REVIEW

バービー【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『バービー』マーゴット・ロビー/ライアン・ゴズリング

冒頭から最高に笑えると同時に、女子は子どもの頃から、ある価値観を植え付けられてきた事実に改めて気付かされます。人類の変化、文化の変化をユーモアたっぷりに描くこの冒頭だけ観ても、グレタ・ガーウィグ監督のセンスに脱帽です。時代は変わり続け、現代の子ども達もまた、異なる価値観を持っています。今新しい価値観、物の見方が必要になっている状況をバービーという圧倒的なアイコンを用いて見事に描いているのが本作です。
本作は、バービーが作り出してきた理想の女性像がもたらす功罪を描いています。それはケンも同じで男性がイメージに縛られる弊害も表現されています。単なるフェミニズムの主張に終わらないように描くのはかなり高度ながら、バービーランドと人間の世界が混乱状態に陥る展開でうまく表現しています。男女両方の目線で描いているので、女性だけではなく男性も共感できるところがあるのではないでしょうか。本作は、このグレタ・ガーウィグとノア・バームバックのコンビによる脚本も見事です。セリフはユーモアがいっぱいで、ウイットに富んでいて、哲学的でもあります。

映画『バービー』マーゴット・ロビー

そして、映画公式資料には、本作の発起人がマーゴット・ロビーだと記されています。製作も務めるマーゴット・ロビーについて、グレタ・ガーウィグ監督のコメントには、「彼女こそが映画化権を確保して、ワーナー・ブラザースに提案し、このプロジェクトを率いていた張本人だった」とあります。マーゴットは目のつけどころが素晴らしいですね。また、バービーはマーゴット以外に演じられる俳優はいないと思えるほどの再現度です。“典型的”なバービーが殻を破り、新しい自分を見つける姿は観る者の心を打ちます。

映画『バービー』ライアン・ゴズリング

本作では、ライアン・ゴズリングの魅力も最大限に活かされています。ケン役はライアン・ゴズリングに当て書きしたそうですよ(映画公式資料:グレタ・ガーウィグ監督のコメントより)。まず、ライアン・ゴズリングのキレキレの肉体美がすごいです。人形の不自然に完璧な肉体美を人間が再現しているのですから、かなり高度な業だと思います。そして、ケンの脳天気なところ、一見残念な人のようでいて憎めないキュートな面を見事に演じています。ミュージカルシーンもツッコミどころが満載で、歌とダンスが笑いを誘います。あと、シム・リウが本作ではユーモラスに別のケンを演じていて、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』とのギャップを感じてさらに笑えます。
服装や世界観がとにかく可愛いのはいうまでもありませんね。下記のバービー人形の世界観をそっくりそのまま実写化しています。でも本作は世界観をただ再現しただけではありません。若干自虐的な要素もユーモアを交えて入れながら、奥の深いストーリーに仕上げています。劇中に実名で登場する、バービー人形のメーカー“マテル・インターナショナル”の理解度の高さと協力姿勢にも好感が持てます。芸術と風刺とエンタメが見事なバランスの本作は何度でも観たくなります。映画ネタで笑わせるところも多いので、映画好きにも必見です。心地よく笑えて、ホロッときて、元気になれる最高の作品。グレタ・ガーウィグ監督は天才だと実感できると思います。本作は映画史に残る傑作です!

映画『バービー』ジャパンプレミアでの展示
映画『バービー』ジャパンプレミアでの展示
映画『バービー』ジャパンプレミアでの展示:人間等身大ボックス
映画『バービー』ジャパンプレミアでの展示:人間等身大ボックス(中に入って写真が撮れるフォトスポットになっています)
デート向き映画判定
映画『バービー』マーゴット・ロビー/ライアン・ゴズリング/シム・リウ

無意識に植え付けられてきた恋愛観があることにも気付かせてくれる本作は、カップルで観るのもオススメ。この世界観なので女子の映画と思われるかもしれませんが、性別を問わずぜひ観てもらいたい内容です。いろいろな感想が出てくると思うので、お互いの人生観も見えてくるのではないでしょうか。そして、お互いを尊重する気持ちも芽生えるはず。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『バービー』マーゴット・ロビー

楽しくて、感動的でもあり、哲学的でもあり、いろいろな大切なことを教えてくれる作品です。キッズやティーンの皆さんも必見ですよ。女性、男性という性役割がテーマの一つになっているので、性別を問わず観て考えさせられるところがあると思います。笑えるシーンも満載なので、ぜひ仲の良い友達を誘って観てください。世代間の考え方の違いも鑑賞後に語るとおもしろいはず。家族で観るのもアリですよ。

映画『バービー』マーゴット・ロビー/ライアン・ゴズリング

『バービー』
2023年8月11日より全国公開
ワーナー・ブラザース映画
公式サイト

Amazonでブルーレイを購入する  Amazonプライムビデオで観る
U-NEXTで観る  Huluで観る

©2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

本ページの情報は2024年3月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

第96回アカデミー賞®ノミネート:作品賞、助演男優賞(ライアン・ゴズリング)、助演女優賞(アメリカ・フェレーラ)、衣裳デザイン賞、作曲賞、脚色賞、★歌曲賞、計7部門
(★)は受賞した賞です。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『エクスパッツ ~異国でのリアルな日常~』ニコール・キッドマン エクスパッツ ~異国でのリアルな日常~【レビュー】

ニコール・キッドマン(主演兼製作総指揮)と『フェアウェル』のルル・ワンがタッグを組んだ本シリーズは…

映画『ハクソー・リッジ』ルーク・ブレイシー ルーク・ブレイシー【プロフィールと出演作一覧】

1989年4月26日生まれ。オーストラリア、シドニー出身。ベルビュー・ヒルにあるスコッツ・カレッジで学び…

映画『悪は存在しない』西川玲 悪は存在しない【レビュー】

『悪は存在しない』というタイトルにインパクトがあり、鑑賞中はどういう意味が込められているのか…

中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』QUOカード 中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』ウィリアム・H・メイシー ウィリアム・H・メイシー【プロフィールと出演作一覧】

1950年3月13日アメリカ、フロリダ生まれ。1994年から放送されたTVシリーズ『ER 緊急救命室』に出演し…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 青春 18×2 君へと続く道【レビュー】

『余命10年』『新聞記者』を手掛けた藤井道人が、台湾で話題を呼んだシジミー・ライの紀行エッセイ「青春 18×2 日本慢車流浪記」を…

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 海外ドラマ『エクスパッツ ~異国でのリアルな日常~』ニコール・キッドマン
  2. 映画『悪は存在しない』西川玲
  3. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  4. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  5. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス

PRESENT

  1. 中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』QUOカード
  2. 映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉
  3. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
PAGE TOP