取材&インタビュー

“ロビン・ウィリアムズ映画化権獲得から20年”の裏側『ドント・ウォーリー』ガス・ヴァン・サント監督来日トークイベント

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ドント・ウォーリー』来日トークイベント:ガス・ヴァン・サント監督

映画『ドント・ウォーリー』来日トークイベント:ガス・ヴァン・サント監督/野村訓市氏(司会)

2014年に他界した名優ロビン・ウィリアムズが映画化権を所有していましたが生前に手掛けることができなかった本作は、そんな彼から、監督を務めて欲しいと相談を受けていたガス・ヴァン・サントの手で、企画があがってから20年の時を経て、ようやく完成されました。本作のPRのために来日したガス・ヴァン・サントが行ったティーチインでは、海外の映画監督とも親交が深い、クリエイターの野村訓市氏が司会を務め、フランクな会話から裏話もたくさん聞けました。

映画『ドント・ウォーリー』来日トークイベント:ガス・ヴァン・サント監督/野村訓市氏(司会)

野村訓市氏:
本作の主人公である漫画家ジョン・キャラハンって、僕等日本人にはあまり馴染みがないんですけど、監督がポートランドに住んで映画を作り出した頃に、ちょうど彼も新聞で漫画を書き出したらしいですね。彼はどんな人で、ポートランドではどう思われていたのか聞かせてください。

ガス・ヴァン・サント監督:
ジョン・キャラハンは、80年代に漫画家として活動し始めたんですけど、私がポートランドで映画を撮り始めた時に、彼はローカルな人物として皆に知られるようになりました。彼はおもしろいんですけど、彼の漫画はとても毒のあるもので、いろいろな問題を起こしたり、いろいろな人の気分を害したり、彼の障がいとかそういったものも扱っていたりで、さまざまな苦情の手紙なども届いたわけですが、彼はそれさえ喜んでしまっていたわけです。
ロビン・ウィリアムズはサンフランシスコに住みながらずっと彼のファンだったそうですが、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』のちょうど後くらいに、この本の映画化権を買ったということで、私に監督をしないかという話がきました。

映画『ドント・ウォーリー』ジョン・キャラハンの漫画

野村訓市氏:
それで作りたいと思ったんですか?

ガス・ヴァン・サント監督:
ジョン・キャラハンについては、彼のストーリーから知っていて、車椅子のこと、アルコール依存症のこと、事故についての話はしていたんですけど、ロビン・ウィリアムズが演じるのなら上手くいくと思いました。それで脚本を2本書いたんですが、結局映画化はされなかったんです。その過程でキャラハンにも実際に会いました。それがきっかけで1本目の脚本を手伝ってくれたりしました。

野村訓市氏:
当時はロビン・ウィリアムズが演じるという前提で書いていたんですよね?でも彼が亡くなって、フォーカスが変わっていったんですね。

ガス・ヴァン・サント監督:
1本目は結局映画化されなかったんですけど、それが1998年のことで、それから何の音沙汰もなく、2本目の脚本ができたのは2001年から2002年くらいだったと思います。その後もまた音沙汰がなく、その時にジョン・キャラハンが、「一体どうしたんだよ。この映画ができる頃に俺達は死んでしまうよ」って。

野村訓市氏:
そしたら全員本当に亡くなってしまったんですね。

ガス・ヴァン・サント監督:
まずジョンが亡くなりました。それからロビンが亡くなって、ジョンの言うとおりだったなって思ったんです。ロビンはいなくなってしまいましたが、まだ本の権利は持っていたんです。コロンビア映画が持っていました。実際に誰がどうすれば良いんだっていうことになって、私に興味があるかということでまた話が来たわけです。僕自身は、AAミーティング(断酒会)に興味があったので、その彼の経験するプロセスに興味を持ちました。それで台本を書き上げる時に、そういう部分を込めながら書いていって、ホアキン・フェニックスにそれを見せたんです。

映画『ドント・ウォーリー』来日トークイベント:ガス・ヴァン・サント監督

野村訓市氏:
断酒会で皆が問題を話し合うって、日本ではあまりやらないんだけど、アメリカではすごく多い会合で、ガスが何でそれに興味を持ったのかと思って、さっきそういう話を裏でしてたんですけど、「断酒会に自分(ガス)も出てたことがあるのか?」って言ったら、「出たことがある」と。

ガス・ヴァン・サント監督:
断酒会に出てたってことだよね。

野村訓市氏:
実際どうだったんですか?上手くいくもんなんですか?断酒会に出た人は恐らくここ(会場)にはいないと思うんですが。

ガス・ヴァン・サント監督:
セラピーの状況については知っていたんですけど、結構エキサイティングなことなんですよね。8人で円を組んでいろいろな話をしていくわけですけど、皆がお互いに嘘を付き合っているという。だからおもしろいんじゃないかと思ったんです。それでやりました。

野村訓市氏:
映画の中のジョン・キャラハンのように実際に効果はあったんですか?

ガス・ヴァン・サント監督:
いや、僕は実際にそのステップまでには行っていません。まだ問題があるっていうことなのかな(笑)。

会場のお客さんによる質問コーナー

映画『ドント・ウォーリー』ホアキン・フェニックス/ルーニー・マーラ

観客 A:
ロビン・ウィリアムズが亡くなってから、この作品はリライトされたということでしたが、ホアキン・フェニックスが主演に変わって、ロビン・ウィリアムズの場合とどういうところが変わりましたか?あとホアキン・フェニックスをキャスティングしようと思った理由を教えてください。

ガス・ヴァン・サント監督:
1〜2本目の脚本には母親の話が入っていて、彼が持っているオブセッション、つまり養子に出された彼の母親探しと、彼が抱えている内面の問題というものにフォーカスが当たっていました。1本目も2本目もそうなんですが、2本目においては特にアルコール問題とか、断酒会について描かれていて、ドニー(ジョナ・ヒルが演じたキャラクター)の問題がそこに入っていなかったわけです。それが結果的に多少あったにしても、より高予算のアニメーションなどが入る予定の脚本でした。3本目の脚本というのは、逆に本に出てくる章を中心にしていて、断酒会、12ステップのプログラムなどについて触れるような形で進めていきました。そしてもう1つホアキンに対しての質問ですが、彼は本当に自分を徹底的に入れ込んでくれるので、彼との仕事は素晴らしい体験でした。

最後に、野村訓市氏は「今話していたら、この映画を観て日本の皆さんは気に入ってくれるかなって。馴染みのないテーマかも知れないけどって」と語り、会場に拍手を求めると、盛大な拍手が沸き起こりました。それを受けて、ガス・ヴァン・サント監督は、「気に入ってくれたならぜひ友達にも伝えてください。そうしてくれないと誰も行かないよ(笑)」とコメントし、イベントは終了しました。ガス・ヴァン・サント監督がありのままに語ってくれたように、本作は綺麗事としてでなく、ジョン・キャラハンがありのままに葛藤する姿が描かれています。観る視点がいろいろとある作品なので、どこか通じる部分が見つかるはずです。

映画『ドント・ウォーリー』来日トークイベント:
2019年2月19日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『ドント・ウォーリー』ホアキン・フェニックス

『ドント・ウォーリー』
2019年5月3日より全国順次公開
PG-12
東京テアトル
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』ウィレム・デフォー ウィレム・デフォー

1955年アメリカ、ウィスコンシン州生まれ。1986年に出演した『プラトーン』でアカデミー賞にノミネート、『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』では…

映画『アナと雪の女王2』ワールドブレミア 本編映像に観客から絶賛の嵐!イディナ・メンゼル&クリステン・ベルらが登場『アナと雪の女王2』ワールドプレミア

『アナと雪の女王』待望の最新作『アナと雪の女王2』が、11月22日より全国公開となります。世界中がその公開を待ち望むなか、先日ロサンゼルスにて本作のワールドプレミアが開催され、イディナ・メンゼル、クリステン・ベルらが登場しました。

映画『マレフィセント2』ジャパンプレミア、MIYAVI MIYAVI(みやび)

1981年、大阪府生まれ。“サムライ・ギタリスト”の異名を持つミュージシャン。ピックを使わずすべて指で弾くという独自のスタイルで世界中から注目を集め…

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』ウディ・ハレルソン/ジェシー・アイゼンバーグ/エマ・ストーン/アビゲイル・ブレスリン ゾンビランド:ダブルタップ

悲壮感が漂うゾンビモノもたくさんありますが、本作のメインキャラクターである、コロンバス、タラハシー、ウィチタ、リトルロックは、ゾンビの知識を豊富に持ち…

映画『閉鎖病棟—それぞれの朝—』渋川清彦 渋川清彦(しぶかわ きよひこ)

1974年7月2日、群馬県渋川市生まれ。“KEE”名義でモデルとして活動後、1998年『ポルノスター』で映画デビュー。2015年…

脳イメージ写真AC 退化させるわけにはいかん!脳を鍛え中

100歳まで生きるとリアルに想像し始めると、100歳まで楽しめる自分でいられるようにメンテナンスが必要…

映画『決算!忠臣蔵』堤真一/岡村隆史 決算!忠臣蔵

公式資料の言葉をそのまま借りると、本作は「大石内蔵助が実際に残した帳簿をもとに、忠臣蔵の予算を切り口としたコメディ」です。なので…

映画『マレフィセント2』ジャパンプレミア、サム・ライリー サム・ライリー

1980年イギリス、ヨークシャー州生まれ。2007年アントン・コービン監督の『コントロール』への出演で、数々の賞を受賞。有望な若手演技派として注目され、英国アカデミー賞ライジング・スター賞に輝く。2014年…

映画『サヨナラまでの30分』新田真剣佑/北村匠海 『サヨナラまでの30分』5組10名様 キャスト&監督登壇完成披露試写会ご招待

映画『サヨナラまでの30分』5組10名様 キャスト&監督登壇完成披露試写会ご招待

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会舞台挨拶、竹野内豊 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 ルックス・セクシー部門編>

ついに国内俳優編ラストに突入!今回から国内40代&50代俳優についてのランキングを発表します。編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている40代から50代(1960年以降、1979年以前の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記30名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス部門TOP20&セクシー部門TOP15を発表します!

おすすめ記事

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会舞台挨拶、竹野内豊 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 ルックス・セクシー部門編>

ついに国内俳優編ラストに突入!今回から国内40代&50代俳優についてのランキングを発表します。編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている40代から50代(1960年以降、1979年以前の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記30名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス部門TOP20&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

トーキョー女子映画部ロゴ バックナンバーや一覧はこちら

まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

REVIEW

  1. 映画『ゾンビランド:ダブルタップ』ウディ・ハレルソン/ジェシー・アイゼンバーグ/エマ・ストーン/アビゲイル・ブレスリン
  2. 映画『決算!忠臣蔵』堤真一/岡村隆史
    決算!忠臣蔵

  3. 映画『殺さない彼と死なない彼女』間宮祥太朗/桜井日奈子
  4. 映画『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~』アーユシュマーン・クラーナー/タブー
  5. 映画『地獄少女』玉城ティナ
    地獄少女

  6. 映画『マイ・ビューティフル・デイズ』ティモシー・シャラメ
  7. 映画『ベル・カント とらわれのアリア』ジュリアン・ムーア/渡辺謙/加瀬亮
  8. 海外ドラマ『9-1-1 LA救命最前線 シーズン2』ピーター・クラウス/アンジェラ・バセット/オリヴァー・スターク/ジェニファー・ラヴ・ヒューイット/ライアン・グスマン
  9. 映画『影踏み』山崎まさよし/北村匠海
    影踏み

  10. 映画『夕陽のあと』貫地谷しほり/山田真歩
    夕陽のあと

部活・イベント

  1. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  2. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  3. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  4. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP