心理学

心理学から観る映画7-1:大人になるまで待って【モラトリアム】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『劇場』山﨑賢人

春はスタートの季節ということで、将来に向けていろいろと考えたり、準備をし始める時期でもあります。特に学生は、学年が上がるにつれて、どんな仕事に就きたいかを具体的に考えますよね。それは同時に、1人の人間として自分の意志で、どんな大人になりたいか、どんな生き方をしたいかを決めていくことに繋がっていきます。でも、なりたい大人になるのは簡単ではありません。だからこそ、モラトリアムという期間は、人間が成長する上でとても大事だと言えます。そこで今回はモラトリアムについて、映画のキャラクターを例に考えてみます。

<参考・引用文献>
鹿取廣人、渡邊正孝、鳥居修晃ほか(2017)「心理学 第5版」東京大学出版会
戸田まり、サトウタツヤ、伊藤美奈子(2017)「グラフィック 性格心理学」サイエンス社
谷口明子、木村晴、小松孝至、坪井さとみ ほか(2018)「教育心理学」武蔵野大学
下記は、上記で語られている内容から一部引用しまとめた上で、映画に関するところは本記事筆者の考察を掲載しています。

いつまでもモラトリアムだと、人はどうなるのか?

※ネタバレ注意!

自我同一性(アイデンティティ)という概念を提唱したエリクソンは、自我同一性を確立する上で重要な時期をモラトリアムと呼びました。モラトリアムとは、「自分はこういう人間だ」という自我同一性(アイデンティティ)を確立するために、社会的な責任や義務を果たすことを猶予された一定の期間のことを言います。学生でいる間は、まさにモラトリアムの期間ということになりますが、モラトリアムの終わりって誰にでもくるのでしょうか?その答えを知るには、次のことが鍵となります。

マーシャは、自我同一性の中核をなすと考えられる職業観、宗教観、政治観の3つの領域について、それぞれの領域で危機(=ここでは自分がどんな人間か、どんな生き方をしようかと悩み考えること)を経験しているか、それぞれの領域で自分の見出した価値観に対して積極的に関与できているかという観点から、自我同一性ステイタスを見出そうとしました。マーシャが考えた自我同一性ステイタスには、下記の4つがあります(谷口明子他、2018)。

  • 同一性達成:それぞれの領域で“危機”を経験し、自分が選んだ価値観に積極的に関与できている。つまり、自分とは何かという概念が自分なりにある。
  • モラトリアム:各領域での危機”を経験している最中で、積極的に関与すべき価値観を探索中である。
  • 早期完了:各領域での危機”を経験していないが、自分にとって重要な他者の価値観をそのまま採用するなどして、それぞれの領域に積極的に関与している。
  • 同一性拡散:各領域で“危機”を経験している場合も経験していない場合もあるが、どちらにしても、各領域での価値観に積極的に関与することを否定している。

いつかは同一性達成のステイタスになることが健全だと考えられますが、現代社会では、モラトリアムを引き延ばす人達が増えているという指摘もあります。では、モラトリアムのままな人とは、どんな人なのでしょうか?

映画『劇場』山﨑賢人/松岡茉優

又吉直樹の同名小説を映画化した『劇場』に登場する、永田(山﨑賢人)と沙希(松岡茉優)を例に考えてみましょう。本作は下北沢を舞台にしていますが、永田は友人と劇団を旗揚げし、下北沢で舞台上演をしたり、脚本を書いたり、演劇界で成功することを夢見ています。でも、なかなかうまくいかず、明日の生活にも困る状況のなか、彼は沙希に出会います。そして、いつの間にか永田は沙希の家に転がり込んでしまいます。

一見、自我を強く持っている永田ですが、大人として自立できていません。また演劇人としても、他者の意見を素直に聞かず、味方をどんどん失い、方向性も定まらなくなってしまいます。まさに理想だけが先走って、実態がついていかない、自分自身がその理想についていけていないという状態。幸か不幸か、沙希の存在があることで、永田に甘えが出てしまっているのも見てとれます。

彼がどうなっていくのかは、映画を観て頂くとして、こういった若者は必ず身近に何人かはいます。一時的にそうなることは誰にでもありますが、自分に折り合いをつけていくことができないままでいると、届かぬものを追い求めて、それをいつ諦めるかもわからなくなり、ずっとモラトリアムにとどまってしまうのだと思います。

また、他者との関係を構築する上でもアイデンティティは重要で、自我ができていないと、お互いに得るもの、与えるものがない状態に陥り、関係が長く続かないという見方もあります(戸田まり他、2017)。他者との関係のなかで自我が形成されていくということも考えられるので、卵と鶏の話にはなりますが、本作で考えると、沙希は永田に出会ってしまったことで、自我が崩壊されていっているようにも見えます。

こうして見ると、モラトリアムって良くないことと思われるかも知れませんが、発達過程で必要な期間です。なので、学生の皆さんは今の期間を大事にして、いろいろな経験をして欲しいなと思います。モラトリアムは青年期に限ったことではなく、大人になってもモラトリアムのままという人はたくさんいますが、長引くと自分が辛くなると思うので、オススメはしません。自我を持つことで自分に合った仕事、恋愛、友達、居場所を見つけられると良いですね。

映画『劇場』山﨑賢人/松岡茉優

『劇場』
2020年4月17日より全国公開
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

夢を追うために来たはずの下北沢で、どんどん現実を突きつけられ、自信を失い、自堕落になっていく青年と、彼をひたむきに支え続ける恋人の物語。

© 2020「劇場」製作委員会

何者

『何者』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
DVDレンタル&発売中

日本特有のモラトリアムの観点から、職業決定とアイデンティティの確立には関連があるという見方もある(谷口明子他、2018)。就活生のリアルな姿を映し出す本作には、それが見てとれる。

TEXT by Myson(認定心理士)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

Netflie映画『ラブバード』イッサ・レイ/クメイル・ナンジアニ ラブバード

出会った頃はラブラブだったのに、4年後には喧嘩ばかりのジブランとレラーニは、車で移動中に別れ話になり口論に…

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジョニー・デップ ジョニー・デップ

1963年6月9日アメリカ、ケンタッキー州生まれ。6歳頃に家族でフロリダ州に移り住み、高校卒業後に単身ロサンゼルスへ。友人ニコラス・ケイジの勧めで俳優を目指す。1984年に『エルム街の悪夢』で映画デビューし…

クリント・イーストウッドーザ・シネマ特集放送 今年90歳を迎えるクリント・イーストウッド監督作を観よう!

俳優としても監督としても長年第一線で活躍を続けるクリント・イーストウッドが、5月31日に90歳を迎えます。90歳ってどんな感覚なんだろうかと想像がつきませんが(笑)、彼の活躍ぶりを見ていると…

Netflie映画『ラブバード』クメイル・ナンジアニ クメイル・ナンジアニ

1978年2月21日、パキスタン生まれ。俳優、コメディアン、脚本家として高く評価され、TVシリーズ『シリコンバレー』(14~17)で広く知られる。その他にも、多数のコメディ映画に出演しており…

映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は個性・ユーモア部門のランキングを発表します。どの俳優もなかなかの個性派ですが、果たして結果はどうなったのでしょうか!?

映画『ウルヴァリン:SAMURAI』来日記者会見、真田広之 真田広之(さなだ ひろゆき)

1960年10月12日、東京都生まれ。子役を経て、1987年に深作欣二監督作『柳生一族の陰謀』で本格的に映画デビュー。主な邦画出演作品は…

映画『僕がジョンと呼ばれるまで』 心理学から観る映画11-2:認知症でも諦めない

気になるのは“物忘れ”と認知症の違い。そこで今回は認知症を取り上げます。

映画『チワワちゃん』浅野忠信 浅野忠信(あさの ただのぶ)

1973年11月27日、神奈川県生まれ。1990年『バタアシ金魚』でスクリーンデビュー。その後、『青春デンデケデケデケ』『幻の光』『スワロウテイル』など日本を代表する…

映画『燕 Yan』水間ロン/山中崇 燕 Yan

本作は、日本と台湾を舞台に、離ればなれになった家族が、それぞれ苦しみを抱えながら再会し、少しずつ成長していく姿を描いています。監督は…

おすすめ記事

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は個性・ユーモア部門のランキングを発表します。どの俳優もなかなかの個性派ですが、果たして結果はどうなったのでしょうか!?

映画『ケープタウン』来日会見、オーランド・ブルーム イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 ルックス・セクシー部門編>

今回からイイ男セレクションランキング海外40代俳優編の結果を発表!編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外40代(1971年以降、1980年以前の生まれ=数え年で40代)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい方を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス・セクシー部門の結果を発表します!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『ルーム』ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ ここが手掛ける映画は間違いない!映画好き女子が選んだ【A24】ランキング

皆さんは“A24”というスタジオをご存知でしょうか?「あれもこれもここが手掛けたの!」と驚くほど、…

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

「勝手にキャスティング企画!」ということで、あの名作をリメイクするとしたら誰をキャスティングしたら良いか、皆さんと妄想してみました。第1回は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。主人公マーティ・マクフライと、ドクことエメット・ブラウン博士は、誰が演じるのが良いか、俳優の名前とキャスティング理由を挙げて頂きました。

映画『君の誕生日』ソル・ギョング/チョン・ドヨン 映画好き女子が選んだ“私のベストワン韓国映画”特集2020春

韓流ドラマ、K-POPと、韓国発のエンタテインメントは根強い人気です。そして、韓国映画にも名作がたくさんあります。そこで今回は、これまで劇場公開された作品で、正式部員の皆さんがそれぞれにベスト1だと思う映画を投稿して頂きました…

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー 笑ったり、驚いたり、映画館でのリアクションはOK?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3】

今回は、映画鑑賞中のリアクションについて調査しました。映画館で、おもしろいシーンや怖いシーンが出てきた時、皆さんはどんな風にリアクションしていますか?今回は、そんな映画館でのリアクションについて、自身のスタンス、周囲に求めるスタンスを聞いてみました。さらに、リアクションしながら楽しみたい編集部オススメ作品も紹介。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』エディ・レッドメイン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 総合ランキング>

海外30代俳優最終回は、ついに総合ランキングを発表!これまで発表した各部門ランキングの上位俳優が、…

REVIEW

  1. Netflie映画『ラブバード』イッサ・レイ/クメイル・ナンジアニ
    ラブバード

  2. 映画『燕 Yan』水間ロン/山中崇
    燕 Yan

  3. Netflix映画『僕のミッシー』デヴィッド・スペード/ローレン・ラプカス
    僕のミッシー

  4. Netflix映画『オールデイ・アンド・ア・ナイト:終身刑となった僕』ジェフリー・ライト/アシュトン・サンダース
  5. Netflix映画『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』リーア・ルイス
  6. Netflix映画『キング』ティモシー・シャラメ
    キング

  7. Netflix映画『ラブ、ウェディング、リピート』サム・クラフリン/オリヴィア・マン
  8. 映画『許された子どもたち』上村侑/黒岩よし/名倉雪乃
  9. 映画『水曜日が消えた』中村倫也
  10. Netflix映画『ロストガールズ』エイミー・ライアン

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP