特集

映画に隠された恋愛哲学とヒント集69:浮気を知った時の反応は、自分の本心の表れなのか?

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『窓辺にて』稲垣吾郎/中村ゆり

ネタバレ注意!

今回は、『窓辺にて』を例に考えてみました。

浮気を知っても怒りや哀しみがわかないのは、おかしい?

皆さんに交際中もしくは結婚しているパートナーがいたとして、その人が浮気をしたら腹が立ったり、悲しくなりますか?ここで一度、リアルに想像してみてください。どんな気持ちになったとしても、その上で『窓辺にて』を観てみると、自分を客観視できるでしょう。ただ、ここから先は内容に少し触れるので、真っ新な状態で映画を観たい方は、観終わってから下記を読んでいただければと思います。

映画『窓辺にて』の主人公、フリーライターの市川茂巳(稲垣吾郎)は、誰にも言えない悩みを抱えていました。彼は、妻の紗衣(中村ゆり)が浮気をしていることに気付いていながら、見て見ぬふりをしています。でも、彼の悩みは、妻の浮気ではありません。問題は彼が妻の浮気を知った時の自分の反応でした。

映画『窓辺にて』稲垣吾郎

この作品には、他にもカップルが出てきます。そのキャラクター達は恋愛感情として想像される通りの例として観ることができます。「好きな人が浮気をしているのを知ったら、ショックを受けるに決まってる!」という感覚の人達です。でも、彼等の中でも反応はいろいろあります。異性との関係を勘ぐってわかりやすくヤキモチを焼くタイプもいれば、事実を知ってショックを受けても心に秘めておくタイプもいます。相手を好きだから怒る、相手を好きだから別れを恐れて黙っている、どちらもいるのです。だから、浮気の事実を知ってもそのままにしておくというだけでは、好きではない証拠にはなりません。

主人公の本当の問題は、妻の浮気を知っても怒りや哀しみのような感情がわかなかったことです。多くの方はここで「それは、好きじゃない証拠じゃない?」と思うかもしれません。でも、本当にそうなのでしょうか。劇中では、彼のこの感情の解釈を巡って、さまざまなキャラクター達のやり取りが描かれています。

映画『窓辺にて』稲垣吾郎/中村ゆり

ここからは、私の解釈です。妻に浮気をされても動じなかった主人公のパーソナリティを考えてみました。

A:彼は何でも物事を俯瞰して見てしまう。
自分のことなのに、俯瞰して見てしまうことで、あまりに客観的になってしまう。感情より先に物事を解釈してしまう。

B:人の感情や思考に寛容
作家として小説を書いたことがあり、フリーライターである彼は、人や人の心情について興味や理解がある。だから、人のどんな感情や思考も理解しようとしたり、受け入れようとする。それゆえに、相手の心情を汲み取って「それなら仕方がない」という結論を出してしまう。

AとBどちらかなのかもしれないし、単純に本当に妻を愛していなかったのかもしれません。でも、私の解釈では、AとB両方で、彼は彼なりに妻を大事に思っていたのではないかと思います。

だから、「浮気を知った時の反応は、自分の本心の表れなのか?」の結論として、私の答えは「ノー」です。人間はそんなに単純なものではないといったらそれまでですが、本当にそうだと思います。

『窓辺にて』は、主人公が抱える悩み=謎に迫る見事な会話劇です。燃えるような恋をしたことがないとか、あまり感情が動かないというような悩みがある方は特に共感する内容なのではないでしょうか。同時に、そういうタイプの人を好きになって悩んでいる方にもオススメです。ぜひ観ながら自分の気持ちも見つめ直してみてください。

映画『窓辺にて』稲垣吾郎/玉城ティナ/中村ゆり

『窓辺にて』
2022年11月4日より全国公開
東京テアトル
公式サイト

©2022「窓辺にて」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

映画『怪盗グルーのミニオン超変身』 怪盗グルーのミニオン超変身【レビュー】

“怪盗グルー”シリーズは、本作で4作目、“ミニオン”シリーズを入れると6作目…

中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『ある一生』シュテファン・ゴルスキー ある一生【レビュー】

激動の時代を駆け抜ける感覚があり、『フォレスト・ガンプ/一期一会』を観ているような感覚…

映画『ブルーピリオド』渋谷プレミアイベント:眞栄田郷敦、高橋文哉、板垣李光人、桜田ひより、萩原健太郎監督 劇中には俳優達が描いた絵も採用『ブルーピリオド』眞栄田郷敦、高橋文哉、板垣李光人、桜田ひより、萩原健太郎監督登壇、渋谷プレミアイベント

映画『ブルーピリオド』の渋谷プレミアイベントに眞栄田郷敦、高橋文哉、板垣李光人、桜田ひより、萩原健太郎監督が登壇!

映画『ヒューマニスト・ヴァンパイア・シーキング・コンセンティング・スーサイダル・パーソン』サラ・モンプチさん&アリアーヌ・ルイ・セーズ監督メールインタビュー 『ヒューマニスト・ヴァンパイア・シーキング・コンセンティング・スーサイダル・パーソン』サラ・モンプチさん&アリアーヌ・ルイ・セーズ監督インタビュー

今回は、『ヒューマニスト・ヴァンパイア・シーキング・コンセンティング・スーサイダル・パーソン』で主演を飾ったサラ・モンプチさんとアリアーヌ・ルイ・セーズ監督にメールインタビューをさせていただきました。

映画『コンセント/同意』キム・イジュラン/ジャン=ポール・ルーヴ 『コンセント/同意』特別試写会 10組20名様ご招待

映画『コンセント/同意』特別試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  2. 映画『呪葬』セリーナ・レン
  3. 映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎
  4. 映画『怪盗グルーのミニオン超変身』
  5. 映画『ある一生』シュテファン・ゴルスキー

PRESENT

  1. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  2. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
  3. 映画『コンセント/同意』キム・イジュラン/ジャン=ポール・ルーヴ
PAGE TOP