心理学

心理学から観る映画41:推理映画のトリックにハマる認知のカラクリ

  • follow us in feedly
  • RSS
Netflx映画『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』エドワード・ノートン/キャスリン・ハーン/レスリー・オドム・Jr/ケイト・ハドソン/マデリン・クライン

騙されるのが心地良く楽しい推理映画。推理映画にはストーリー自体にトリックがあるのはもちろんですが、映像になることで効いてくるトリックもあります。今回は、認知心理学の観点から、記憶が歪められてしまう心理的効果をご紹介します。

犯罪サスペンスでは目撃者の証言が重要な手がかりとして描かれます。実際の捜査でも当然ながら目撃者の証言は重視されていて、その証言がどこまで信用できるものであるかを見極めるため、同時に冤罪を防ぐ目的も含めて、さまざまな研究が行われています。推理映画の鑑賞者も、いわば目撃者と同じ目線で観ているということで、ここでは目撃者に及ぼされる代表的な心理的効果について述べます。

【凶器注目効果 weapon focus effect】

映画『ナイル殺人事件』ケネス・ブラナー
『ナイル殺人事件』

箱田ほか(2010)によると、凶器注目効果は「犯罪現場を目撃したにもかかわらず、ストレスの影響で、銃やナイフといった凶器のことしかはっきりと憶えていないこと」と定義されています。つまり、目撃者は凶器を見た瞬間に、意識が凶器に集中して、犯人の顔や服装はあまり憶えていない状況になるということです。

この背景にある要因の1つとして、“視野狭窄”を唱える学者がいます。視野狭窄とは「一般に、情動的なストレスによって注意の範囲が狭められる」ことをいいます。凶器については「詳細に処理される」けれど、「周辺的情報は見逃されやす」くなるということです。
一方で、情動だけでなく、その場にその物体があることが異質であるかどうかという異質性や、凶器の形状が“凶器注目効果”に関わっているという学説もあります。例えば、台所に包丁があるのは自然ですが、銀行に包丁があるのは不自然です。そういう異質な状況で“凶器注目効果”が働くということです。形状については、例えば包丁の中でも鋭利なほうが“凶器注目効果”が起こりやすいと結論づけた研究もあります。(箱田ほか,2010)

“凶器注目効果”については、本当の目撃者と、映画の観客とでは条件が異なるので、観客は目撃者ほど“凶器注目効果”の影響を受けることはないでしょう。ただ、緊張感が漂う犯罪シーンでは誰がどんな被害に遭ってしまうのかなど、緊張感を持って観ていると思います。そうなると観客は安全な場所で映画を観ているとはいえ、つぶさにシーンを観察できているとはいえないかもしれません。

また、犯人にフォーカスしているシーン、被害者になりうる人物にフォーカスしているシーン、全体を俯瞰できるシーンというように、犯罪シーンの撮り方によっても得られる情報が変わります。監督や脚本家がどこまで意図して作っているのかにも寄りますが、シーンの撮り方にももしかしたらヒントが隠されているかもしれないですね。

【誤導情報効果 misleading information effect】

Netflx映画『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』エドワード・ノートン
『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』

誤導情報効果とは、事後に提示された情報が記憶に影響を及ぼし、思い違いを引き起こすことをいいます(箱田ほか,2010)。

推理映画では、さまざまな手がかりが提示されていきます。そもそもストーリーや見せ方をトリッキーにして作られているので、手がかりの信用性は高いもの、低いものが混在していると考えられます。だから、劇中で提示された手がかりや、キャラクター達のセリフによって、私達観客の記憶は歪められているはず。

こういった人間の心理をうまくついた仕掛けがあればあるほど、推理映画は難解になっているのではないでしょうか。原作小説があるものはストーリーそのものが緻密に作られているのはもちろん、映画は視覚と聴覚を使うので、作り手の意識をどう向けるか、操作できる余地が増えます。そう考えると、推理ものは小説、映画でそれぞれ楽しめるのも頷けます。

<参考・引用文献>
箱田裕司・都築誉史・川畑秀明・萩原滋(2010)「認知心理学」有斐閣

Netflx映画『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』ダニエル・クレイグ/エドワード・ノートン/ジャネール・モネイ/デイヴ・バウティスタ/キャスリン・ハーン/レスリー・オドム・Jr/ケイト・ハドソン/ジェシカ・ヘンウィック/マデリン・クライン

『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』
2022年12月23日よりNetflixにて配信中

さまざまなキャラクターのセリフによっても、あなたの記憶が誘導されているかもしれないと思いながら、細部まで観察してみてください。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』ダニエル・クレイグ/クリス・エヴァンス/アナ・デ・アルマス/ジェイミー・リー・カーティス/トニ・コレット/ドン・ジョンソン/マイケル・シャノン/キース・スタンフィールド/キャサリン・ラングフォード/ジェイデン・マーテル/クリストファー・プラマー

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』

キャラクター全員が怪しく見えるからこそ、最初から先入観を持ってしまうので、騙されちゃう部分もありますね。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

Amazonプライムビデオで観る

Motion Picture Artwork © 2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
Photo Credit: Claire Folger

映画『ナイル殺人事件』ケネス・ブラナー/ガル・ガドット/アーミー・ハマー

『ナイル殺人事件』
Amazonプライムビデオにて配信中
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中

小説とは異なり、キャラクターの服装や容姿なども具体化されるので、そういうところにも人間の心理をついた仕掛けが施しやすくなりそうです。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

Amazonプライムビデオで観る

© 2022 20th Century Studios. All rights reserved

『オリエント急行殺人事件』
Amazonプライムビデオにて配信中
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中

汽車という外界から切り離された空間が設定で使われている点にも、推理もの独特の心理的効果が狙いとして隠されていそうです。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

Amazonプライムビデオで観る

© 2017Twentieth Century Fox Film Corporation

TEXT by Myson(武内三穂・認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP