心理学

心理学から観る映画12-2:自己注目が抑うつを引き起こす

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『生きてるだけで、愛。』趣里/菅田将暉

人間というものを理解しようとする時、“自己”という概念がとても重要になります。自分をどう認知しているか、自分をどう見せたいか、自分はどう見られていると思うか…など、あらゆる視点や捉え方が、心の健康及び病に影響をもたらします。そこで今回は自己注目と抑うつの関係について考察します。

自己へ注意が向くとなぜ人間は不快になるの?

チクゼンミハリィとフィガルスキーが19歳から63歳の就労者に対して行った実験によると、自己に注意を向け考えることは自発的な場合を除いて、他のこと(仕事、家事雑用、時間など)へ注意が向いている状況に比べ、一般には不快であり、受身的で、関与も弱いなどネガティブな経験だったと報告されています。
また、注意や意識が自分に向けられ、対象として注目している状態のことを“自覚状態”と言いますが、ドゥバルとウィックランドは、「人は自覚状態になると、現実の自己と、理想としている自己(適切さの規準)と照合し、その間の不一致を認知するようになる」という“自覚状態理論(客体的自覚理論)”を提唱しました。一般に、現実の自己への自己評価は厳しくなりがちなので、人は規準に達していないと感じることが多く、その不一致が大きいほど自己卑下や自己非難などの不快な感情も大きくなるとしています。
この現実の自己と理想の自己との不一致によって、自己の統合性が失われ、情緒的な問題が発生することを臨床的経験から論じた理論には、ロジャースの“自己不一致理論”もあります(堀ほか 2009)。

こういった理論から考えても、人はなりたい自分になれることが1番心地良いんでしょうね。自己注目についての理論は他にもありますが、ここでは詳細を割愛し別の機会に譲るとして、とにかく自己に注意を向ける行為は、私達が自覚している以上に私達の思考や行動に影響しているということがわかります。

ウィックランドによると、現実の自己が理想を満たすことはほとんどの場合困難なため、私達人間は注意を他に逸らそうと、テレビを観たり、音楽を聴いたり、運動したりして外部の刺激に注意を向けるとしています。飲酒も回避の一例です(堀ほか 2009)。

Hulu『うつヌケ』
『うつヌケ』

でも、注意を逸らそうとしてもうまくいかないことがあります。この点について、エイブラムソンらは、自己注目と抑うつの3段階モデルを提唱しています。これは嫌なことを体験した時に、原因帰属の仕方によっては抑うつになりやすいと考えるもので、内在性の次元(原因は自分に内にあるか、外にあるか)、安定性の次元(その原因がいつも同じくあてはまるものか、その時限りのものか)、般化性の次元(その原因が多くの場面でも同じくあてはまるか)という3つの次元で捉えています。
例えば、直属の上司に怒られたとしましょう。「怒られたのは自分がバカだからだ」と考えてしまうと、内的、安定的、全般的な原因に帰属したということになります。エイブラムソンらは、この3次元の原因に帰属すればするほど抑うつになるとしており、このようなパターンは“抑うつ的な原因帰属スタイル”と呼ばれています。
さらに、抑うつ的な気分に対して自己意識を強める“反芻(はんすう)”が起こるとうつが持続してしまいます。反芻には“具体モード”と“抽象モード”があり、前者は抑うつを弱めますが、後者は抑うつを強めるとされています。具体モードとは、「どのように?」という問いかけによって喚起されるモードで、「抽象モード」はより全般的で評価的なものであり、「なぜ?」という問いによって生じます(丹野ほか 2015)。

映画『生きてるだけで、愛。』趣里/菅田将暉
『生きてるだけで、愛。』

確かに何か嫌なことがあったり、うまくいかないことがあって、「なぜ自分はそんなことをしてしまったんだろう?」と考え始めると、何をしていても同じ思考に囚われていることに気づきます。これを上記の理論で解釈してみると、「なぜ?」で喚起された抽象モードになっていて、原因を自分の内にあると考えているために、抑うつ気分に陥ることになります。

個人的な話になりますが、心理学を勉強し始めてわかってきたのは、一昨年から昨年くらいまでの自分はうつの入口にいたのかも知れないということです。でも幸いにも、ちょうど心理学を本格的に学ぶために大学に3年次編入したのも一昨年からだったため、ネガティブな気分に呑み込まれそうな時も、自分を俯瞰する機会があり、気持ちが紛れたという自覚があります。

自分で言うのも何ですが、私は基本的に超ポジティブな性格です。だからこそネガティブな状態への免疫があまりないせいか、いつものように気分を切り替えられない自分がもどかしくて、受け入れ難くも思っていたようにも感じます。めちゃくちゃ気持ちが落ちているはずの状態で寝不足が続いているのに、夜中に目がギンギンで全く眠れないまま朝を迎えても思考が活発な時もありましたが、あれは躁状態だったのかも知れないなと、思えばいろいろな症状がありました。
重い状態にならないで済んだのは、家族や仲間の存在があって、仕事以外にも心理学の勉強で忙しくして気が紛れていたからだと思いますが、皆さんにお伝えしたいのは、本当に誰でもうつになる可能性はあるということです。

新型コロナウィルス感染症の影響で、人に直接会わない期間が続いていて、生活もこれまで通りにはいかず、家にこもりっきりでストレスが溜まったり、仕事が減ったり、収入が減ったりして心配事が増えた人も多いと思います。こういった状況では抑うつ気分になる人も増えそうですが、反芻してしまっている時に「あれ?同じことばっかり考えてる。なぜなぜに陥ってる」と、ふと自分を俯瞰するモードに切り替えるだけで、淵から少し離れることができるはずです。どうかこの状況に負けず、皆で頑張りましょう!

<参考・引用文献>
堀洋道・吉田富二雄・松井豊・宮本聡介ほか(2009)「新編 社会心理学〔改訂版〕」福村出版
丹野義彦・石垣琢磨・毛利伊吹・佐々木淳・杉山明子(2015)「臨床心理学」有斐閣

『生きてるだけで、愛。』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ・DVDレンタル&発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

うつが引き起こす過眠症によって引きこもりになってしまった寧子と、彼女を支えながら自身も精神的に追い込まれていく恋人、津奈木の物語。少し治ってきたと思ったのに、あるきっかけで再び情緒不安定になってしまう様子が観ていて苦しいです。原作は本谷有希子の同名小説。

生きてるだけで、愛。

©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

Hulu『うつヌケ』田中直樹

『うつヌケ』
Huluにて配信中

部活リポート

実際に“うつ”からヌケた経験を持つ田中圭一の漫画「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」(KADOKAWA刊)をオムニバス形式でドラマ化。さまざまなうつの事例をわかりやすく描いていて、うつに対しての認識が深まります。

©2018「うつヌケ」製作委員会

『HOMELAND/ホームランド』
Amazonプライムビデオにてレンタル配信中
DVDレンタル&発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

主人公のキャリーは双極性障害を抱えながら、難事件に立ち向かっていきます。通常は薬を服用していますが、勘を鈍らせたくないと薬を断ってしまう時もあり、鋭い洞察を持って行動したとしても、その精神状態の不安定さによって周囲の人の理解を得られないこともある点で、キャリーは人一倍苦難を強いられてしまいます。

HOMELAND/ホームランド シーズン7 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

©2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson(認定心理士)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あまくない砂糖の話』 映画で“食”について考えてみよう8:三大栄養素は体を動かすエネルギー源

今回は栄養素の基礎となる“糖質”“脂質”“たんぱく質”の三大栄養素について紹介します。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 花束みたいな恋をした

20歳前後、大学生の頃の出会いって独特だなと、本作を観ると改めて感じます…

映画『日本独立』小林薫 小林薫(こばやし かおる)

1951年9月4日、京都府生まれ。1971年から80年までの間、唐十郎主催の状況劇場に…

映画『キル・チーム』ナット・ウルフ キル・チーム

アフガニスタンに赴任していた米軍の兵士達が、現場の状況を偽装して民間人を殺害していた実話を映画化…

映画『青い、森』田中偉登 田中偉登(たなか たけと)

2000年1月24日生まれ、大阪府出身。2012年に『宇宙兄弟』で映画デビュー。以降…

映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン KCIA 南山の部長たち

1979年10月26日、韓国のパク・チョンヒ(朴正煕)大統領は、自らの側近だった中央情報部(通称:KCIA)の部長キム・ジェギュ(金載圭)に殺害…

映画『青い、森』門下秀太郎 門下秀太郎(かどした しゅうたろう)

1998年9月11日、長崎県生まれ。2016年、第3回SonyMusic×smart オーディションで…

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル どん底作家の人生に幸あれ!

本作は、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化…

映画『滑走路』寄川歌太 寄川歌太(よりかわ うた)

2004年3月11日生まれ、大阪府出身。2010年、歌舞伎平成中村座で…

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純
  2. 映画『キル・チーム』ナット・ウルフ
    キル・チーム

  3. 映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン
  4. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  5. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  6. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  7. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  8. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
  9. 映画『キング・オブ・シーヴズ』マイケル・ケイン/ジム・ブロードベント/トム・コートネイ/チャーリー・コックス/ポール・ホワイトハウス/レイ・ウィンストン/マイケル・ガンボン
  10. 映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア
    聖なる犯罪者

PAGE TOP