NEWS

ドウェイン・ジョンソン、ガル・ガドット、ライアン・レイノルズら集結!Netflix映画『レッド・ノーティス』ワールドプレミア開催

  • follow us in feedly
  • RSS
Netflix映画『レッド・ノーティス』ワールドプレミア、ドウェイン・ジョンソン、ガル・ガドット、ライアン・レイノルズ

11月12日よりNetflixにて全世界独占配信開始となる映画『レッド・ノーティス』。配信を目前に控えた11月3日にL.A.にてワールドプレミアが開催されました。会場には、『ワイルド・スピード』や『ジュマンジ』シリーズで知られるドウェイン・ジョンソン、『ワンダーウーマン』で知られるガル・ガドット、『デッドプール』で人気のライアン・レイノルズという超豪華キャストが大集結しました。

Netflix映画『レッド・ノーティス』ワールドプレミア、ドウェイン・ジョンソン、ガル・ガドット、ライアン・レイノルズ、ローソン・マーシャル・サーバー監督

イベントは、ハリウッドの大スター達を待ちわびたファンの歓声と共にスタート。まず登場したのは、本作を手掛けたローソン・マーシャル・サーバー監督。超豪華キャストが集結した本作について、監督は「本作のアイデアをドウェインに話してみたら、“気に入った。やるよ”と言ってくれたんだ。そしてあとの2人の役もガルとライアン以外に考えられなかった。『オーシャンズ11』や『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』『トーマス・クラウン・アフェアー』へのラブレターを書いたとでも言うべきかな。『レッド・ノーティス』はこれらの作品をまとめてブレンドしたような作品なんだ」と語りました。

Netflix映画『レッド・ノーティス』ワールドプレミア、ライアン・レイノルズ

続いて、真っ赤なベロアのスーツを着こなしたライアン・レイノルズが登場。劇中では、“史上最大級の財宝”を巡り、3人で熾烈な戦いを繰り広げていますが、ドウェインとガルとは10年以上の旧知の仲だというライアン。ドウェインの秘密について尋ねられると、「今日の彼は実はCGなんだ。彼は本当はフロリダにいて、シナモントーストとパンケーキを食べているんだ」と仲の良さが伺えるジョークを飛ばしました。

Netflix映画『レッド・ノーティス』ワールドプレミア、ドウェイン・ジョンソン、ガル・ガドット、ライアン・レイノルズ

そして、真っ赤なスパンコールのドレスに身を包んだガル・ガドットと、深紅のベロアのスーツを着こなしたドウェイン・ジョンソンが登場!主演のハリウッドスター3人がレッドカーペットに揃うと、会場は一気に熱狂の渦に包まれました。好きなアクションシーンについて聞かれたライアンは、「ドウェインと一緒にしたチェイスシーンの撮影。4階分の足場を登らなければならなくて、本当にどうかしているよね。あの撮影の4、5日間はちょっと怖かったけど、今ではとても良い思い出だよ」と答えました。ワンダーウーマンと今回の役の違いについて聞かれたガル・ガドットは、「どちらも楽しいわ。私はワンダーウーマンを演じられて世界で1番ラッキーだと思っていたら、今度はこんな悪役の象徴のような役までもらえて本当にラッキーだわ。それにこのビショップは、監督がとても興味深い多重人格で愉快な人物に描いていて、リアルに演じられたわ」と話しました。

Netflix映画『レッド・ノーティス』ワールドプレミア、ガル・ガドット

再び3人の共演が叶うとしたらどんなジャンルに挑みたいか問われると、ドウェイン・ジョンソンは、「まずは彼らと一緒に『レッド・ノーティス』の続編をやりたいね。それから、僕がブラックアダムでライアンがデッドプール、ガルがワンダーウーマンだから、DCとマーベルのそれぞれの世界観を超えて集結する方法があるのではないかと思っているんだ。それを一緒にやりたいね」と、ユーモアたっぷりに回答しました。

Netflix映画『レッド・ノーティス』ワールドプレミア、ドウェイン・ジョンソン

また、ファンサービスでは、感極まって泣き出すファンにドウェインがハグをしたり、一緒にセルフィーを撮るなど、手厚いファンサービスをする姿も見られ、最後には「ロック様(=ドウェイン・ジョンソン)」コールが巻き起こるなど、興奮が冷めやらぬままイベントは終了となりました。本作はいよいよ11月12日より配信開始!ドウェイン・ジョンソン、ガル・ガドット、ライアン・レイノルズがどんな共演ぶりが観られるのか期待が高まります!

Netflix映画『レッド・ノーティス』ドウェイン・ジョンソン、ガル・ガドット、ライアン・レイノルズ

Netflix映画『レッド・ノーティス』
2021年11月12日よりNetflixにて独占配信開始
公式サイト

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  2. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  3. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  4. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  5. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP