イイ俳優セレクション

ライアン・ゴズリング

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『バービー』ライアン・ゴズリング

1980年11月12日カナダ、オンタリオ州生まれ。子どもの頃からカナダのTVシリーズに出演し、1996年『フランケンシュタインと僕』で映画デビュー。1997年、ロサンゼルスに移り、2000年『タイタンズを忘れない』に出演。その後も“The Believer(原題)”『16歳の合衆国』『完全犯罪クラブ』に出演しキャリアを積み、2004年公開の大ヒット作『きみに読む物語』で主演を務め、一躍スターの仲間入りを果たした。2006年には『ハーフネルソン』でアカデミー主演男優賞にノミネート。そのほか主な映画出演作に『ラブ・アゲイン』『ドライヴ』『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』『マネー・ショート 華麗なる大逆転』『ラ・ラ・ランド』などがある。また、2015年には『ロスト・リバー』で映画監督デビューを飾った。

イイ男セレクション/出演作

『フランケンシュタインと僕』『タイタンズを忘れない』“The Believer(原題)”『完全犯罪クラブ』『16歳の合衆国』『きみに読む物語』『ハーフネルソン』『ステイ』『ラースと、その彼女』『ブルーバレンタイン』『ラブ・アゲイン』『ドライヴ』『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』『L.A. ギャング ストーリー』『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』『オンリー・ゴッド』『マネー・ショート 華麗なる大逆転』『ナイスガイズ!』『ラ・ラ・ランド』『ブレードランナー 2049』『ファースト・マン』『ソング・トゥ・ソング』『グレイマン』(Netflix映画)『バービー』など

監督作:『ロスト・リバー』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

『きみに読む物語』のPRで来日したときに単独インタビューをさせて頂いてから、惚れてます(笑)。子役から活躍しているとあって、当時もリップ・サービスが上手でしたが、『ラ・ラ・ランド』で再来日した彼は、すっかり大人になっていて、どちらかというと静かに控えめに話す印象に変わっていて、これまたカッコ良かったですね。って結局、彼に関しては何でもカッコ良いと思っちゃうんですけどね。ミステリアスな役やあぶない役もすごく上手で大好きですが、『きみに読む物語』『ラブ・アゲイン』『ラ・ラ・ランド』など、ラブストーリーの彼もとてもステキです。そして『ブレードランナー 2049』では、すごく難しい役柄(どう難役なのかはネタバレになるので内緒です)を見事に演じていてさすが!監督業もやったり、これからもずっと映画界で活躍して欲しいと思います。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『バービー』
2023年8月11日より全国公開

映画『バービー』マーゴット・ロビー/ライアン・ゴズリング

『グレイマン』
Netflixにて配信中

Netflix映画『グレイマン』ライアン・ゴズリング/クリス・エヴァンス

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『タイタンズを忘れない』

『完全犯罪クラブ』

『きみに読む物語』

『ハーフネルソン』

『ステイ』

『ラースと、その彼女』

『ブルーバレンタイン』

『ラブ・アゲイン』

『ドライヴ』

『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』

『L.A. ギャング ストーリー』

『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』

『オンリー・ゴッド』

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』

『ナイスガイズ!』

『ラ・ラ・ランド』

『ブレードランナー 2049』

『ファースト・マン』

『ソング・トゥ・ソング』

©2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
©2011 Drive Film Holdings, LLC. All rights reserved.
©2011 Ides Film Holdings, LLC
© 2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
© 2012 KIMMEL DISTRIBUTION, LLC All Rights Reserved
© 2012 : Space Rocket Nation, Gaumont & Wild Bunch
©2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
©2016 NICE GUYS, LLC
© 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.
©Universal Pictures
© 2017 Buckeye Pictures, LLC
©2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.


上記の作品を U-NEXTで探す Huluで探す 
ぽすれん(ゲオ)で探す  TSUTAYA DISCASで探す

本ページの情報は2023年8月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事

from 2011/11/19

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  2. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  3. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  4. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  5. 映画『呪葬』セリーナ・レン

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP