イイ俳優セレクション

ライアン・ゴズリング

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『バービー』ライアン・ゴズリング

1980年11月12日カナダ、オンタリオ州生まれ。子どもの頃からカナダのTVシリーズに出演し、1996年『フランケンシュタインと僕』で映画デビュー。1997年、ロサンゼルスに移り、2000年『タイタンズを忘れない』に出演。その後も“The Believer(原題)”『16歳の合衆国』『完全犯罪クラブ』に出演しキャリアを積み、2004年公開の大ヒット作『きみに読む物語』で主演を務め、一躍スターの仲間入りを果たした。2006年には『ハーフネルソン』でアカデミー主演男優賞にノミネート。そのほか主な映画出演作に『ラブ・アゲイン』『ドライヴ』『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』『マネー・ショート 華麗なる大逆転』『ラ・ラ・ランド』などがある。また、2015年には『ロスト・リバー』で映画監督デビューを飾った。

イイ男セレクション/出演作

『フランケンシュタインと僕』『タイタンズを忘れない』“The Believer(原題)”『完全犯罪クラブ』『16歳の合衆国』『きみに読む物語』『ハーフネルソン』『ステイ』『ラースと、その彼女』『ブルーバレンタイン』『ラブ・アゲイン』『ドライヴ』『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』『L.A. ギャング ストーリー』『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』『オンリー・ゴッド』『マネー・ショート 華麗なる大逆転』『ナイスガイズ!』『ラ・ラ・ランド』『ブレードランナー 2049』『ファースト・マン』『ソング・トゥ・ソング』『グレイマン』(Netflix映画)『バービー』など

監督作:『ロスト・リバー』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

『きみに読む物語』のPRで来日したときに単独インタビューをさせて頂いてから、惚れてます(笑)。子役から活躍しているとあって、当時もリップ・サービスが上手でしたが、『ラ・ラ・ランド』で再来日した彼は、すっかり大人になっていて、どちらかというと静かに控えめに話す印象に変わっていて、これまたカッコ良かったですね。って結局、彼に関しては何でもカッコ良いと思っちゃうんですけどね。ミステリアスな役やあぶない役もすごく上手で大好きですが、『きみに読む物語』『ラブ・アゲイン』『ラ・ラ・ランド』など、ラブストーリーの彼もとてもステキです。そして『ブレードランナー 2049』では、すごく難しい役柄(どう難役なのかはネタバレになるので内緒です)を見事に演じていてさすが!監督業もやったり、これからもずっと映画界で活躍して欲しいと思います。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『バービー』
2023年8月11日より全国公開

映画『バービー』マーゴット・ロビー/ライアン・ゴズリング

『グレイマン』
Netflixにて配信中

Netflix映画『グレイマン』ライアン・ゴズリング/クリス・エヴァンス

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『タイタンズを忘れない』

『完全犯罪クラブ』

『きみに読む物語』

『ハーフネルソン』

『ステイ』

『ラースと、その彼女』

『ブルーバレンタイン』

『ラブ・アゲイン』

『ドライヴ』

『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』

『L.A. ギャング ストーリー』

『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』

『オンリー・ゴッド』

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』

『ナイスガイズ!』

『ラ・ラ・ランド』

『ブレードランナー 2049』

『ファースト・マン』

『ソング・トゥ・ソング』

©2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
©2011 Drive Film Holdings, LLC. All rights reserved.
©2011 Ides Film Holdings, LLC
© 2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
© 2012 KIMMEL DISTRIBUTION, LLC All Rights Reserved
© 2012 : Space Rocket Nation, Gaumont & Wild Bunch
©2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
©2016 NICE GUYS, LLC
© 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.
©Universal Pictures
© 2017 Buckeye Pictures, LLC
©2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.


上記の作品を U-NEXTで探す Huluで探す 
ぽすれん(ゲオ)で探す  TSUTAYA DISCASで探す

本ページの情報は2023年8月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事

from 2011/11/19

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 18組36名様ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 18組36名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム
  2. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  3. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  4. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  5. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP