食育

映画で“食”について考えてみよう11:家庭でできるエコの取り組み

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』メラニー・ロラン

前回は、私達の食が環境にどのような負荷を与えているのかをご紹介しましたが、今回は代替エネルギーや、私達が心掛けたいエコの取り組みについてご紹介します。

地球に優しいバイオ燃料

地球温暖化や原油価格の高騰が問題視されるなか、新しい燃料として“バイオ燃料”(=とうもろこしやサトウキビを原料とした燃料)が注目されています。バイオ燃料には下記のメリットとデメリットが挙げられます。

<メリット>
■原料となる植物を栽培し続ければ枯渇の心配がない。
■原料である植物が二酸化炭素を吸収するため、燃焼時に排出される温室効果ガスは排出したとみなされない。

<デメリット>
■原料作物の需要増加により、今まで小麦や大豆などを栽培していた農家が、より高く買ってもらえるバイオ燃料用の作物生産に転作してしまう。
■上記により、小麦や大豆の価格が高騰。また、それらを使用する食品も高騰する。
■飼料用穀物も不足することから、肉や乳製品の値上げにも繋がる。

環境にとっては良いバイオ燃料ですが、上記のようにそれ以外の部分にしわ寄せが来てしまうことがわかります。バイオ燃料が上手く活用されるよう、今後の日本や海外での動向にも注目です。

映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』

私達ができる身近なエコ活動

こちらでは私達が身近にできるエコ活動の一部をご紹介します。
※以前「映画で“食”について考えてみよう3:まめに冷蔵庫内をチェックして食品ロス削減に貢献」で、食品ロスについても紹介しているので、こちらもぜひご覧ください。

■食料生産から消費までには多くのエネルギーが使用される。
→なるべく旬の食材を食べ、生産地が近いものを食べるようにする。
■水分を多く含む生ゴミは、燃焼時に炉内の温度を下げるため、ダイオキシンが発生しやすくなる。
→生ゴミは十分に水分を切ってから出すようにする。
■使い捨て容器や過剰包装の包装紙、レジ袋などが大量のゴミとして捨てられている。
→マイバッグ、マイ箸、マイカップなどを利用する。
■洗い物や洗面時に水をついつい流しっぱなしにしてしまう(水道の蛇口からは1分間に約12リットルの水が流れ出している)。
→こまめに止めるようにすることで、水の無駄遣いを防げる上、水道料の節約にも繋がる。
■エアコン、テレビなど、リモコンで付く家電には、いつでも反応できるよう待機機能が付いている。このため、常に1〜3ワットの待機電力を消費している。
→長く使わない時は主電源を切るか、プラグをコンセントから抜いておく。

映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』

最近はレジ袋が有料化となり、飲食店のストローが紙になったりと、皆さんの身近でもエコに対する社会的な変化を感じることも多いのではないでしょうか。まだまだ課題の多いテーマではありますが、上記のように地道なエコ活動を一人ひとりが続けることでも大きな力になっていくと思います。まずはぜひできることから始めてみてください!

<参考・引用資料>
三ッ井清貴「服部幸應の食育インストラクター養成講座 テキスト5」(がくぶん)
本内容は、上記で語られている内容を一部引用しまとめたものです。

食にまつわる映画をチェック!

TOMORROW パーマネントライフを探して(字幕版)

『TOMORROW パーマネントライフを探して』
DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

2012年に権威ある学術雑誌” ネイチャー”で、21人の科学者達により、今のライフスタイルを続ければ人類は滅亡するという論文が発表された事実を知った、女優メラニー・ロランと、活動家でジャーナリストのシリル・ディオン。そんな2人が、農業、エネルギー、経済、民主主義、教育の分野で新たな取り組みや暮らしをしている世界中のパイオニア達にインタビューしていくドキュメンタリー。

★食の注目POINT!!
新たな取り組みや暮らしを実践している人々の生活には、今までの常識を覆すような発見が多くあり、ご自身の生活を振り返るきっかけにもなりそうです。また、野菜を育てるにはエネルギーを要するなど、自然環境の循環の大切さにも気づかされます。

地球が壊れる前に (字幕版)

『地球が壊れる前に』
デジタル配信中

レオナルド・ディカプリオと、フィッシャー・スティーヴンス監督がタッグを組んだドキュメンタリー。気候変動によって世界で起きているさまざまな変化を見つめ、その真相に迫っていく。

★食の注目POINT!!
レオナルド・ディカプリオ自身が世界各国を周り、気候変動の真相に迫っていくので、どんな人でも親しみやすいと思います。また、私達の生活に欠かせない食用肉や油などにまつわる衝撃的な事実も知ることになります。今地球でどんな問題が起きていて、それが人間の生活とどう関わっているのかを知るのに最適な作品です。

© 2018 FarmLore Films,LLC

TEXT by Shamy(NPO日本食育インストラクターPrimary)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『エターナルズ』オリジナルグッズ 『エターナルズ』オリジナルスマホリング&Tシャツ 2名様プレゼント

映画『エターナルズ』オリジナルスマホリング&Tシャツ 2名様プレゼント

映画『アレックス STRAIGHT CUT』モニカ・ベルッチ アレックス STRAIGHT CUT

オリジナルの公開当時1人で映画館で観て、強烈な内容だったので今まで忘れることは…

映画『凜‐りん‐』佐野勇斗 佐野勇斗(さの はやと)

1998年3月23日愛知県生まれ。2015年に映画『くちびるに歌を』で俳優デビューし…

映画『CUBE 一度入ったら、最後』 CUBE 一度入ったら、最後

この映画を日本で作るとはちょっと意外に感じましたが、一方でオリジナルがすごくおもしろくて個性的なので、もっと早く…

映画『ビルド・ア・ガール』ビーニー・フェルドスタイン ビルド・ア・ガール

本作は、原作者であり本作の脚本も担当しているキャトリン・モランの半自伝的小説“How To Build A Girl”を映画化したものです。キャトリン・モラン自身、15歳で…

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ラシャーナ・リンチ ラシャーナ・リンチ

1987年11月27日イングランド生まれ。『キャプテン・マーベル』に出演し…

映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』グレタ・トゥーンベリ グレタ ひとりぼっちの挑戦

環境保護の活動家グレタさんのことは知っていましたが、彼女の詳しい背景について本作を観て知り、驚かされました…

映画『にがくてあまい』川口春奈/林遣都 映画で“食”について考えてみよう16:夏の疲れを癒やす秋の食材

いよいよ“食欲の秋”が到来ということで、今回は今が旬の秋の食材について特徴や栄養を紹介したいと思います。

映画『最後の決闘裁判』ベン・アフレック ベン・アフレック

1972年8月15日アメリカ生まれ。監督、俳優、脚本家、プロデューサーとして活躍し…

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』 ロン 僕のポンコツ・ボット

スマホよりも高性能で友達まで探してくれる最新式ロボット型デバイス“Bボット”。主人公バーニーが通う中学校では皆持っているような状況…

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:ママと赤ちゃん
  2. 映画『おとなの事情』
  3. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  4. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  5. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶

おすすめ記事

Pixabayによる写真:ママと赤ちゃん 子育てと映画生活について語ろう!トーキョー女子映画部“交流会”vol.4参加者募集

交流会第4回は時間帯を変えて実施します。テーマは「子育てと映画生活」ということで、子育て中の皆さんは今どんな風に映画と触れあっていらっしゃるのか、子育てを終えられた方は当時どんな風に映画と接してらっしゃったか、これから出産予定の方は先輩ママから教えて欲しいことなど、情報交換の場となれば嬉しいです。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

REVIEW

  1. 映画『アレックス STRAIGHT CUT』モニカ・ベルッチ
  2. 映画『CUBE 一度入ったら、最後』
  3. 映画『ビルド・ア・ガール』ビーニー・フェルドスタイン
  4. 映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』グレタ・トゥーンベリ
  5. 映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』
  6. 映画『ひらいて』山田杏奈
    ひらいて

  7. 映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』ヘンリー・ゴールディング
  8. 映画『アミューズメント・パーク』リンカーン・マーゼル
  9. 映画『THE MOLE(ザ・モール)』ウルリク・ラーセン
  10. 映画『〈主婦〉の学校』
PAGE TOP