イイ俳優セレクション

ライアン・レイノルズ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』ライアン・レイノルズ

1976年10月23日カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州生まれ。カナダで俳優デビューし、その後アメリカに移り、1996年TVドラマ『X-ファイル』のシーズン3にゲスト出演。その後ドラマ『ふたりの男とひとりの女』に1998年~2001年まで出演し、人気を得た。2003年、映画『ブレイド3』では、ハンニバル・キング役を演じ、このときは10㎏減量をし肉体を鍛え上げた。2009年『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』では、剣術の達人デッドプール役を演じ、肉体派俳優としての地位を築き上げた。なお2008年にはピープル誌の“最もセクシーな男性”、2010年には“最もセクシーなパパ”に選出された。
2009年には、サンドラ・ブロックが共演のラブコメディ『あなたは私の婿になる』に出演し、コメディ俳優としての才能も発揮。2010年に出演した『リミット』では、ほぼ全編一人芝居で演じた。プライベートでは、2004年に歌手のアラニス・モリセットと婚約していたが2006年に解消。2008年にスカーレット・ヨハンソンと結婚したが、2010年に離婚。2012年に、映画『グリーン・ランタン』で共演したブレイク・ライヴリーと結婚。また、父が長らくパーキンソン病と闘っていたことから、2007年にニューヨーク・シティ・マラソンを完走し、その理事を務めている“マイケル・J・フォックス パーキンソン病・リサーチ財団”に10万ドルの寄付を集めたこともある。

イイ男セレクション/出演作

『キルスティン・ダンストの大統領に気をつけろ!』『ブレイド3』『悪魔の棲む家』『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』『カオス・セオリー』『ラブ・ダイアリーズ』『アドベンチャーランドへようこそ』『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』『あなたは私の婿になる』『リミット』『グリーン・ランタン』『デンジャラス・ラン』『テッド』(カメオ出演)『白い沈黙』『黄金のアデーレ 名画の帰還』『デッドプール』『セルフレス/覚醒した記憶』『ライフ』『デッドプール2』『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』『6アンダーグラウンド』(Netflix映画)『フリー・ガイ』『レッド・ノーティス』(Netflix映画)『アダム&アダム』(Netflix映画)『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』『ブレット・トレイン』など

声の出演:『名探偵ピカチュウ』など

イイ俳優セレクション/出演作

『グリーン・ランタン』って彼にとってどうだったのかな~なんて思ってたら、やっぱり『デッドプール』に乗り換えましたね(笑)。でも肉体派の彼にとってはいずれにしても、ヒーローものに出ないともったいないので、デッドプールで良いと思います!『デッドプール』はすごく毒気が強いので、甘い顔の彼としては、これくらい灰汁の強い役をやったほうが逆におもしろいですね。『セルフレス/覚醒した記憶』では、興味深い設定のキャラクターを演じていて、人間ドラマ、アクションの部分で彼の実力を大いに発揮。日本でもそろそろ人気が上昇して欲しいです。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『アダム&アダム』
Netflixにて配信中

Netflix映画『アダム&アダム』ライアン・レイノルズ

『レッド・ノーティス』
Netflixにて配信中

Netflix映画『レッド・ノーティス』ドウェイン・ジョンソン、ガル・ガドット、ライアン・レイノルズ

『6アンダーグラウンド』
Netflixにて配信中

Netflix映画『6アンダーグラウンド』ライアン・レイノルズ/メラニー・ロラン/コーリー・ホーキンズ/デイヴ・フランコ/アドリア・アルホナ/マヌエル・ガルシア=ルルフォ/ベン・ハーディ

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『ブレイド3』

『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』

『カオス・セオリー』

『ラブ・ダイアリーズ』

『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』

『あなたは私の婿になる』

『リミット』

『グリーン・ランタン』

『デンジャラス・ラン』

『白い沈黙』

『黄金のアデーレ 名画の帰還』

『デッドプール』

『セルフレス/覚醒した記憶』

『ライフ』

『デッドプール2』

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』

『フリー・ガイ』

『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』

『ブレット・トレイン』

© 2009 Versus Entertainment S.L. All Rights Reserved
©2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. TM & © DC COMICS.
© 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
© 2015 Focus Features LLC, and Shedding Distribution, LLC.
©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
© 2020 Hitman Two Productions, Inc. All Rights Reserved.

関連記事

from 2011/10/9

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP