イイ俳優セレクション

ライアン・レイノルズ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』ライアン・レイノルズ

1976年10月23日カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州生まれ。カナダで俳優デビューし、その後アメリカに移り、1996年TVドラマ『X-ファイル』のシーズン3にゲスト出演。その後ドラマ『ふたりの男とひとりの女』に1998年~2001年まで出演し、人気を得た。2003年、映画『ブレイド3』では、ハンニバル・キング役を演じ、このときは10㎏減量をし肉体を鍛え上げた。2009年『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』では、剣術の達人デッドプール役を演じ、肉体派俳優としての地位を築き上げた。なお2008年にはピープル誌の“最もセクシーな男性”、2010年には“最もセクシーなパパ”に選出された。
2009年には、サンドラ・ブロックが共演のラブコメディ『あなたは私の婿になる』に出演し、コメディ俳優としての才能も発揮。2010年に出演した『リミット』では、ほぼ全編一人芝居で演じた。プライベートでは、2004年に歌手のアラニス・モリセットと婚約していたが2006年に解消。2008年にスカーレット・ヨハンソンと結婚したが、2010年に離婚。2012年に、映画『グリーン・ランタン』で共演したブレイク・ライヴリーと結婚。また、父が長らくパーキンソン病と闘っていたことから、2007年にニューヨーク・シティ・マラソンを完走し、その理事を務めている“マイケル・J・フォックス パーキンソン病・リサーチ財団”に10万ドルの寄付を集めたこともある。

イイ男セレクション/出演作

『キルスティン・ダンストの大統領に気をつけろ!』『ブレイド3』『悪魔の棲む家』『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』『カオス・セオリー』『ラブ・ダイアリーズ』『アドベンチャーランドへようこそ』『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』『あなたは私の婿になる』『リミット』『グリーン・ランタン』『デンジャラス・ラン』『テッド』(カメオ出演)『白い沈黙』『黄金のアデーレ 名画の帰還』『デッドプール』『セルフレス/覚醒した記憶』『ライフ』『デッドプール2』『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』『6アンダーグラウンド』(Netflix映画)『フリー・ガイ』『レッド・ノーティス』(Netflix映画)『アダム&アダム』(Netflix映画)『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』『ブレット・トレイン』など

声の出演:『名探偵ピカチュウ』など

イイ俳優セレクション/出演作

『グリーン・ランタン』って彼にとってどうだったのかな~なんて思ってたら、やっぱり『デッドプール』に乗り換えましたね(笑)。でも肉体派の彼にとってはいずれにしても、ヒーローものに出ないともったいないので、デッドプールで良いと思います!『デッドプール』はすごく毒気が強いので、甘い顔の彼としては、これくらい灰汁の強い役をやったほうが逆におもしろいですね。『セルフレス/覚醒した記憶』では、興味深い設定のキャラクターを演じていて、人間ドラマ、アクションの部分で彼の実力を大いに発揮。日本でもそろそろ人気が上昇して欲しいです。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『アダム&アダム』
Netflixにて配信中

Netflix映画『アダム&アダム』ライアン・レイノルズ

『レッド・ノーティス』
Netflixにて配信中

Netflix映画『レッド・ノーティス』ドウェイン・ジョンソン、ガル・ガドット、ライアン・レイノルズ

『6アンダーグラウンド』
Netflixにて配信中

Netflix映画『6アンダーグラウンド』ライアン・レイノルズ/メラニー・ロラン/コーリー・ホーキンズ/デイヴ・フランコ/アドリア・アルホナ/マヌエル・ガルシア=ルルフォ/ベン・ハーディ

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『ブレイド3』

『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』

『カオス・セオリー』

『ラブ・ダイアリーズ』

『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』

『あなたは私の婿になる』

『リミット』

『グリーン・ランタン』

『デンジャラス・ラン』

『白い沈黙』

『黄金のアデーレ 名画の帰還』

『デッドプール』

『セルフレス/覚醒した記憶』

『ライフ』

『デッドプール2』

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』

『フリー・ガイ』

『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』

『ブレット・トレイン』

© 2009 Versus Entertainment S.L. All Rights Reserved
©2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. TM & © DC COMICS.
© 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
© 2015 Focus Features LLC, and Shedding Distribution, LLC.
©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
© 2020 Hitman Two Productions, Inc. All Rights Reserved.

関連記事

from 2011/10/9

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP