心理学

心理学から観る映画30:お酒を楽しく飲むために知っておきたいアルコール依存の心理学的メカニズム

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ビーチ・バム まじめに不真面目』マシュー・マコノヒー

「酒は飲んでも飲まれるな」という言葉がありますが、酒に飲まれたなと見受けられる人は街中でよく見かけます。適度に嗜む程度なら良いですが、アルコール依存になると苦労します。そこで今回はアルコール依存に陥る心理学的メカニズムをご紹介します。

ほんとにそれ、楽しくて飲んでる?

酒と女とドラッグに溺れる天才詩人が主人公の『ビーチ・バム まじめに不真面目』という映画があります。マシュー・マコノヒーが演じる主人公ムーンドッグの破天荒な生き様が魅力的な作品で、本作を観ていると、酒を手放せなくても自由に楽しく生きていけそうな気がします。この映画は楽しく観ていただきつつ、ここでは視点を変えて、彼は本当に楽しいだけで飲んでいるのかを考えてみます。

映画『ビーチ・バム まじめに不真面目』マシュー・マコノヒー

アルコール依存になるメカニズムについては、認知行動理論や、ジークムント・フロイトが創始した精神分析の視点といった心理学的な立場によって見解が複数あります。精神分析的説明では、「患者は不安定な幼児期を過ごし、物質を自己摂取する傾向がある。アルコール濫用は自慰行為と同等か、不安衝動に対する防衛や口唇期への退行の表現でもある。過度に懲罰的な超自我をもつ可能性もある(丹野他, 2015)」とあります。ここでいう物質というのは、依存性物質のことで、薬物やアルコールの他、カフェイン含有飲料や医師から処方される薬の一部も含まれます。

口唇期というのは、フロイトによって提唱された精神性的発達論の第1段階のことです。生後から1歳半を口唇期、1歳半から3歳までを肛門期、3歳から5歳を男根期、6歳から12歳を潜伏期、思春期以降を性器期として、各発達段階に特徴的な性格傾向があるとした理論です。口唇期は授乳や食物摂取に伴う唇、口腔、その周辺のリビドー興奮が性的な快感と結びつき、この時期に固着がある人は口唇性格と呼ばれ、体内化(呑み込み)、取り入れ(摂取)、投影、否認がこの時期特有の防衛機制とされています(丹野他, 2015)。『ビーチ・バム まじめに不真面目』の場合は、幼少期の物語が描かれていないのでこの理論に通じるところがあるのかはわかりませんが、ただお酒が好きという以上の何かが作用しているのかもしれません。

次に認知行動理論では、アルコール依存のメカニズムをどのように定義しているのか見てみましょう。認知行動的アプローチでは、期待理論、緊張低減理論、モデリング理論、バランス理論、ストレスへのコーピング理論があります。

■期待理論:人は飲酒を開始する前から酒や飲酒に対する情報だけでなく期待も持っており、飲酒経験が増加するにつれて、その期待は定着し、飲酒量が多い人ほどアルコールの悪い作用よりも良い作用への期待が高まる。この衝動は薬理作用だけではなく、認知的な期待によるところが大きい。期待には自己効力期待と結果期待に分ける考え方もあり、例えば酒を飲むと気が大きくなるというのは、自己効力期待の高まりを意味し、不適切な行為をしてしまった場合は酒のせいにできるので、それもまた自己効力感を高めてしまう。また飲酒は何らかの行為が成功する予想確率を高めるため、例えば対人不安が強い人は飲酒によって社交がうまくいくという予想確率が高まるとしたら、緊張と不安が低減され飲酒が続く。
■緊張低減理論:アルコールの薬理作用によって実際に緊張や不安が低減する可能性は高く、依存が形成されてしまうと離脱症状による不快感を低減するために飲酒し続けることもある。
■モデリング理論:飲酒には観察と模倣が大きく影響する。家族や所属する集団、社会の飲酒文化へのモデリングが考えられる。
■バランス理論:飲酒を抑制する要素と飲酒を促進する要素を天秤にかけ、促進要素が勝っている人は飲み続ける。
■ストレスへのコーピング理論:さまざまなストレスに対処するために依存が起こる。

丹野他(2015)

映画『ビーチ・バム まじめに不真面目』マシュー・マコノヒー

これらの理論をもとに『ビーチ・バム まじめに不真面目』の主人公を観察してみると、見た目の陽気さとは裏腹に、彼の苦悩も見えてくるような気がします。映画では彼の苦労話のようなシーンはあまりありませんが、現実的な物語に置きかえて考えると、さまざまなストレスがあり、大きな出来事も起こるので、ただ楽しくて飲んでるわけではないのかもしれません。

もし身近にアルコール依存が心配な方がいたら、表面的なことだけでなく、さまざまな角度から依存を引き起こしている問題がないか見てみてください。アルコール依存のリハビリテーションも複数あるので、助けを得ることも有効だと思います。そしてご自身もお酒の量も飲酒の頻度も増えてきたなと思ったら、何か無意識にストレスを感じていることがないかなど、振り返ってみてください。問題をお酒で解決せずに、お酒はぜひ楽しむために飲んでください。

<参考・引用文献>
丹野義彦・石垣琢磨・毛利伊吹・佐々木淳・杉山明子(2015)「臨床心理学」有斐閣

映画『ビーチ・バム まじめに不真面目』マシュー・マコノヒー

『ビーチ・バム まじめに不真面目』
2021年4月30日より全国順次公開

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ものすごくぶっ飛んだストーリーなので悲壮感がないのですが、よくよく考えると、主人公にはいろいろなことが起きていて、主人公の飲みたくなる気持ちもわかるんですよね。

© 2019 BEACH BUM FILM HOLDINGS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson(認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『エターナルズ』オリジナルグッズ 『エターナルズ』オリジナルスマホリング&Tシャツ 2名様プレゼント

映画『エターナルズ』オリジナルスマホリング&Tシャツ 2名様プレゼント

映画『アレックス STRAIGHT CUT』モニカ・ベルッチ アレックス STRAIGHT CUT

オリジナルの公開当時1人で映画館で観て、強烈な内容だったので今まで忘れることは…

映画『凜‐りん‐』佐野勇斗 佐野勇斗(さの はやと)

1998年3月23日愛知県生まれ。2015年に映画『くちびるに歌を』で俳優デビューし…

映画『CUBE 一度入ったら、最後』 CUBE 一度入ったら、最後

この映画を日本で作るとはちょっと意外に感じましたが、一方でオリジナルがすごくおもしろくて個性的なので、もっと早く…

映画『ビルド・ア・ガール』ビーニー・フェルドスタイン ビルド・ア・ガール

本作は、原作者であり本作の脚本も担当しているキャトリン・モランの半自伝的小説“How To Build A Girl”を映画化したものです。キャトリン・モラン自身、15歳で…

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ラシャーナ・リンチ ラシャーナ・リンチ

1987年11月27日イングランド生まれ。『キャプテン・マーベル』に出演し…

映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』グレタ・トゥーンベリ グレタ ひとりぼっちの挑戦

環境保護の活動家グレタさんのことは知っていましたが、彼女の詳しい背景について本作を観て知り、驚かされました…

映画『にがくてあまい』川口春奈/林遣都 映画で“食”について考えてみよう16:夏の疲れを癒やす秋の食材

いよいよ“食欲の秋”が到来ということで、今回は今が旬の秋の食材について特徴や栄養を紹介したいと思います。

映画『最後の決闘裁判』ベン・アフレック ベン・アフレック

1972年8月15日アメリカ生まれ。監督、俳優、脚本家、プロデューサーとして活躍し…

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』 ロン 僕のポンコツ・ボット

スマホよりも高性能で友達まで探してくれる最新式ロボット型デバイス“Bボット”。主人公バーニーが通う中学校では皆持っているような状況…

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:ママと赤ちゃん
  2. 映画『おとなの事情』
  3. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  4. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  5. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶

おすすめ記事

Pixabayによる写真:ママと赤ちゃん 子育てと映画生活について語ろう!トーキョー女子映画部“交流会”vol.4参加者募集

交流会第4回は時間帯を変えて実施します。テーマは「子育てと映画生活」ということで、子育て中の皆さんは今どんな風に映画と触れあっていらっしゃるのか、子育てを終えられた方は当時どんな風に映画と接してらっしゃったか、これから出産予定の方は先輩ママから教えて欲しいことなど、情報交換の場となれば嬉しいです。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

REVIEW

  1. 映画『アレックス STRAIGHT CUT』モニカ・ベルッチ
  2. 映画『CUBE 一度入ったら、最後』
  3. 映画『ビルド・ア・ガール』ビーニー・フェルドスタイン
  4. 映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』グレタ・トゥーンベリ
  5. 映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』
  6. 映画『ひらいて』山田杏奈
    ひらいて

  7. 映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』ヘンリー・ゴールディング
  8. 映画『アミューズメント・パーク』リンカーン・マーゼル
  9. 映画『THE MOLE(ザ・モール)』ウルリク・ラーセン
  10. 映画『〈主婦〉の学校』
PAGE TOP