心理学

心理学から観る映画36:人を殺しておいて、なぜ逃げ切れると判断してしまうのか【プロスペクト理論】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ノイズ』藤原竜也/松山ケンイチ

後から考えれば「なんであんな判断をしちゃったんだろう?」って思う経験は誰にでもあると思います。映画のキャラクター達を観ていてもそう思うことが多々あります。今回は、人間の判断が合理的なようで合理的でない背景には、どんな心理があるのかご紹介します。

人間の不可解な判断や行動を説明する理論に、カーネマンとトヴァスキーのプロスペクト理論があります。この理論に基づく価値関数では、「利益も損失も絶対値が小さいうちは変化に対して敏感であるが、利益や損失の絶対値が大きくなると、変化に対して鈍感になる(箱田ほか,2010)」とされています。

映画『ノイズ』藤原竜也

映画『ノイズ』では、泉圭太(藤原竜也)、田辺純(松山ケンイチ)、守屋真一郎(神木隆之介)の3人が、自分達が暮らす孤島にやってきた不審者を見つけて、揉み合った拍子に意図せず殺してしまいます。ここで客観的に状況を観ている観客からすると、警察や周囲の人に真実を話すのが最善の策だと考えるはずですが、彼等は隠蔽するという選択をします。この背景には、泉圭太が中心となって進めている島復興のプロジェクトがあり、島で殺人が起き、それに自分達が関わっているとなると、そのプロジェクトが台無しになる=皆の期待を裏切る事態になるかもしれないという恐れがあります。

だとしても、冷静に考えればそんなことよりやっぱり罪を犯さないことを優先する判断が合理的だと思いますよね。では、なぜ彼等が極端な選択をしたのか、プロスペクト理論を基に考えてみましょう。皆さんもご自身ならどちらを選ぶか、考えてみてください。

A:確実に1000円もらえる。
B:50%の確率で2000円もらえる。

この選択肢を出された場合、多くの人がAを選ぶとされています。人は得をする状況では確実に得をするほうを選び、損をするリスクは回避する傾向にあるということです。次の選択肢ではどうでしょうか?

C:確実に1000円失う。
D:50%の確率で2000円失う。

この場合、Cを選ぶ人のほうが多いとされています。人は得をする時と逆で、確実に損をすることを嫌い、失う額が大きくても失わない確率にかけると考えられています。

つまり、人は利得よりも損失のダメージのほうが大きいと感じ、ポジティブな出来事よりもネガティブな出来事に対して敏感なのです。また、低い客観的確率は主観的には過大評価され、中程度以上の客観的確率は主観的には過小評価されるとも言われています。前者の例としては、宝くじで当たる確率は低いのに当たりそうだと考えること。後者の例は、80%の確率で合格する試験でも受験者にとっては合格確率が高いと感じられないといったことです(箱田ほか,2010)。

映画『ノイズ』藤原竜也/松山ケンイチ/神木隆之介

映画『ノイズ』の3人の状況に置きかえてみると、孤島で人が死んだことがバレる確率は客観的に考えると高いですが、この3人は見つかる可能性は低いと考えているといえます。同時に正直に話せば罪に問われない可能性が高いはずですが、その確率は高くないと考えていることになります。

人を殺してしまうというシチュエーションは極端ですが、私達も日常で多くの判断をする上で、プロスペクト理論に当てはまるような判断をしていると思うと、映画『ノイズ』の3人の行動も一層身近に感じられますね。人間の判断と意思決定には、ヒューリスティックも関連していると考えられていますが、それはまた別の作品でご紹介できればと思います。

<参考・引用文献>
箱田裕司・都築誉史・川畑秀明・萩原滋(2010)「認知心理学」有斐閣

映画『ノイズ』藤原竜也/松山ケンイチ/神木隆之介/黒木華/永瀬正敏

『ノイズ』
2022年1月28日より全国公開

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

1つの誤った判断から雪だるま式にややこしい展開になっていきますが、そうやって問題が大きくなればなるほど判断力を失う=鈍感になるというのもよく表れたストーリーです。

©筒井哲也/集英社 ©2022映画「ノイズ」製作委員会

TEXT by Myson(武内三穂・認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに…

映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き9】印象深い怖い映画と思い出

小さい頃に観てトラウマになりそうだった映画という話題から、怖いけど笑える映画、胸糞映画などのお話に…

海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之 SHOGUN 将軍【レビュー】

真田広之ハリウッド初主演&プロデュース作品ということで、観る前から注目していた方も多いのではないでしょうか。本作は…

映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章【レビュー】

本作では、門出と凰蘭が大学生となり、新たな友人や先輩が仲間に加わります。そして…

映画『リバウンド』アン・ジェホン アン・ジェホン【プロフィールと出演作一覧】

1986年3月31日韓国生まれ。2009年、短編映画でデビューを飾る。主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  2. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース
  3. 海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之
  4. 映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』
  5. 映画『関心領域』

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP