特集

楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

トーキョー女子映画部員がなってみたいコメディ俳優

ジム・キャリー

■あの多彩な顔芸、醸し出すオーラ、切り替えの早さ…まさに天才です!彼だからこそ、ああいったCGと違和感なく溶け込めたのだと思います。コメディ映画の主演として彼の右に出る者はいないと思います!(匿名)
■映画『マスク』のジム・キャリーをやって、はっちゃけたい。(るな)
■『マスク』の主演ジム・キャリーになりたいです。マスクを着ければ思いのままに!楽ちんな世界を楽しみます!(むびこ)
■顔芸ができるので、とにかく皆を笑わせられそう。(Chihiro)

帰ってきたMr.ダマー バカMAX!(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

マスク(字幕版)

大泉洋

■大泉洋になって、ふらふらしながら、ひたすらおもしろく喋り倒して、世の中をハッピーにしたい。(匿名)
■もじゃもじゃな寝癖頭で、町歩きをして、食べて飲んで福山雅治の真似をして、何なら福山雅治と飲めたらいいな(笑)。きっとあちこちのお店で店員さんともお客さんとも仲良くなって、楽しいお酒が飲めそうですよね。(miyo)

清須会議

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ウィル・スミス

■コメディ俳優ではないですが、ウィル・スミス!アクションや歌などマルチにこなすウィルは、コメディ映画も最高!(匿名)

メン・イン・ブラック 3 (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ベン・スティラー

■ベン・スティラーになって、“ナイトミュージアム”のラリーになりたい! 絶対に大変だけど絶対に楽しいし、歴史の勉強にもなる!一生忘れられない1日になること間違いなし!

ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密 (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

★ジェニファー・アニストン

■『なんちゃって家族』のジェニファー・アニストンになって、エロくてセクシーだけど、決して下品にならない貧乏ストリッパーの偽ママ役を、魅力たっぷりに演じてみたい。あの家族の一員になって、ウィル・ポールターが演じる冒険を夢見るヲタク息子を愛でたいです。この作品は、荒唐無稽ですが元気がもらえて抱きしめたるなるようなほのぼの感もあって、大好きです!(デイジー)

なんちゃって家族 (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ポール・ラッド

■ポール・ラッドになりたいです。『アントマン&ワスプ』で自宅謹慎を強いられたスコットの、自粛生活を全力で楽しもうとする姿がイキイキとしていてとても魅力的だったからです。(さめ)

アントマン&ワスプ (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ムロツヨシ

■ムロツヨシさん!とにかく顔芸で皆を笑わせたい!(匿名)

銀魂 2 掟は破るためにこそある

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

★メリッサ・マッカーシー

■『泥棒は幸せのはじまり』のメリッサ・マッカーシー。他人のお金で豪遊する時のテンションがすごい!!絶対に自分にはできないことなので、とことん振り切れている感じがスカッとします。逃げる時の必殺技も大胆過ぎるし(笑)。あんな風に自分本位で生きられたら、ストレスがなくて良いだろうな〜と羨ましくなります。(shiron)

ゴーストバスターズ (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ビル・マーレイ

映画『デッド・ドント・ダイ』ビル・マーレイ
デッド・ドント・ダイ

■ビル・マーレイになりたいです。本人は至って真面目なのに、周りから見るとクスッと笑える絶妙なキャラが好きです。『知らなすぎた男』のような、勘違い、巻き込まれ系の作品に出てみたいです。(匿名)

知らなすぎた男 (字幕版)

ザック・ガリフィアナキス

■ザック・ガリフィアナキスになりたいです。彼といえば、“ハングオーバー”シリーズですが、劇中のアランのあの何とも言えない相手を苛立たせる表情(笑)!それが観ている人を笑わせる。アラン自身は至って普通にしているつもりなのに、周りの人を困らせてしまう。そんな自由な彼になってみたいです。(社長)

ハングオーバー!!! 最後の反省会(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

★渥美清

■旅が制限されているところなので、“フーテンの寅”こと車寅次郎です。風の向くまま、気の向くまま旅をして、旅先で人情味と美味しいものに出会いたいです。(匿名)

男はつらいよ HDリマスター版(第1作)

編集部がなってみたいコメディ俳優

ローワン・アトキンソン

■ローワン・アトキンソンになって、“ジョニー・イングリッシュ”シリーズ最新作を作りたいです。あのシリーズは声を出して笑えるので大好きなのですが、実際の撮影現場がどんな風なのか、スタッフさん達のリアクションなども知りたいです(笑)。(マイソン)

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

★ロビン・ウィリアムズ

■ロビン・ウィリアムズになってみたいです。子どもの頃に『ミセス・ダウト』や『ジュマンジ』などを観てたくさん笑わせてもらい、本当に大好きでした。そんな彼になってコメディ作品に出られたら、きっと楽しいだろうし、多くの人を笑わせたいなと思います。(シャミ)

グリフィン家のウエディングノート (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ジム・キャリーになりたい方が多数派で、その中でも『マスク』のキャラクターになりたい方が特に多い結果となりました。『マスク』は、本当に何度観ても楽しめるコメディの名作ですよね。他の俳優もコメディ俳優としての才能溢れる人ばかりで、一度で良いからなってみたいです!!今後も本シリーズは不定期開催していきます。次回もお楽しみに!

Photo by WILSON WEBB -(2011 Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.
©2014 DDTo Finance, LLC
©2013 フジテレビ 東宝
©2014 Twentieth Century Fox Film Corporation
© 2013 Warner Bros. Entertainment Inc.
©空知英秋/集英社 ©2018 映画「銀魂2」製作委員会
Credit : Abbot Genser / Focus Features © 2019 Image Eleven Productions, Inc.
© 2019 Image Eleven Productions, Inc. All Rights Reserved.
© 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LAGENDARY PICTURES
©2012 WEDDING PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved.

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『新解釈・三國志』大泉洋 新解釈・三國志

福田雄一監督が「三國志」を映画化するとのことで…

映画『詩人の恋』チョン・ガラム チョン・ガラム

1993年2月23日生まれ。大韓民国、密陽市出身。俳優を志し、漢陽大学校演劇映画科で演技を学ぶ。2016年に…

映画『滑走路』浅香航大/吉村界人 あなただけのキャリア5:意識的?無意識的?あなたの職業選択

学生の皆さんの中には早くから就職活動を始めている人、ギリギリになって始める人、いろいろ…

映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』タハール・ラヒム/ゾーイ・カザン ニューヨーク 親切なロシア料理店

2人の息子を連れて家を出たクララ(ゾーイ・カザン)、仕事に忙殺されて自分の人生について考える暇もない看護師のアリス…

映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』ジョン・キャロル・リンチ ジョン・キャロル・リンチ

1963年8月1日アメリカ、コロラド州生まれ。妻で女優のブレンダ・ウィールとニューヨークで暮らす。ミネソタ州ミネアポリスの…

映画『100日間のシンプルライフ』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/マティアス・シュヴァイクホファー 100日間のシンプルライフ

モノが溢れている生活から一変、モノが0の状態からスタートして…

映画『詩人の恋』ヤン・イクチュン ヤン・イクチュン

1975年10月19日生まれ。大韓民国ソウル特別市出身。商業高校を卒業し…

映画『チャンシルさんには福が多いね』カン・マルグム 『チャンシルさんには福が多いね』 5組10名様 女性限定試写会ご招待

映画『チャンシルさんには福が多いね』 5組10名様 女性限定試写会ご招待

映画『サイレント・トーキョー』佐藤浩市/石田ゆり子/西島秀俊 サイレント・トーキョー

“クリスマス、東京”というキーワードだけ聞くと、キラキラしたラブストーリーを想像してしまいますが…

映画『ミセス・ノイズィ』天野千尋監督インタビュー 『ミセス・ノイズィ』天野千尋監督インタビュー

壮絶なご近所バトルから始まる人間ドラマ『ミセス・ノイズィ』を撮った天野千尋監督にインタビューをさせていただきました。1度会社員になってから、映画監督の道へ進んだ天野監督は、どんな経緯を辿ったのかなど、聞いてみました。

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 信じる力と挑戦する勇気をくれる『映画 えんとつ町のプペル』を全力で応援しよう部活参加者募集!

コロナ禍が続く状況が映画界にとっても試練となっていますが、そんななか劇場公開に踏み切った本作の挑戦を、ぜひ映画好きの皆さんに応援していただきたく、この度部活を企画しました。

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『新解釈・三國志』大泉洋
  2. 映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』タハール・ラヒム/ゾーイ・カザン
  3. 映画『100日間のシンプルライフ』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/マティアス・シュヴァイクホファー
  4. 映画『サイレント・トーキョー』佐藤浩市/石田ゆり子/西島秀俊
  5. 映画『魔女がいっぱい』アン・ハサウェイ
  6. 映画『ノッティングヒルの洋菓子店』セリア・イムリー/シャノン・ターベット/シェリー・コン
  7. 映画『燃ゆる女の肖像』アデル・エネル
  8. 映画『アンダードッグ』森山未來/北村匠海/勝地涼
  9. 映画『ミセス・ノイズィ』篠原ゆき子
  10. 映画『バクラウ 地図から消された村』ソニア・ブラガ
PAGE TOP