イイ俳優セレクション

ポール・ラッド

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アントマン&ワスプ:クアントマニア』

1969年4月6日アメリカ、ニュージャージー州生まれ。カンザス大学で演劇を専攻し、アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツを卒業。その後、『クルーレス』『ロミオ&ジュリエット』『サイダー・ハウス・ルール』などの映画に出演し、その傍らで舞台にも出演。その後『俺たちニュースキャスター』『40歳の童貞男』『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』などのコメディ作品に多く出演。2009年の映画『ぼくたちの奉仕活動』には、出演以外に共同脚本としても参加。2015年にはマーベル・スタジオ作品の『アントマン』の主演に抜擢され、1.5センチのヒーローを演じ、本作でも共同脚本として名を連ねている。

イイ男セレクション/出演作

『クルーレス』『ロミオ&ジュリエット』『200本のたばこ』『サイダー・ハウス・ルール』『俺たちニュースキャスター』『40歳の童貞男』『ナイト ミュージアム』『幸せになるための10のバイブル』『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』『寝取られ男のラブ♂バカンス』『ぼくたちの奉仕活動』(兼脚本)『40男のバージンロード』『奇人たちの晩餐会 USA』『幸せの始まりは』『ふたりのパラダイス』『40歳からの家族ケーカク』『ウォールフラワー』『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』『セルフィッシュ・サマー』『アドミッション -親たちの入学試験-』『俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク』『アントマン』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『アントマン&ワスプ』『アベンジャーズ/エンドゲーム』『ゴーストバスターズ/アフターライフ』『アントマン&ワスプ:クアントマニア』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

コメディ俳優の印象が強いですが、来日した際の彼の様子では、恥ずかしがり屋さんのようでキュートでした。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『アントマン&ワスプ:クアントマニア』
2023年2月17日より全国公開

映画『アントマン&ワスプ:クアントマニア』ポール・ラッド/エヴァンジェリン・リリー/マイケル・ダグラス/ミシェル・ファイファー/ジョナサン・メジャース/キャスリン・ニュートン/ビル・マーレイ

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『クルーレス』

『俺たちニュースキャスター』

『40歳の童貞男』

『幸せの始まりは』

『ふたりのパラダイス』

『40歳からの家族ケーカク』

『ウォールフラワー』

『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』

『アドミッション -親たちの入学試験-』

『俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク』

『アントマン』

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

『アントマン&ワスプ』

『アベンジャーズ/エンドゲーム』

Film © 2012 Universal Studios. All Rights Reserved.
Artwork © 2012 Universal Studios. All Rights Reserved.
Copyright ©2011 Universal Studios. All Rights Reserved.
©2014 Universal Studios. All Rights Reserved.
© 2013 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved. TM, ® & Copyright © 2014 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.
©Marvel 2015
©Marvel Studios 2018 All rights reserved.
© Marvel Studios 2022

from 2015/9/2

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マッチング』土屋太鳳 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年2月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年2月】のアクセスランキングを発表!

映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ DOGMAN ドッグマン【レビュー】

本作はリュック・ベッソンが実際の事件に着想を得て脚本、監督を担当し、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズを主演に迎えて制作した…

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マッチング』土屋太鳳
  2. 映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
  3. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  4. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  5. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP