NEWS

ジェンマ・チャン、アンジェリーナ・ジョリーら豪華キャスト&スタッフが集結!『エターナルズ』ワールドプレミア

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『エターナルズ』ワールドプレミア、ジェンマ・チャン、リチャード・マッデン、アンジェリーナ・ジョリー、クロエ・ジャオ監督他

アベンジャーズ”に次ぐ新たな伝説となるドラマチック・アクション超大作『エターナルズ』が、いよいよ11月5日より全国公開となります。そしてこのたび、公開を目前に控えた現地時間10月18日(日本時間10月19日)にロサンゼルスにて超豪華キャスト&スタッフが登場したワールドプレミアが開催されました!会場には、主演のジェンマ・チャンをはじめ、リチャード・マッデン、アンジェリーナ・ジョリー、そして『ノマドランド』でアカデミー賞監督賞を受賞し、今最も注目を浴びているクロエ・ジャオ監督らが集結しました。

映画『エターナルズ』ワールドプレミア、ジェンマ・チャン、アンジェリーナ・ジョリー

会場にはブルーのカーペットが敷かれ、エターナルズの戦士達の衣装が飾られるなど大規模なプレミアとなりました。また、新たなヒーロー達の誕生を待ちわびるマーベルファンや多くの取材陣が駆けつけ、キャスト陣が登場すると会場の盛り上がりは最高潮に!

映画『エターナルズ』ワールドプレミア、アンジェリーナ・ジョリー一家
アンジェリーナ・ジョリーは家族で登場!

チームの中で最も危険な女戦士セナ役を演じたアンジェリーナ・ジョリーは、シックながらゴージャス感あふれるドレスで登場!この日のプレミアについて「ここまであまり外に出ることができなかったでしょ。だから、今夜こうやって外に出て皆で集まってその顔を見ることができて、とても幸せに感じているわ」と喜びを語りました。そして、日本のファンに向けて「日本の皆さんにこの作品を楽しんでいただけることを願っていますし、愛を送ります」とメッセージを送りました。

映画『エターナルズ』ワールドプレミア、ジェンマ・チャン、リチャード・マッデン

“エターナルズ”の中心メンバーであるセルシ役のジェンマ・チャンは、自身が演じた役について「セルシはユニークなスーパーヒーローです。彼女は戦士というよりは考える人。自由奔放で、他者の感情を読み取る能力があります。そんなキャラクターを演じ、その核心に迫るには本当に興味深いキャラクターでした」とコメント。そして、“エターナルズ”最強の戦士イカリス役のリチャード・マッデンは、「参加することができて、とてもワクワクしています。劇場で多くの人達と一緒に映画を観ることができるのは、とても喜ばしいことですよね」と話し、日本のファンに向けて「日本のマーベルファンの皆さん、こんにちは!この作品をぜひ楽しんでください。いつか…すぐにでも飛んで行って、皆さんと会えることを願っています!」と来日を熱望しました。

映画『エターナルズ』ワールドプレミア、ブライアン・タイリー・ヘンリー、アンジェリーナ・ジョリー、クロエ・ジャオ監督

本作のメガホンをとったアカデミー賞監督のクロエ・ジャオは、「こんなにたくさんの群衆を前にしたのは初めてで、この映画自体がクレイジーな乗り物に乗っているようなものでした。新しく出てくる“セレスティアルズ”という存在やマーベル・シネマティック・ユニバースの源泉とは何かということを学んだりした後に、ファンの皆さんのリアクションを見ることができて、とても満足しているわ」と語りました。

その他にも“エターナルズ”の中で最も力が強くコズミック・エネルギーを自らの身にまとうことができる強力な戦士ギルガメッシュを演じたマ・ドンソクや、インド映画界ボリウッドで大スターとして生活するキンゴ役のクメイル・ナンジアニ、自分の姿を自由自在に変化させることのできる少女のような見た目のスプライト役のリア・マクヒュー、発明の才能に恵まれ、エターナルズの頭脳を担う知性派メンバー、ファストス役のブライアン・タイリー・ヘンリーも登場し、華やかなプレミアイベントとなりました。日本公開に向けていよいよカウントダウンが始まった本作。新たなヒーローチームの誕生をぜひ劇場でご覧ください!

映画『エターナルズ』ジェンマ・チャン/リチャード・マッデン/アンジェリーナ・ジョリー/サルマ・ハエック/マ・ドンソク/キット・ハリントン

『エターナルズ』
2021年11月5日より全国公開
公式サイト
ウォルト・ディズニー・ジャパン

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© Marvel Studios 2021

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP