NEWS

エマ・ストーン、ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグら豪華キャストが集結!『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア、ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーン

アカデミー賞俳優達と、『ヴェノム』の監督、『デッドプール』脚本家が集結した映画『ゾンビランド:ダブルタップ』が11月22日に日本公開となります!そして先日、本作のワールドプレミアがLAで開催され、本作に出演のウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーンといったアカデミー賞俳優達に加え、『ヴェノム』でヒットメーカーとなったルーベン・フライシャー監督が登場しました!

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア、ウディ・ハレルソン

ウディ・ハレルソンは、「こんなに楽しい仕事は他にないよ。わかるだろ?1日中笑いっぱなしさ。この作品に参加できて、本当に光栄だよ」と語り、アビゲイル・ブレスリンも「ここまで来るのに長い道のりだった気がする。10年だもんね。また皆と仕事ができたのは、素晴らしかったわ!再会すると同時に、ずっと一緒にいたかのような感じで打ち解けられたの。そして新しいキャストメンバーも加わって、さらにクレイジーなファミリーになったわね!」と話しました。

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア、アビゲイル・ブレスリン

また、本作の監督ルーベン・フライシャーについて、ウディ・ハレルソンは、「監督はマジシャンだね。コメディでありつつ、感動もできる。素晴らしい作品だと思うよ」と監督の手腕を高く評価。ジェシー・アイゼンバーグは、「10年待って、さまざまな脚本家のドラフトを経由し、最終的に前作の『ゾンビランド』や『デッドプール』も手掛けたレット・リースとポール・ワーニックが素晴らしいものを書き上げたんだ。とても興奮したよ」と、脚本家陣を絶賛しました。

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア、ジェシー・アイゼンバーグ

前作『ゾンビランド』の公開から10年の月日が経ち、それぞれアカデミー賞(※ノミネート含む)俳優となって再集結したことについて尋ねられると、ウディ・ハレルソンは、「全員が揃うことがとても大事だった。皆ファミリーなんだ。素晴らしきファミリーさ。一緒にいるととても楽しい。この作品がヒットして、3作目が作られることを願っているよ」と早くもさらなる続編への意欲を見せました。一方エマ・ストーンは、「また皆で集まってこの作品をやりたいと思ったのは、この作品の持つスピリットがユニークだからだわ。ゾンビ退治のアクションが満載でありつつ、作品の核として、ハートがしっかり詰まっている。世界の状況がどうであれ、愛する人や、大事な人を見つけたいというね。本作は前作の精神をしっかりと引き継いでいるし、私達全員にとってとても大切な作品だわ」と話しました。

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア、エマ・ストーン

最後にジェシー・アイゼンバーグは、「観客が僕達と同じくらい笑ってくれることを願っているよ。僕にとって、前作と同じくらいおもしろくて、素晴らしくて、スイートな存在なんだ。撮影中僕らはずっと“これはおもしろいよね”と思いながらやってきたし、観客にもそう思って欲しい」とコメント。エマ・ストーンは「皆楽しんで、そして笑ってくれるといいな。そして、今いるこのクレイジーな世界からの逃避を楽しんで欲しい。その逃避する世界もまた大惨事なんだけどね!」と本作の魅力をアピールし、プレミアは大盛況で幕を閉じました。

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア、ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーン

前作から10年が経ち、キャストもスタッフもパワーアップして本作へ戻ってきてくれたことがとても嬉しいですね。今度はどんな驚きと笑いをもたらしてくれるのか、日本での公開が楽しみです!

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーン

『ゾンビランド:ダブルタップ』
2019年11月22日より全国公開
公式サイト

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

外で横を向く女子高生AC ここだけの話9:女子のお悩み相談第3弾「人の顔色を伺ってしまい、自分の言いたいことが言えない」ほか

今回も、正式部員サイトで募集し、お寄せ頂いたお悩みの中から、いくつか選んで、毎回マイソンなりのお答えをさせて頂きます。

映画『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』オスカー・アイザック/オリヴィア・ワイルド ライフ・イットセルフ 未来に続く物語

海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』のスタッフが手掛けているとあって、苦さ、切なさ、温かさの描き方が絶妙です。そして…

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』オスカー・アイザック オスカー・アイザック

1980年3月9日グアテマラ生まれ。フロリダ州で育つ。名門音楽大学のジュリアード学院を卒業後、2002年に俳優デビュー。TVシリーズでキャリアを積み…

映画『地獄少女』波岡一喜 波岡一喜(なみおか かずき)

1978年8月2日、大阪府生まれ。2004年、井筒和幸監督作『パッチギ!』に出演し、注目されるようになる。それ以降…

映画『巡礼の約束』ヨンジョンジャ/ニマソンソン 『巡礼の約束』5組10名様 来日キャスト&監督によるアフタートーク付き一般試写会ご招待

映画『巡礼の約束』5組10名様 来日キャスト&監督によるアフタートーク付き一般試写会ご招待

映画『記憶屋 あなたを忘れない』山田涼介/芳根京子/泉里香/櫻井淳子/戸田菜穂/ブラザートム/濱田龍臣/佐生雪/須藤理彩/杉本哲多/佐々木すみ江/田中泯/蓮佛美沙子/佐々木蔵之介 『記憶屋 あなたを忘れない』3組6名様 キャスト&スタッフ登壇完成披露試写会ご招待

映画『記憶屋 あなたを忘れない』3組6名様 キャスト&スタッフ登壇完成披露試写会ご招待

映画『地獄少女』藤田富 藤田富(ふじた とむ)

1992年4月14日生まれ、大阪府出身。2015年より俳優としての活動を本格的にスタート。『仮面ライダーアマゾンズ』(16/17/18)で主演を飾る。主な出演作に…

映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』吉岡秀隆 『男はつらいよ お帰り 寅さん』10組20名様 特別試写会ご招待

映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』10組20名様 特別試写会ご招待

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』阿部サダヲ イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は、国内40代&50代俳優 個性部門TOP15、ユーモア部門TOP10を発表します!個…

映画『MANRIKI』斎藤工 MANRIKI

映画だからとわかっていても、万力でギューッとするシーンが生々しくて痛さが伝わってきます。そして、ホラーなところはガッツリホラーで、可笑しなところは可笑しくて…

おすすめ記事

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』阿部サダヲ イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は、国内40代&50代俳優 個性部門TOP15、ユーモア部門TOP10を発表します!個…

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会舞台挨拶、竹野内豊 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 ルックス・セクシー部門編>

ついに国内俳優編ラストに突入!今回から国内40代&50代俳優についてのランキングを発表します。編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている40代から50代(1960年以降、1979年以前の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記30名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス部門TOP20&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

トーキョー女子映画部ロゴ バックナンバーや一覧はこちら

まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

REVIEW

  1. 映画『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』オスカー・アイザック/オリヴィア・ワイルド
  2. 映画『MANRIKI』斎藤工
    MANRIKI

  3. 映画『HUMAN LOST 人間失格』
  4. 映画『草間彌生∞INFINITY』草間彌生
  5. 映画『ゾンビランド:ダブルタップ』ウディ・ハレルソン/ジェシー・アイゼンバーグ/エマ・ストーン/アビゲイル・ブレスリン
  6. 映画『決算!忠臣蔵』堤真一/岡村隆史
    決算!忠臣蔵

  7. 映画『殺さない彼と死なない彼女』間宮祥太朗/桜井日奈子
  8. 映画『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~』アーユシュマーン・クラーナー/タブー
  9. 映画『地獄少女』玉城ティナ
    地獄少女

  10. 映画『マイ・ビューティフル・デイズ』ティモシー・シャラメ

部活・イベント

  1. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  2. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  3. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  4. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP