心理学

心理学から観る映画4-1:人間の行動は統制できるのか?【行動主義】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ディストピア パンドラの少女』

「人間の行動は統制できるのか?」ということで、今回は刺激と行動、反応についての関係を研究した理論の一部をご紹介します。

<参考・引用文献>
無藤隆・森敏昭・遠藤由美・玉瀬耕治(2018)「心理学」有斐閣
渡辺浪二・角山剛・三星宗雄・小西啓史(2009)「心理学入門」おうふう
下記は、上記で語られている内容から一部引用しまとめた上で、映画に関するところは本記事筆者の考察を掲載しています。

先天的な特性を問わず、環境を操作すれば、望んだ人間に育てられるのか

心理学といっても、その分野は多岐に渡り、人間の何に焦点を当てるかもさまざまです。科学的心理学の出発点とされるヴントの心理学では、“意識”に目が向けられていましたが、ヴントの内観主義心理学に反対して、20世紀初頭に行動主義を主張したのがワトソンです。ヴントの内観主義心理学が私的で主観的な内観報告をもとにしている点を指摘したワトソンは、心理学が科学であるためには、意識ではなく、誰もが見たり触れたりして確かめることができる行動のみを研究の対象にすべきだとしました。

さらにワトソンは、「すべての行動は条件反応によって説明することができる」「本能とか遺伝といった先天的特性を否定し、環境(刺激)を操作することによってどのような人間でも育て上げられる」(「心理学入門」おうふうから引用)といった、極端な環境主義も唱えました。

ワトソンは、心理学の研究目標を“行動の予測と統制”として、刺激と反応との関係に着目しました。彼の有名な研究には“アルバート坊やの実験”というものがあります。これは生後11ヶ月のアルバートという男児に、白ねずみを見せ、坊やが手を伸ばして取ろうとすると、背後で金属を激しく叩く音が鳴り、ビックリした坊やが飛び上がるほど驚いて倒れマットに頭を打ち、それを何度も繰り返しているうちに、白ねずみを見せただけで、坊やが泣き出すようになったというものです。

※現在ではこのような実験は倫理的に問題があるので実施されていません。

これは“古典的条件づけ”と呼ばれる手続きによって、人の行動を統制した例になりますが、ワトソンは“Behaviorism,rev.ed.Norton.(1930)“の中で、複数の健康な乳児と自由にできる環境を与えてくれれば、ランダムに選んだ子どもを医者、法律家、芸術家、大商人など、どんな専門家にも育て上げてみせるといったことを述べました。

こうしたワトソンの実験や発言は、極端で人間性を冒涜していると非難されましたが、一方で後に登場する行動療法の研究へと繋がっていきました。

ワトソンは、先天的な特性の違いがあっても、環境さえあれば人の行動を統制できると考えましたが、「本当にそうなのか?」と調べる研究として、双生児研究なども実施されています。次回は双生児研究についてご紹介します。

ディストピア パンドラの少女(字幕版)

『ディストピア パンドラの少女』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
DVDレンタル&発売中 
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

真菌の感染が拡大した世界。子ども達は同じ服を着せられ、頭には器具を付けられ…。子ども達の条件反射と行動、それを統制するためのルールなど、異様な光景が広がる。

© GIFT GIRL LIMITED / THE BRITISH FILM INSTITUTE 2016

TEXT by Myson(認定心理士)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ザッカリー・クイント ザッカリー・クイント

1977年6月2日アメリカ、ペンシルバニア州生まれ。11歳の頃から…

映画『天国にちがいない』エリア・スレイマン 天国にちがいない

なんて可愛らしい映画なんでしょうか。人間は…

映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン イ・ビョンホン

1970年7月12日韓国生まれ。1991年、TVドラマ『アスファルト我が故郷』で俳優活動を開始し…

映画『わたしの叔父さん』イェデ・スナゴー わたしの叔父さん

のどかで美しいデンマークの農場が舞台の本作。主人公は、27歳の女性クリスで…

映画『ヤクザと家族 The Family』綾野剛/舘ひろし ヤクザと家族 The Family

人には人との繋がりが大切で、どんな環境どんな関係であっても、家族と呼べる関係が…

映画『あまくない砂糖の話』 映画で“食”について考えてみよう8:三大栄養素は体を動かすエネルギー源

今回は栄養素の基礎となる“糖質”“脂質”“たんぱく質”の三大栄養素について紹介します。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 花束みたいな恋をした

20歳前後、大学生の頃の出会いって独特だなと、本作を観ると改めて感じます…

映画『日本独立』小林薫 小林薫(こばやし かおる)

1951年9月4日、京都府生まれ。1971年から80年までの間、唐十郎主催の状況劇場に…

映画『キル・チーム』ナット・ウルフ キル・チーム

アフガニスタンに赴任していた米軍の兵士達が、現場の状況を偽装して民間人を殺害していた実話を映画化…

映画『青い、森』田中偉登 田中偉登(たなか たけと)

2000年1月24日生まれ、大阪府出身。2012年に『宇宙兄弟』で映画デビュー。以降…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『天国にちがいない』エリア・スレイマン
  2. 映画『わたしの叔父さん』イェデ・スナゴー
  3. 映画『ヤクザと家族 The Family』綾野剛/舘ひろし
  4. 映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純
  5. 映画『キル・チーム』ナット・ウルフ
    キル・チーム

  6. 映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン
  7. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  8. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  9. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  10. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
PAGE TOP