心理学

心理学から観る映画31:気付かれづらい虐待【代理ミュンヒハウゼン症候群】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『RUN/ラン』サラ・ポールソン/キーラ・アレン

※ネタバレ注意!『RUN/ラン』

皆さんは、ミュンヒハウゼン症候群という言葉を聞いたことはありますか?これは、身体的または心理的な徴候や症状をねつ造したり、外傷や疾病を意図的に誘発し病気を装う人の精神疾患で、作為症ともいわれています。そして、子どもなど自分以外の人物に対して、病気のねつ造をしたり、実際にはない症状を訴えて不必要な検査や治療を受けさせるような行為をする場合は、代理ミュンヒハウゼン症候群といわれます。今回は、代理ミュンヒハウゼン症候群の母親の狂気を描いた『RUN/ラン』をご紹介します。

映画『RUN/ラン』キーラ・アレン

代理ミュンヒハウゼン症候群は、虐待の一種です。厚生労働省によると、代理ミュンヒハウゼン症候群(Munchausen Syndrome by Proxy,以下MSBP)とは、「両親または養育者によって,子どもに病的な状態が持続的に作られ,医師がその子どもにはさまざまな検査や治療が必要であると誤診するような,巧妙な虚偽や症状の捏造によって作られる子ども虐待の特異な形」と定義されています。

加害者は母親が多いとされており、医師や周囲の人には熱心に子どもの看病をする母親像をアピールし「この人がそんなことをするはずがない」と思わせる(日本小児科学会,2006)ので、発見が難しいようです。子ども自身も親や養育者を信用していたら、まさかそんなことを自分にしているとは思わないでしょう。

『RUN/ラン』にはまさに代理ミュンヒハウゼン症候群の典型的な特徴が描かれています。最初、母ダイアンと娘クロエは仲睦まじく暮らしています。でも、ある日ひょんなことからクロエは母に不信感を抱き、そこから自分に何が起こっているのかを探ろうと行動を起こします。ただ、ダイアンは母親という立場があるので、言葉巧みに周囲の大人に嘘をつき、クロエが真相にたどり着くのを防ぐので簡単には解決に至りません。

映画『RUN/ラン』キーラ・アレン

それでもクロエが真相に気付く方法はないわけではなく、母から与えられた薬を飲まないようにしたことで異変に気付き、母への疑惑は確信に変わっていきます。実際のケースでも、加害者である養育者から離れると子どもの症状が落ち着くといわれています。そうさせないために養育者はピッタリと子どもに貼り付こうとするわけですね。

心理的なメカニズムとしては、重度の病を抱える子どもを献身的に世話をする保護者として見られ、子どもや医療システムを支配する満足感が働いていると考えられています(厚生労働省)。そして、これは養育者が子どもに対して行うケースだけでなく、親やペットに向けて行われることもあります。

ここからは私の見解ですが、前述の心理的メカニズムに加えて、他者を病気にして自分が献身的に介護することでその相手からも必要とされ、周囲からも患者にとって必要な人と思われることに自分の存在意義を感じたり、被害者との切れない関係を確保しコントロールできることで孤独を払拭し、加害者は安心感を得ているのかもしれません。『RUN/ラン』のダイアンのように娘への愛情だと思い込んでいることもありえると考えると余計に厄介で、子どもが真相に気付かず、親の愛情を信じている場合は、第三者が介入できなくなります。そうした背景も多少関係しているのかもしれませんが、症例数としては少なく、研究数もかなり少ないので(Googleスカラーで期間指定なし、日本語&英語の論文で検索すると約91件のみヒット)、まだまだ解明されていないことがありそうです。

<参考・引用文献>
厚生労働省「第13章 特別な視点が必要な事例への対応」245-246
日本小児科学会(2006)「子ども虐待問題プロジェクト 8.代理によるミュンヒハウゼン症候群(Munchausen Syndrome by proxy,MSBP)

映画『RUN/ラン』サラ・ポールソン/キーラ・アレン

『RUN/ラン』
2021年6月18日より全国公開

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

身体が不自由な子どもがいかに八方ふさがりで恐ろしい状況下に置かれているかがわかるストーリーです。

© 2020 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

『ルイの9番目の人生』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
DVDレンタル・発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

代理ミュンヒハウゼン症候群の背景に、さらに複雑な人間模様が描かれています。

ルイの9番目の人生(字幕版)

『シックス・センス』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中

コール少年が“見える”ある少女は、代理ミュンヒハウゼン症候群の被害者でコール少年に真相を訴えかけます。

シックス・センス (字幕版)

TEXT by Myson(認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 18組36名様ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 18組36名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム
  2. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  3. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  4. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  5. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP