心理学

心理学から観る映画19:あなたも知らぬ間に使ってる!?戦術的な自己呈示

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ブレスレット 鏡の中の私』メリッサ・ゲール

「私は私のことを1番わかってる」「あなたのことは私が1番わかってる」なんてことを言ったり、考えたりすることは誰にでもありますよね。どれも正解に思えるし、どれも間違えていると思えます。それは人には表に見せている面、隠している面があるからです。そこで今回は、自己呈示について考えます。

※『ブレスレット 鏡の中の私』のネタバレがあります。

私だけが知っている私、皆が知っている私

皆さんは、2人の心理学者、ジョセフ・ルフトとハリー・インガムが開発した“ジョハリの窓”をご存じでしょうか?これはキャリア教育などの場面で、自己分析を促すツールとしてよく出てきます。自分の性格や個性などを4つの窓に当てはめていくことで、主観的、客観的に自己を理解しやすくなるというものです。下記に“ジョハリの窓”を図で示します。

心理学者ジョセフ・ルフトとハリー・インガム“ジョハリの窓”

ジョハリの窓
開放の窓:自分も他人も知っている自己
盲点の窓:他人は知っているけれど、自分は知らない自己
秘密の窓:自分は知っているけれど、他人は知らない自己
未知の窓:自分も他人も知らない自己

事件当時16歳だった少女リーズが親友を殺した罪で容疑をかけられてしまう『ブレスレット 鏡の中の私』では、裁判で彼女の知られざる一面が次々と明かされていきます。この作品を観ていると、裁判では被告人を擁護する立場の弁護士と、罪を問う立場の検察官が対抗するため、“盲点の窓”“秘密の窓”がたくさん開かれていくことがわかります。でも、ここで重要なのは陪審員達が被告人に対してどんな印象を持つかということです。つまり、リーズが無罪であっても有罪であっても、確固たる証拠がないとしたら、リーズがどんな人間に見えるかで裁きが下されるということです。

映画『ブレスレット 鏡の中の私』ロシュディ・ゼム/キアラ・マストロヤンニ

ここからはあくまで私の解釈になりますが、リーズはとても巧みに自己呈示をしています。検察官がリーズについて集めた資料や周囲の人間の証言によって、次々とリーズの“秘密の窓”が開けられ、親が知らないリーズの裏の顔が明かされていきます。また、検察官はリーズの邪悪な一面を引き出そうとでもしているのか、“盲点の窓”をつくような質問をして彼女の感情を煽ります。それに対してリーズは時に沈黙しますが、別の時には求められなくても自ら発言したりと、利口さを発揮します。

堀ほか(2009)には、Tedeschi & Normanが示した自己呈示行動の分類をもとに、自己呈示には戦術的(短期的)なもの、戦略的(長期的)なもの、防衛的なもの、主張的なものがあることが記されていますが、『ブレスレット 鏡の中の私』のリーズは、主張的戦術的自己呈示を巧みに行っていると私は解釈しました。

裁判の序盤では、事件当時の16歳の頃からリーズが、恋愛関係にない男子と遊び半分で性的な関係を持ったことが明かされたり、被害者のフローラと喧嘩をして殺すと脅したなど、いかにも悪い子というイメージが作られていきます。裁判を見守るリーズの両親以外の大人は彼女に共感を抱きづらい状況に一旦陥りますが、最後に明かした秘密で、「そんな秘密があったのか…」と、彼女とフローラの関係性についての印象がガラッと変わります。
また、リーズは終始冷静で、何かを咎められても「(そうするのが)好きだからやった」と淡々と答え、感情がない子のように見えます。でも最後、フローラの母親に言葉をかけるシーンでは、いつものリーズと異なり、まだ子どもという表情で、感傷的に言葉を投げかけます。

映画『ブレスレット 鏡の中の私』メリッサ・ゲール

主張的戦術的自己呈示は、相手にある感情を喚起させるために、積極的に自分の印象づくりをすることであり、そのための自己表現であるとされています(堀ほか 2009)。自己呈示戦術を分類したジョーンズとピットマンはその方法として【取り入り、自己宣伝、示範、威嚇、哀願】を挙げていますが、リーズは最後に“哀願”という手段を使ったのではないかと思います。それまで全く共感を得ようという気も無さそうで、疑われても動じず堂々としていたリーズが、他の大人には見せなかった顔を、被害者のフローラの母親だけに見せたというやり方は実に巧妙です。

このようにここではフィクションの映画を例に、ジョハリの窓と自己呈示を当てはめて、主人公を分析してみましたが、私達も日常で少なからず、自分を演出しています。自己呈示の分類で、“防衛的戦術的自己呈示”というのもありますが、これは例えばテストを受けるとして、事前に友達に「昨日熱が出て、全然勉強してないんだよね」と言ったり、失敗が予期される時に、その失敗が自分の能力のせいではないと思わせるように自己呈示をしているというわけです。こう考えると、皆普段からやってることだとわかりますね。

また今回は映画の内容的に、“ジョハリの窓”で人の良くない側面にフォーカスして解釈しましたが、前向きに自己分析をする際に使えるものなので、ぜひ友達や家族とお互いの印象を述べ合って、当てはめて考えてみてください。“未知の窓”の部分はこれからいろいろなことを経験することで見えてくると思うので、それはそれで楽しみに捉えていけば良いのではと思います。

<参考・引用文献>
堀洋道・吉田富二雄・松井豊・宮本聡介ほか(2009)「新編 社会心理学〔改訂版〕」福村出版

映画『ブレスレット 鏡の中の私』メリッサ・ゲール

『ブレスレット 鏡の中の私』
2020年7月31日より全国順次公開
PG-12

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

いつまでも子どもだと思っていたら、大間違い。子どもはどんどん大きくなり、親が知らない面も増えていきます。そんな切なさもありつつ、これこそリーズが“秘密の窓”に留めた真実なんだなと匂わせるラストシーンに要注目です。

MMXIX -‒ tous droits réservés – PETIT FILM ‒ FRAKAS PRODUCTIONS ‒ FRANCE 3 CINÉMA – RTBF

『私の知らないわたしの素顔』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中
R-15+

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

失恋による傷心で、主人公の“未知の窓”にあった困った自己が暴走してしまいます。どうせなら良い意味で未知の窓にある自己を見つけたいものです(苦笑)。

私の知らないわたしの素顔(字幕版)

TEXT by Myson(認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ラーヤと龍の王国』 ラーヤと龍の王国

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ…

Netflix映画『Mank/マンク』チャールズ・ダンス チャールズ・ダンス

1946年10月10日、イギリス生まれ。俳優で映画監督。これまで多くの作品に俳優として…

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン ここだけの話15:パートナーと収集のつかない喧嘩をした後、気持ちをどう整理する?

PodCast【トーキョー女子映画部ここだけの話】では、トーキョー女子映画部のマイソンが、記事には…

映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真 太陽は動かない

心臓に爆弾を埋め込まれ、任務から逃げられない運命にある主人公の奮闘を…

Nerflixドラマ『ザ・ポリティシャン』ベン・プラット ベン・プラット

1993年9月24日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。映画『ピッチ・パーフェクト』へ…

映画『サンドラの小さな家』 『サンドラの小さな家』5組10名様 特別試写会ご招待

映画『サンドラの小さな家』5組10名様 特別試写会ご招待

映画『野球少女』イ・ジュヨン 野球少女

最高134キロの球を投げる高校球児が、女子という理由だけでプロ球団への道を阻まれながらも、諦めずに挑み続ける…

Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ エミリー、パリへ行く

『セックス・アンド・ザ・シティ』のダーレン・スターが、今度はパリを舞台にしたドラマをリリー・コリンズ主演で…

映画『ターコイズの空の下で』麿赤兒 麿赤兒(まろ あかじ)

1943年2月23日生まれ、奈良県出身。早稲田大学中退。長男は…

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. 映画『ラーヤと龍の王国』
  2. 映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真
  3. 映画『野球少女』イ・ジュヨン
    野球少女

  4. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ
  5. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  6. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  7. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  8. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
  9. 映画『ステージ・マザー』ジャッキー・ウィーヴァー
  10. 映画『ガンズ・アキンボ』ダニエル・ラドクリフ
PAGE TOP