心理学

心理学から観る映画12-2:自己注目が抑うつを引き起こす

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『生きてるだけで、愛。』趣里/菅田将暉

人間というものを理解しようとする時、“自己”という概念がとても重要になります。自分をどう認知しているか、自分をどう見せたいか、自分はどう見られていると思うか…など、あらゆる視点や捉え方が、心の健康及び病に影響をもたらします。そこで今回は自己注目と抑うつの関係について考察します。

自己へ注意が向くとなぜ人間は不快になるの?

チクゼンミハリィとフィガルスキーが19歳から63歳の就労者に対して行った実験によると、自己に注意を向け考えることは自発的な場合を除いて、他のこと(仕事、家事雑用、時間など)へ注意が向いている状況に比べ、一般には不快であり、受身的で、関与も弱いなどネガティブな経験だったと報告されています。
また、注意や意識が自分に向けられ、対象として注目している状態のことを“自覚状態”と言いますが、ドゥバルとウィックランドは、「人は自覚状態になると、現実の自己と、理想としている自己(適切さの規準)と照合し、その間の不一致を認知するようになる」という“自覚状態理論(客体的自覚理論)”を提唱しました。一般に、現実の自己への自己評価は厳しくなりがちなので、人は規準に達していないと感じることが多く、その不一致が大きいほど自己卑下や自己非難などの不快な感情も大きくなるとしています。
この現実の自己と理想の自己との不一致によって、自己の統合性が失われ、情緒的な問題が発生することを臨床的経験から論じた理論には、ロジャースの“自己不一致理論”もあります(堀ほか 2009)。

こういった理論から考えても、人はなりたい自分になれることが1番心地良いんでしょうね。自己注目についての理論は他にもありますが、ここでは詳細を割愛し別の機会に譲るとして、とにかく自己に注意を向ける行為は、私達が自覚している以上に私達の思考や行動に影響しているということがわかります。

ウィックランドによると、現実の自己が理想を満たすことはほとんどの場合困難なため、私達人間は注意を他に逸らそうと、テレビを観たり、音楽を聴いたり、運動したりして外部の刺激に注意を向けるとしています。飲酒も回避の一例です(堀ほか 2009)。

Hulu『うつヌケ』
『うつヌケ』

でも、注意を逸らそうとしてもうまくいかないことがあります。この点について、エイブラムソンらは、自己注目と抑うつの3段階モデルを提唱しています。これは嫌なことを体験した時に、原因帰属の仕方によっては抑うつになりやすいと考えるもので、内在性の次元(原因は自分に内にあるか、外にあるか)、安定性の次元(その原因がいつも同じくあてはまるものか、その時限りのものか)、般化性の次元(その原因が多くの場面でも同じくあてはまるか)という3つの次元で捉えています。
例えば、直属の上司に怒られたとしましょう。「怒られたのは自分がバカだからだ」と考えてしまうと、内的、安定的、全般的な原因に帰属したということになります。エイブラムソンらは、この3次元の原因に帰属すればするほど抑うつになるとしており、このようなパターンは“抑うつ的な原因帰属スタイル”と呼ばれています。
さらに、抑うつ的な気分に対して自己意識を強める“反芻(はんすう)”が起こるとうつが持続してしまいます。反芻には“具体モード”と“抽象モード”があり、前者は抑うつを弱めますが、後者は抑うつを強めるとされています。具体モードとは、「どのように?」という問いかけによって喚起されるモードで、「抽象モード」はより全般的で評価的なものであり、「なぜ?」という問いによって生じます(丹野ほか 2015)。

映画『生きてるだけで、愛。』趣里/菅田将暉
『生きてるだけで、愛。』

確かに何か嫌なことがあったり、うまくいかないことがあって、「なぜ自分はそんなことをしてしまったんだろう?」と考え始めると、何をしていても同じ思考に囚われていることに気づきます。これを上記の理論で解釈してみると、「なぜ?」で喚起された抽象モードになっていて、原因を自分の内にあると考えているために、抑うつ気分に陥ることになります。

個人的な話になりますが、心理学を勉強し始めてわかってきたのは、一昨年から昨年くらいまでの自分はうつの入口にいたのかも知れないということです。でも幸いにも、ちょうど心理学を本格的に学ぶために大学に3年次編入したのも一昨年からだったため、ネガティブな気分に呑み込まれそうな時も、自分を俯瞰する機会があり、気持ちが紛れたという自覚があります。

自分で言うのも何ですが、私は基本的に超ポジティブな性格です。だからこそネガティブな状態への免疫があまりないせいか、いつものように気分を切り替えられない自分がもどかしくて、受け入れ難くも思っていたようにも感じます。めちゃくちゃ気持ちが落ちているはずの状態で寝不足が続いているのに、夜中に目がギンギンで全く眠れないまま朝を迎えても思考が活発な時もありましたが、あれは躁状態だったのかも知れないなと、思えばいろいろな症状がありました。
重い状態にならないで済んだのは、家族や仲間の存在があって、仕事以外にも心理学の勉強で忙しくして気が紛れていたからだと思いますが、皆さんにお伝えしたいのは、本当に誰でもうつになる可能性はあるということです。

新型コロナウィルス感染症の影響で、人に直接会わない期間が続いていて、生活もこれまで通りにはいかず、家にこもりっきりでストレスが溜まったり、仕事が減ったり、収入が減ったりして心配事が増えた人も多いと思います。こういった状況では抑うつ気分になる人も増えそうですが、反芻してしまっている時に「あれ?同じことばっかり考えてる。なぜなぜに陥ってる」と、ふと自分を俯瞰するモードに切り替えるだけで、淵から少し離れることができるはずです。どうかこの状況に負けず、皆で頑張りましょう!

<参考・引用文献>
堀洋道・吉田富二雄・松井豊・宮本聡介ほか(2009)「新編 社会心理学〔改訂版〕」福村出版
丹野義彦・石垣琢磨・毛利伊吹・佐々木淳・杉山明子(2015)「臨床心理学」有斐閣

『生きてるだけで、愛。』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ・DVDレンタル&発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

うつが引き起こす過眠症によって引きこもりになってしまった寧子と、彼女を支えながら自身も精神的に追い込まれていく恋人、津奈木の物語。少し治ってきたと思ったのに、あるきっかけで再び情緒不安定になってしまう様子が観ていて苦しいです。原作は本谷有希子の同名小説。

生きてるだけで、愛。

©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

Hulu『うつヌケ』田中直樹

『うつヌケ』
Huluにて配信中

部活リポート

実際に“うつ”からヌケた経験を持つ田中圭一の漫画「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」(KADOKAWA刊)をオムニバス形式でドラマ化。さまざまなうつの事例をわかりやすく描いていて、うつに対しての認識が深まります。

©2018「うつヌケ」製作委員会

『HOMELAND/ホームランド』
Amazonプライムビデオにてレンタル配信中
DVDレンタル&発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

主人公のキャリーは双極性障害を抱えながら、難事件に立ち向かっていきます。通常は薬を服用していますが、勘を鈍らせたくないと薬を断ってしまう時もあり、鋭い洞察を持って行動したとしても、その精神状態の不安定さによって周囲の人の理解を得られないこともある点で、キャリーは人一倍苦難を強いられてしまいます。

HOMELAND/ホームランド シーズン7 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

©2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson(認定心理士)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『オン・ザ・ロック』ビル・マーレイ/ラシダ・ジョーンズ オン・ザ・ロック

今回のソフィア・コッポラ監督作も、期待通りに…

映画『マーティン・エデン』ルカ・マリネッリ ルカ・マリネッリ

1984年10月22日イタリア、ローマ生まれ。若い頃から映画の吹替でキャリアを積み、2006年に俳優として本格的に活動を始め…

映画『エマ、愛の罠』パブロ・ラライン監督インタビュー 『エマ、愛の罠』パブロ・ラライン監督インタビュー

本作で、監督と共同脚本を務めたパブロ・ラライン監督にリモート・インタビューをさせて頂きました。監督は観客がどう反応しても喜んでくれる方で、それが映画作りに反映されているのだなと感じました。

映画『浅田家!』二宮和也 浅田家!

本作は、写真家の浅田政志氏による写真集「浅田家」と「アルバムのチカラ」を原案に…

映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』イアン・ハート イアン・ハート

1964年10月8日イギリス、リヴァプール生まれ。メイベル・フレッチャー音楽演劇学校を卒業後、ビデオ制作を学び…

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 悪魔はいつもそこに

トム・ホランド、ビル・スカルスガルド、ライリー・キーオ、ロバート・パティンソン、ミア・ワシコウスカ、ジェイソン・クラーク、セバスチャン・スタン、ハリー・メリングなど、キャストの豪華さ…

映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』ダニエル・ウェバー ダニエル・ウェバー

1988年6月28日、オーストラリア生まれ。グリーン・ポイント・クリスチャン・カレッジに入学し、技術者として働いた後…

映画『トロールズ ミュージック★パワー』 トロールズ ミュージック★パワー

とてもカラフルで可愛らしいアニメなので、子ども向けの作品に見えるのですが…

映画『クライマーズ』ウー・ジン/チャン・ツィイー クライマーズ

チョモランマの登頂をテーマにした作品は、これまでにいくつもありますが、本作では史実をベースに中国の登山隊がチョモランマに…

映画『クライマーズ』ウー・ジン ウー・ジン

1974年4月3日中国生まれ。1995年、ユエン・ウーピンに見い出され、香港映画『マスター・オブ・リアル・カンフー/大地無限2』で…

おすすめ記事

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

REVIEW

  1. 映画『オン・ザ・ロック』ビル・マーレイ/ラシダ・ジョーンズ
  2. 映画『浅田家!』二宮和也
    浅田家!

  3. Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド
  4. 映画『トロールズ ミュージック★パワー』
  5. 映画『クライマーズ』ウー・ジン/チャン・ツィイー
    クライマーズ

  6. 映画『アダムス・ファミリー』(アニメーション版)
  7. Netflix映画『ザ・ファイブ・ブラッズ』デルロイ・リンドー
  8. 映画『エマ、愛の罠』マリアーナ・ディ・ジローラモ/ガエル・ガルシア・ベルナル
    エマ、愛の罠

  9. 映画『マティアス&マキシム』ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス/グザヴィエ・ドラン
  10. 映画『マーティン・エデン』ルカ・マリネッリ

部活・イベント

  1. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラ
  2. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  3. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  4. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  5. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
PAGE TOP