心理学

心理学から観る映画28:教えるのは何でも早いのが良いとは限らない!?

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『モンテッソーリ 子どもの家』

一昔前から、お受験や英才教育という言葉を聞くようになり、子どもがかなり幼い時期からさまざまな教育を受けさせたいと考える親御さんも多くいると思います。でも、早く教えることは効果的なのでしょうか?今回はレディネスという成熟論的アプローチについてご紹介します。

教育を効果的に行うためのレディネスという視点

レディネスは、ゲゼルらが主張した成熟優位説に基づいています。ゲゼルらは、ワトソンの行動主義心理学が主張した極端な経験主義、つまり基本的な反射以外のすべての行動は学習によって獲得されるとする考えを批判し、成熟優位説を主張しました(鹿取廣人他,2015)。成熟論では、人は生得的に内在する能力を時期に応じて自然に展開していくと考え、教育において、子どもが持つその能力を抑制することのない環境を与えることが重要とされています(中澤潤,2008)。

中澤(2008)によると、レディネスとは「学習ができるようになる心身の準備態勢」のことを言い、レディネスが形成されるのを待ち、レディネスの形成の上に教育的働きかけを行うことがよいとされています。一方、成熟論的アプローチに対して、行動主義的アプローチは、「行動変容は何らかの経験を通して新たな行動が形成されたり、刺激と反応との新たな連合が生まれる」という考えのもと、賞罰を与えることによって強化(行動の促進)と弱化(行動の抑制)を行う方法です。行動主義的アプローチでは、「学習者は環境からの働きかけの受動的な受け手」となります。

映画『モンテッソーリ 子どもの家』

フランス最古のモンテッソーリ学校の様子を捉えたドキュメンタリー映画『モンテッソーリ 子どもの家』のナレーションの中で、ご褒美をあげるやり方がうまくいかなかったという言葉が出てきます。ざっくりとした分類における解釈を述べると、ご褒美をあげる方法(強化)は行動主義的アプローチということになりますが、モンテッソーリ教育はそれとは異なり、子ども達が自然に好奇心を発揮し学んでいく環境を整えているので、成熟論的アプローチということになるでしょう。

※成熟論的アプローチ、行動主義的アプローチのどちらが優れているということではありません。子どもの特性や置かれた環境、発達障がいの有無などによっても、適したアプローチは異なると考えられます。

日本モンテッソーリ教育綜合研究所のWEBサイトによると、「モンテッソーリ教育は、医師であり教育家であったマリア・モンテッソーリ博士が考案した教育法です。“子どもには、自分を育てる力が備わっている”という自己教育力の存在がモンテッソーリ教育の前提となっています」とあります。

『モンテッソーリ 子どもの家』を観るとわかるように、子ども達が扱う道具は種類が豊富で、年齢に合ったものを選べるようになっています。教師は過度に子ども達に介入することはなく、様子を見ながら接しており、また年長の子どもが年少の子どもに道具の使い方を教える姿も映し出されています。

映画『モンテッソーリ 子どもの家』

ゲゼルらは、成熟優位説を実証するために、遺伝的素因が同一の一卵性双生児を対象に、運動機能、言語、数記憶などの能力について双生児統制法という研究を行い、「特定の行動を習得するには子どもがその学習を受けつけることができるような内的成熟段階に達していること、つまり学習準備性(レディネス)が備わっていることが必要」であり、「それ以前の訓練は無駄であるばかりか、場合によっては有害になる」ことを示しました(鹿取廣人他,2015)。

ただし、成熟にはさまざまな要因が関係しているので、この研究だけで理論を一般化することはできないとされています。しかし、この研究は成熟論的アプローチの根拠として長く用いられています(中澤,2008)。

子どもの将来を思うとついつい先のことまで考えていろいろやらせてみたくなるのは当然です。でも、お金もかかるし時間もかかる。そして何より子ども自身にとって良いことなのかが気になるところ。だからこそ、時にはこういった教育方法のルーツを辿ってみると、より良い選択のヒントが得られるかもしれません。

<参考・引用文献>
中澤潤(2008)レディネスをふまえる:成熟論的アプローチ 中澤潤(編)「やわらかアカデミズム・<わかる>シリーズ よくわかる教育心理学」ミネルヴァ書房
鹿取廣人・渡邊正孝・鳥居修晃ほか(2015)「心理学 第5版」東京大学出版会
日本モンテッソーリ教育綜合研究所WEBサイト(閲覧:2021/03/10)

映画『モンテッソーリ 子どもの家』

『モンテッソーリ 子どもの家』
2021年2月19日より全国公開

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

子ども達が“お仕事”として、さまざまな道具を使ってできることを増やしていく様子を見ることができます。子ども達が夢中になって“お仕事”に励む姿は本当に可愛くて、子どもが本来持つ力の大きさを実感できます。

© DANS LE SENS DE LA VIE 2017

TEXT by Myson(認定心理士)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 18組36名様ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 18組36名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム
  2. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  3. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  4. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  5. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP