話から、言葉の力を改めて感じさせられました。

<PROFILE>
ANARCHY(アナーキー):
京都・向島団地出身。父子家庭で育ち、荒れた少年時代を経て、逆境に打ち勝つ精神を培ってきた。2005年にラッパーとしてデビューし、異例のスピードで人気を博す。日本を代表するラッパーとなり、2014年にはメジャーデビュー。2008年には自伝“痛みの作文”を出版した。2018年にはレーベル/プロダクション「ONEPERCENT」を設立。2019年、映画『WALKING MAN』では監督デビューを飾り、主題歌も担当。

映画は、一生僕のバイブル

映画『WALKING MAN』野村周平

マイソン:
まず監督ご自身が、ラップに出会ったきっかけは何だったのでしょうか?

ANARCHY監督:
僕の父親もミュージシャンで、音楽をやりたいなと思ってたんですけど、楽器は真剣に練習することができず、僕が14〜15歳くらいの時にZeebra(ジブラ)さんとか、ラッパーのライブを見に行ってすごく面くらったんです。ラップって言葉じゃないですか。それなら自分が言いたいことを表現できるなって。

マイソン:
主人公もラップに出会ってから運命が変わっていきますが、監督がラップに出会った当時、1番ご自身の中で起きた変化は何ですか?

ANARCHY監督:
僕も男の子なので、何者かになりたいとか、当時いろいろなものがあったと思います。そんなに良い家庭環境でもなかったし、世の中になのか、家庭になのか、育った環境になのかわからないですけど、不満とか言いたいことはすごくあったと思うんですよね。それを口にできなかったりすることの歯痒さとかが、ラップをやることによって表現できるようになったんです。自分の心の中って言葉にしないと伝わらない部分がすごくあって、この映画にもそれは共通することですが、表現方法を見つけたなっていう感覚になりました。

映画『WALKING MAN』野村周平

マイソン:
今はSNSができて、すぐ発信できるじゃないですか。こういう状況を、監督はどう思いますか?

ANARCHY監督:
自分の中でずっと抑えていなければいけないものを自分が伝えられるツールとしては、昔にはなかったものだし、良いと思うんですよね。ただ、SNSの中では何者でもない奴が話しているのと一緒なんですよね。人前に立って自分の顔を見せて表現する、人前に出てプレーするのとは別だと思っています。SNSがあるから、それで言えている気分になったり、踏み出せなかったりすることもあるだろうし、それは言えているとは、僕は思えないなって部分があります。

マイソン:
それは自分が何者かをちゃんと明かして責任を持ってみたいな。

ANARCHY監督:
そうですね。ラッパーは、人前に出て、自分のことをさらけ出して言うから、全部自分に返ってくるんです。でもネットでああだこうだ言っているだけでは、自分にも返ってこないし、その言葉は真剣にやっている人には届かないなって思います。

マイソン:
ラップで表現できることと、映画だからこそできること、両方に良いところがあると思うんですけど、今回映画でしか表現できなかったなって思うところはどんなところですか?

ANARCHY監督:
ヒップホップで1番大事なのは、僕が曲を作って、僕がこの歌をなぜ歌ったのかっていうバックボーン、つまり、こういう環境でこう育った人の口が言うことだと思うんです。だからアトムが最後に歌う時に、アトムじゃないと歌えない曲になっているところが良い感じでできたかなって。これは一応ラップムービーにはなっているんですけど、何にでも当てはまるというか、サッカー選手でも野球選手でも何でも“なりたい”って思うことは小学生でもできるし、大人になってもずっとできるじゃないですか。その時に1歩踏み出すことが1番大事で、夢を見つけることすら難しいなか、その見つけた夢をどれだけ大事にできるか、そこで何か見つけたことを誇りに思えるか。でも大事にして守っているだけじゃ年を取っていくだけなので、失敗することよりもそのまま立ち止まることが、僕は1番もったいないと思います。せっかく夢を見つけたのにって。失敗しても良いから1歩踏み出して欲しいなっていうのが、この映画のメッセージで、この主人公はウジウジしながらもちょっとずつだけど、自分の口で言えたり、そういうのを野村周平くんが、言葉もないなかで上手いこと表現してくれたなって。

映画『WALKING MAN』野村周平

マイソン:
今おっしゃったみたいに、夢を見つけても挑戦しない人が多いと思いますが、踏み出す人とそうしない人の違いって何だと思いますか?何が必要というか。

ANARCHY監督:
夢が叶うかどうかって考えちゃうじゃないですか。でも、そんなことは後で考えれば良いし、自分がやりたいこととか、好きと思えることに夢中になれるかどうかなんですよね。夢中になっているうちに、自分がもっとできるとか、これのプロになりたいとか思ったりもするし、夢を見つけて1歩進んだ時点で、その人の人生で一生の経験になる。女の子にプロポーズする時も、好きって思っているだけじゃ何も叶わないのと一緒で、思っているだけじゃ人の心は誰も読めないから、やっぱり言葉って大事だなって思うんですよね。僕はそういうところがラップの好きなところで、僕も黙っていたらこれだけの気持ちを伝えられなかったと思うし、だからラップに出会って良かったし、ラップに出会って僕も人生が変わったし。20歳だろうと30、40、50歳だろうと、その時に夢ができることだってあるじゃないですか。僕はずっとそうありたいと思うし、35歳になって、映画を作りたいって言いました。作りたいって言うのは簡単だけど、何もない状態で映画を作るなんて、「お前、映画の何を知っているの?」とか、「バカかよ」って言う人も絶対にいっぱいいたし、そういう学校に行ったこともないし、専門用語も何も知らない。でもやりたいから1歩踏み出すしかなかったんですよ。めっちゃ怖かったですよ。始め僕は監督はやらないって言ってたんです。監督は別の人にやってもらって、僕はプロデュースのほうに回ろうと。でも一緒に作ってくれたパートナーの人達、漫画家の髙橋ツトムさん、脚本家の梶原阿貴さんに「お前の映画なんだろ。お前が監督やってみろ」って言われて、「え?監督って、僕みたいな奴にできるんですか?」って言ったら、「お前がやりたいと思って、お前が作るんだから、お前が作ったものが正解ならできるだろ」って。簡単に言えば、僕も1歩踏み出せって言われたんですよね。「じゃあやらせてください」って言えた自分も誇りに思いたいし、今言っていることも今まで自分に言ってきたことなんです。

映画『WALKING MAN』ANARCHY監督

マイソン:
学校で習ったかどうかなんて、全然関係ないですよね。

ANARCHY監督:
ただ撮り始めた時に苦労しましたけどね。専門用語も飛び交うし、僕が1番素人だし、勉強しながら皆に教わりました。自分だけでは全くできなかったし、その分しっかりしないとっていう気持ちもありました。僕の映画なので、僕よりも映画に何十年も関わってきた人に「こっちのカットとこっちのカットどっちですか?」「オッケーですか?」って聞かれたら、決断するのは僕なので、その時に堂々としていないとなって。皆僕に付いてきてくれて、楽しくてワクワクして、どんな映画になるのかって思ってくれてたと思うんですよね。そうじゃなかったら、こんな素人の監督に付いていってやろうとはなかなか思えなかっただろうし、だから気持ちだけは伝えて、「皆、力を貸してください」って始めから言って、それに応えてくれたのがチームでした。

マイソン:
監督が映画を撮りたいって思ったきっかけとか、好きになったきっかけの作品ってありますか?

ANARCHY監督:
いろいろなヒップホップや音楽のアルバムを聴いてきて、それが今までの僕を作ってきた部分もあるんですけど、人生で言うと映画のほうが一生僕のバイブルというか、そういうものになる映画がたくさんあったんですよね。今でも何回も観る映画があって、あの時の気持ちを思い出すとか。音楽でももちろんあるんですけど、それはヒップホップにも繋がるし、音楽にも繋がるし、そういうものが作ってみたいと思ったんですね。1歩踏み出す男の子、女の子達が出てきたり、それを観てヒップホップを始めたり、何でも良いんですけど、そういう人生に必要な本とかアルバムとか映画とかってありますよね。音楽は今までやり続けてきたことなんですけど、やっぱり映画って、目で見て耳で聴いて、自分の人生と置き換えたりするものじゃないですか。そういう映画って一生残るし、あの映画があったから今の僕がいるって思える。そういう映画の魅力って、ディズニー映画でも、マフィア映画でも、コメディ映画でもあると思っていて、漠然といつか映画を作りたいって思っていたんです。ただ実際に作るとなった時に、やっぱり今自分が持っているものはラップしかないので、ラップの映画が撮りたいって。でも、アメリカみたいな映画、アメリカのヒップホップ、カッコ良い映画を作りたいとは思わなくて、シンプルでも良いし、地味でも良いから、主人公が真っ直ぐ成長していく様がちゃんと描ければ、僕は成功なんじゃないかなって。その部分は描けたと思います。

映画『WALKING MAN』野村周平/柏原収史

マイソン:
では最後に、数ある中の1本でも良いんですが、監督が1番好きな映画は何ですか?

ANARCHY監督:
1番好きな映画は、ジム・キャリーの『マン・オン・ザ・ムーン』です。ジム・キャリーってコメディアンじゃないですか。でもあの人の映画って、コメディの中にシリアスさと哀愁があって、『マン・オン・ザ・ムーン』に関しては、僕のエンタテインメントのルーツなんですよね。あの主人公は、人を楽しませるけど、いろいろ騙したり、自分の好きなことをやっていて、不思議な気分になるんです。ジャンルは違うけど、ヒップホップにも通じるものがあって、皆を楽しませるためにステージの上に立つし、それは芸人さんでも一緒だと思うし、大好きな映画ですね。

映画『WALKING MAN』ANARCHY監督インタビュー
スタイリスト:keisuke kanoh/ヘアメイク:長谷部篤

マイソン:
ジム・キャリー作品の中でも突出して違うというか、なんか悲しいものとかいろいろなものが詰まっている感じですよね。

ANARCHY監督:
しかもあれは実話じゃないですか。あと『トゥルーマン・ショー』『イエスマン “YES”は人生のパスワード』『ライアー ライアー』とか、ジム・キャリー系はとにかく好きです。あの人って変でしょ。役者としても何か変で、そういうところが僕は好きなんですよね。

2019年8月28日取材 PHOTO & TEXT by Myson

映画『WALKING MAN』野村周平/優希美青

『WALKING MAN』
2019年10月11日より全国順次公開
監督:ANARCHY
出演:野村周平/優希美青/柏原収史/伊藤ゆみ/冨樫真/星田英利/渡辺真起子/石橋蓮司
配給:エイベックス・ピクチャーズ

極貧の母子家庭で育ち、幼い頃から人前で話すことも笑うことが苦手なアトムは、不用品回収業のアルバイトで生計を支えていた。そんな中、ある日、母が事故で重病を負い、入院。アトムは思春期の妹と2人で毎日を何とかやり過ごすしかない生活を余儀なくされる。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© 2019 映画「WALKING MAN」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『オン・ザ・ロック』ビル・マーレイ/ラシダ・ジョーンズ オン・ザ・ロック

今回のソフィア・コッポラ監督作も、期待通りに…

映画『マーティン・エデン』ルカ・マリネッリ ルカ・マリネッリ

1984年10月22日イタリア、ローマ生まれ。若い頃から映画の吹替でキャリアを積み、2006年に俳優として本格的に活動を始め…

映画『エマ、愛の罠』パブロ・ラライン監督インタビュー 『エマ、愛の罠』パブロ・ラライン監督インタビュー

本作で、監督と共同脚本を務めたパブロ・ラライン監督にリモート・インタビューをさせて頂きました。監督は観客がどう反応しても喜んでくれる方で、それが映画作りに反映されているのだなと感じました。

映画『浅田家!』二宮和也 浅田家!

本作は、写真家の浅田政志氏による写真集「浅田家」と「アルバムのチカラ」を原案に…

映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』イアン・ハート イアン・ハート

1964年10月8日イギリス、リヴァプール生まれ。メイベル・フレッチャー音楽演劇学校を卒業後、ビデオ制作を学び…

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 悪魔はいつもそこに

トム・ホランド、ビル・スカルスガルド、ライリー・キーオ、ロバート・パティンソン、ミア・ワシコウスカ、ジェイソン・クラーク、セバスチャン・スタン、ハリー・メリングなど、キャストの豪華さ…

映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』ダニエル・ウェバー ダニエル・ウェバー

1988年6月28日、オーストラリア生まれ。グリーン・ポイント・クリスチャン・カレッジに入学し、技術者として働いた後…

映画『トロールズ ミュージック★パワー』 トロールズ ミュージック★パワー

とてもカラフルで可愛らしいアニメなので、子ども向けの作品に見えるのですが…

映画『クライマーズ』ウー・ジン/チャン・ツィイー クライマーズ

チョモランマの登頂をテーマにした作品は、これまでにいくつもありますが、本作では史実をベースに中国の登山隊がチョモランマに…

映画『クライマーズ』ウー・ジン ウー・ジン

1974年4月3日中国生まれ。1995年、ユエン・ウーピンに見い出され、香港映画『マスター・オブ・リアル・カンフー/大地無限2』で…

おすすめ記事

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

REVIEW

  1. 映画『オン・ザ・ロック』ビル・マーレイ/ラシダ・ジョーンズ
  2. 映画『浅田家!』二宮和也
    浅田家!

  3. Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド
  4. 映画『トロールズ ミュージック★パワー』
  5. 映画『クライマーズ』ウー・ジン/チャン・ツィイー
    クライマーズ

  6. 映画『アダムス・ファミリー』(アニメーション版)
  7. Netflix映画『ザ・ファイブ・ブラッズ』デルロイ・リンドー
  8. 映画『エマ、愛の罠』マリアーナ・ディ・ジローラモ/ガエル・ガルシア・ベルナル
    エマ、愛の罠

  9. 映画『マティアス&マキシム』ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス/グザヴィエ・ドラン
  10. 映画『マーティン・エデン』ルカ・マリネッリ

部活・イベント

  1. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラ
  2. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  3. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  4. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  5. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
PAGE TOP